1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 小学校入学前の健診で「目」が悪いと言われたら。6歳は早期発見・治療のラストチャンス

小学校入学前の健診で「目」が悪いと言われたら。6歳は早期発見・治療のラストチャンス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sunabesyou/gettyimages

子どもの視力の異常は、視力の成長期間である8歳くらいまでに治療を行うことが大切です。だからこそ、6歳台で行う就学時健診で異常を発見し、すぐに治療を始めることが必要です。この時期に多い視力トラブルや、就学時健診での視力検査のポイント、要精密検査になった時の対処法などについて、前橋ミナミ眼科副院長の板倉 麻理子先生にお話を伺いました。

関連:「手遅れ」にならないために。原因は?治療方法は?子どもの「弱視」ってどういうもの?

黒板や教科書を不自由なく見るには視力0.7力が必要

毎年秋になると、学校保健安全法に基づいて次の春に小学1年生となる子どもの健康診断が行われます。これが「就学時健診」です。学校での集団生活に備えることが主な目的で、内科・眼科・耳鼻咽喉科・歯科などの検査をします。
小学校入学後に黒板や教科書を不自由なく見るには、0.7の視力が必要です。視力は学習にも影響を与えるものですから、就学時健診での視力検査はとても重要です。

視力は出生後より発達し6〜8歳で完成しますが、遠視や乱視、斜視(しゃし 左右の眼が異なる方向に向いている状態)などがあると視力の発達が阻害され、「弱視」になってしまいます。
弱視とは「メガネやコンタクトをしても視力が1.0に満たない状態」で、左右の眼で度数が違う場合には片方の眼だけが弱視になってしまうこともあります。本人の自覚症状がないためママやパパも気づかず、見逃されてしまうことが多いので注意が必要です。

6歳は視力治療の「リミット間近」であることを知って!

視力の治療にはタイムリミットがあります。弱視は視力の成長期間である6〜8歳くらいまでに治療を終えていないと、治療効果が低くなり、視力の回復が見込めないことがあります。
とはいえ、8歳を過ぎたら絶対に回復できないわけではありません。トラブルの内容や程度によっては回復が見込める場合もあります。だからこそ視力のトラブルを早く見つけ、治療をスタートすることが大切なのです。

検査は子ども1人で受けるから、事前の練習が大切

就学時健診の視力検査は、学習に支障のない見え方であるかどうかの検査です。付き添いのママやパパとは離れ、別室で子どもだけで順番に検査を受けます。
数種類の検査を行いますが、その1つが「ランドルト環」と呼ばれる視標を用い、アイパッチなどをつけて左右別々に裸眼での視力をチェックする検査です。子どもがメガネを使用している場合は、メガネをかけている時の矯正視力も検査します。
子ども1人で受けるため、戸惑いや不安、緊張からうまくできない場合が少なくありません。正しい視力を知るためにも、事前に家庭で練習しておくのがおすすめです。

練習の方法は、別記事「3歳児健診が子どもの視覚を守る! 家庭で行う視力検査のコツと異常を見つけた時にやるべきこと」の中の「家庭での事前視力検査の上手なやり方とチェックポイント」を参考にしてください。
ただし、3歳児健診では指標から眼までの距離は2.5mですが、就学時健診では「5m」にすることを忘れずに。子どもを立たせるかイスにかけさせて行いましょう。

その他、感染性の眼疾患がないか上まぶたやまつげなどの外眼部の検査や、斜視など眼位の異常がないかどうかもチェックします。
健診前には眼が疲れてしまわないよう、ゲームやスマホなどを長時間させないように注意しましょう。

「要精密検査」と言われたら、とにかく早めに眼科を受診

視力検査の結果が0.7以下だった場合、眼科での精密検査をすすめられます。弱視の子どもは見えにくさを自覚していないことが多く、要精密検査の通知を受け取って驚くママやパパが少なくありません。
もし通知を受け取ったら、原因を知るためにも早めの受診を心がけましょう。中にはすぐに治療しなければならない弱視が見つかるケースもあります。

今は幼稚園でも視力検査が行われる場合がありますし、3歳児健診でもご自宅で視力検査をします。そのため、「今回は悪かったけど、前の検査では良かったからきっと大丈夫」と思って受診しない方が少なくありません。
でも、小さい子どもの視力を正確に検査するのはむずかしく、3歳の時より6歳の方が正確な診断結果である可能性が高いです。また、眼科を受診した弱視の子どものうち、3歳児健診で見逃されていたケースが74.6%にものぼるという調査結果もあります。
「精密検査をして異常がなければ安心」と考えて、まずは受診することが大切。検査の結果、メガネや治療が必要ならば、すぐに始めましょう。就学時健診で弱視が発見された場合でも、すぐに治療を開始すれば小学校入学時には、かなり視力が改善するケースもあります。

増えている「弱視ではない近視(単純近視)」ってどういうもの?

就学時健診では、弱視ではない近視の子どもも視力の低下で要精密検査となります。近年、近視による視力低下の低年齢化が進み、就学時健診で発見されるケースが増えていますので、どういうものか知っておきましょう。

近視とは、近くの物はよく見えるけれど遠くのものが見えづらい状態です。学校での黒板の文字や離れたテレビ画面の文字などが見えづらくなります。
原因はよく分かっていませんが、遺伝因子と環境因子が複雑にからんで起こると考えられています。片親が近視の場合は2倍、両親が近視の場合には5倍の確立で子どもも近視になりやすいと言われています。環境要因としては、近くを長時間見ることや屋外活動が少ないことの関与が示されています。
そのため同じように近くを見る作業に熱中しても、近視になる子とならない子がいます。目を使い過ぎると必ずしも近視になるとは限りません。

弱い近視は、近くはハッキリ見えるので弱視になることはほとんどありません。メガネをかければ遠くもよく見えますが、近視が進んで遠くが見えづらい状態になってもメガネをかけないでいると、目を細めて見るようになります。
まれに、実際は近視ではない仮性近視という場合もあります。

文部科学省が平成29年度に実施した調査によると、眼鏡やコンタクトレンズを使わない裸眼視力が「1.0未満」の割合は、小学生32.46%、中学生で56.33%という結果でした。さらに「0.3未満」の小学生の割合は8.72%と年々増加していて、昭和54年と比べると3倍以上に増えています。

近視の治療は、ピントが合わない分をメガネのレンズやコンタクトレンズで矯正することが一般的です。弱視ではない場合、メガネをかけたりはずしたりしても近視の度が進むことはありません。自己管理ができる年齢になれば、コンタクトレンズ処方も可能となります。
ただし、合わない度数のメガネを使用すると近視が進んだり、眼精疲労を引き起こすことがあります。メガネやコンタクト処方の際は眼科専門医を受診しましょう。

それ以前にまずは、「屋外活動をする」「本を読むときは明るいところで姿勢よく」「スマホやテレビなど近くを長時間見ない」「遠くを見る」など、昔から言われてきたことを実行することが重要です。
現在、近視の進行を抑える目的で、特殊なコンタクトやメガネ、目薬の研究が進んできています。しかし、いまだ有効性を裏付ける十分な科学的証拠は得られていません。人によって効果が異なり、合併症を起こすこともありますので、主治医と慎重に検討して治療を行うことが大切です。

「メガネ」はスムーズな回復のために欠かせないものです

弱視も近視も、視力の治療法としてメガネを作るケースがよくあります。
親はつい「小さいうちからメガネをさせるのはかわいそう」と思いがちですが、だからと言ってメガネをさせないのは大きな間違いです。小さいうちからメガネでしっかり矯正することで、スムーズな回復へと促せるのです。

子どもも6歳くらいになると、周りの目を気にします。メガネをかけることを子ども自身が恥ずかしがったり、周りにからかわれて嫌がることがあります。すると家ではかけても外や学校では外してしまい、思うような治療効果が得られないケースがあります。
子どもがメガネをネガティブなものと考えないように、ママやパパがしっかりフォローしてあげましょう。

メガネを作るときは、かけ心地が良くよく似合うメガネを作成することが大切です。メガネ店でよく相談し、子どもの顔の形や大きさにあった子ども用メガネを選びましょう。
大人用メガネの小さいサイズを選ぶのではなく、必ず子ども用のフレームを選びましょう。子ども用フレームはメガネがずれないように、耳の部分や鼻あてに工夫がしてあります。フィットしていないと耳や鼻が痛くなったり、メガネがずれて正しく矯正されなくなったりします。
また、子ども用メガネはデザイン、色などが豊富です。子どもが楽しく装用できるよう好きな色などを選び、「よく似合うね!」「かわいいね」「かっこいいね」などほめてあげましょう。

なお、弱視治療用メガネの購入には、5歳までは1年に1回、5歳〜9歳の誕生日までは2年に1回、3万8000円程度の補助が出ますので活用しましょう。

関連:【動画】まさかうちの子が!子どもの「弱視見逃し」問題

先輩ママに聞きました 「うちの子が小学生以降で視力の治療が必要になった時」

小学校入学直前や入学後にどのように視力のトラブルが発見されたか、その時ママや子どもはどう対応ししたかなどを先輩ママに教えてもらいました。さまざまなタイプの弱視や近視など、ケース別にご紹介します。

【不同視弱視のケース】6歳1ヶ月に片目の弱視治療を開始

「不同視(ふどうし)弱視」とは、左右の視力差が強いためにおこる片眼の視力障害です。片目の視力は正常に発達しているため、生活上に不自由はなく、見逃されてしまうケースが多いです。
「幼稚園年長の6歳1ヶ月で、片目だけが強い遠視による弱視とわかりました。左目は裸眼1.2なのですが、右目がメガネで矯正しても0.1なのです。治療用メガネは抵抗なくかけてくれています。眼科医から“治療するには遅い方なので四六時中アイパッチをしたほうが良い”と言われています。まずは家の中で慣らすべく、テレビを見るとき以外はアイパッチをさせています」

【弱視ではない近視のケース】入学後検査で引っかかり、メガネを作りました

「子どもが去年、入学後の視力検査でD判定をもらいました。眼科で測定したところ0.7との判定。その後、様子を見ていましたが視力は下がり、去年の11月からメガネをかけています。
私がド近眼で、小3のときには0.3ですでにメガネだったので、いずれは娘も…と覚悟はしていましたが、まさかこんなに早くとは。眼科医から“遺伝かな”と言われ、ごめんねという思いです。
子どもはメガネをかけるとよく見えるので、ずっとかけています。体育のときは不自由そうですけどね。半年経ちましたが、また視力が下がってきているのでレンズを交換する予定です。成長期が落ち着くまではこの繰り返しかな」
メガネをした状態の矯正視力が良好な場合は弱視ではありません。すぐに治療を開始しなくてもよく、メガネも常用しなくても大丈夫です。

【遠視性弱視のケース】まぶたのおできで眼科へ行って発覚!

「小学1年生の冬からメガネをかけ始めた小2の息子がいます。3歳健診や就学時健診で何も問題なかったのですが、まぶたにおできができて眼科へ行ったところ、弱視と遠視があることがわかりました。その時の検査では、裸眼で0.8と0.3ほどの視力だったと思います。以前の視力検査ではA評価だったので、目が悪いとは全く思っていませんでした。
メガネを作ってかけ始めたのが7歳半。メガネで視力回復が見込めなかったのでアイパッチを加え、2ヶ月少しで1.0と0.8になりました。下がったり上ったりしていますので一喜一憂ですが、眼科へ通って状況を把握していれば安心です。早く気づいてあげればと後悔してへこんでいましたが、今は“やれるだけやってあげよう!”と考えるようにしています」

【強度近視性弱視のケース】子どもが「メガネはダメ」と思わないように

「3歳から近視で病院に通っています。裸眼で片目が0.02、片目が0.1の近視弱視だったのですが、弱視だけは治療終了まできて、小学校高学年になった現在の矯正視力は0.8~0.9です。
お医者さんには“3歳で強度近視だと成長期にさらに度が進む”と言われました。最初はかなりショックでした。でもね、仕方ないとあきらめることも重要かなって思いました。親ががっかりしている姿を見せると、子どもがつらいでしょう? もし子どもがメガネをかけることになったら、それが “ダメ”“がっかり”と思わないようにしてあげてほしいです。子どもって親の落胆を察知し、必要以上に頑張ろうとしてしまいますから。うちの娘には“ある程度大きくなったらコンタクトにしたらいい”と言っています」

事前に家で視力検査の練習をしていても、就学時健診のような不慣れな環境では、子どもが本来の視力を発揮できないことがよくあります。当日はリラックスして健診を受けられるように「初めて小学校に行けるね」「どんな教室かな」と楽しみになるような声かけをしてあげましょう。
健診で大きな問題がなかった場合でも、子どもの視力は不安定なもの。少しでも気になる様子があったら、眼科で検査を受けてみることをおすすめします」(取材・文/かきの木のりみ)


監修
Profile:板倉 麻理子先生(前橋ミナミ眼科副院長)
前橋市出身。前橋赤十字病院勤務を経て、2018年11月に前橋ミナミ眼科を開院し副院長に。日本眼科学会認定眼科専門医、群馬県3歳児健康診査の眼科検査に関する検討会議委員、日本眼科学会会員、日本弱視斜視学会会員。

■文中の体験談コメントは口コミサイト『ウィメンズパーク』の投稿を再編集したものです。


たまひよでは子どもの弱視について、もっと早く知っていれば・・と後悔しているママや、もう後悔しているママの姿を見たくないという医師たちの声を受け、「ストップ弱視見逃し」記事をシリーズで掲載していきます。

「ストップ弱視見逃し」関連記事はこちら

■おすすめ記事
<PR>“すき間時間”を上手に使って育児を楽しく! ワーキングママのテクニックを公開

赤ちゃん・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事