1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 【動画】3歳児健診が子どもの目を守る!家庭で行う視力検査のコツと異常があった時にやるべきこと

【動画】3歳児健診が子どもの目を守る!家庭で行う視力検査のコツと異常があった時にやるべきこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


乳幼児は見え方に異常があっても、それが異常だとは認識できず、まわりに訴えることもできません。将来、後悔することにならないよう、子どもの視力の発達をしっかり見守ってあげたいですね。

3歳児眼科健診はそのための良いチャンスです。
3歳児健診の視力検査がなぜ大切か、どんなことをすれば良いのか、前橋ミナミ眼科副院長の板倉 麻理子先生にお話を伺いました。

↓動画ですぐ分かる!「3歳児健診での眼科検査」について

関連: 【危険!】早く治療すれば回復したのに…「50人に一人もいる!子どもの弱視の見逃し」に気をつけて!

3歳児健診は生まれて初めて「視力検査」をする機会

3歳児健康診査は市町村が母子保健法に基づいて行う健康診査で、一般に3歳0ヶ月〜3歳6ヶ月に行われます。身体測定や内科検診、歯科検診、言葉の理解のチェックや栄養指導などさまざまな検査が行われますが、なかでも大切な項目の1つが「視力検査」です。
個人差はありますが、3歳以下の小さな子どもは視力や脳が発達途中にあって不安定なため、きちんとした視力検査はできません。そのため、何らかの理由で眼科を受診しない限り、3歳児健診が生まれて初めて行う視力検査になるのです。

3歳児健診での視力検査は、家庭で視力検査とアンケートへの記入を行って健診会場で提出します。家庭で視力検査ができなかったときや、検査をして0.5の視力が確認できなかった場合など、結果に問題があるときは眼科に紹介という流れが一般的です。

3歳児健診で「弱視」を発見し、治療を始めることが重要

視力が発達する生後〜6歳ぐらいの間に強い屈折異常(遠視や乱視などピントが合っていない状態)などがあると、視力が悪い状態のまま発達が止まってしまいます。これを「弱視」と言い、50人に1人くらいの子どもに見られます。

弱視の目は生まれてからずっとピンぼけの状態で過ごしているため、子ども自身が違和感を感じていない場合がほとんどです。目を細める、目つきがおかしい(斜視)など、見てわかる症状もありますが、症状が何もない場合も多く、ママやパパも気づかず見逃されてしまうケースが多いのが現状です。

弱視は、満3歳〜4歳までに異常を発見し治療を継続することができれば、小学校入学までにほとんどが0.8以上の視力になり、学校生活で問題ない状態にすることができます。しかし、治療を始めるのが視力が完成する6〜8歳以降になってしまうと、思うように効果が上がらず、一生視力の回復が見込めないことがあります。小学校入学後は通院がむずかしく、治療を中断してしまう児童も多いことからも、3歳児は6歳児にくらべ治療が容易です。
つまり、3歳児健診で弱視を発見し、治療をスタートすることがとても重要です。

家庭での視力検査の方法とコツ【準備編】

健診会場での検査は、家庭での検査結果が基になるので、家庭での視力検査とアンケートへの記入がとても重要になります。家庭での検査法と、上手にチェックするコツを知っておきましょう。

視力検査前に準備するもの

まず、以下のものを用意します。

■視標…3歳児健診が近づくと区役所や市役所から、目に関するアンケート用紙と下のような大小2つの視標(ランドルト環と呼ばれる視力を測るもので、アルファベットのCに似ています)が送られてきます。これを中央の点線で切ります。

下記の日本弱視斜視学会のホームページからも、検査用視標と回答用の輪のダウンロードができます。

日本弱視斜視学会ホームページ

※上記のように各家庭に配布されるランドルト環の資料を画像として入れます。

■眼帯…片目ずつ視力を測るため、もう一方の目を隠すために使います。ティッシュペーパーやコットンなどをテープで貼って眼帯を作ります。

■メジャー…指標と子どもの間の距離2.5mを正確に測ります。

■回答用の輪…検査では指標の輪の切れ目がどちらの方向を向いているか、子どもに示してもらいます。指や腕でうまく示せない場合は、回答用の輪を作って持たせ、示してもらうとわかりやすい場合があります。厚紙などに指標の輪と同じような形の黒い輪を書いて切り取って作れば0K。正確な形である必要はありません。子どもが持ちやすい大きさのものを作りましょう。

回答用の輪の作り方

検査する場所

検査場所は直射日光が当たらない明るい部屋が適しています。子どもが指標から2.5m離れることができる場所で行なってください。ベットや布団の端に座らせて行うのでもOKです。屋外は曇っていても子どもがまぶしがったり、コントラストが強くて見づらいことが多く、精度が低下するので避けましょう。
どうしても家庭で場所が確保できない場合は、保健センターに相談してみましょう。子育て広場などで対応してくれる自治体もあります。

家庭での視力検査の方法とコツ【手順編】

準備ができたらいよいよ検査ですが、その前に練習が必要です。上手に行うための手順をご紹介します。

練習は3段階に分けて。少しずつ慣れましょう

【Step1】 最初は1mの距離で、大きい指標+両目で
子どもを座らせ、まずは1m離れたところで大きい方の指標を見せます。指標の輪が切れている方向を子どもに尋ね、指や腕で示してもらいます。できなければ示し方を教えてあげましょう。回答用の輪を子どもに持たせ、指標の輪の切れている方向を示してもらうのでもOKです。
指標の向きを上にして行い、次に下にして行い、上下が理解できるか練習します。次に左右も理解できるか確かめましょう。

【Step2】 両目ができたら次は片目で
1m離れた大きい指標+両目での練習で、指標の輪の切れている方向を示すことができるようになったら、1mの距離&大きい指標で、片目での練習を行います。上下左右の4方向を示せるか確認します。
片目で行う際は、下記の要領で子どもに眼帯をつけて片目ずつ検査をします。眼帯にすき間があってそこから見えてしまうと、正しい検査ができません。すき間を作らないためには、作る順番が大切です。

【眼帯の作り方】
ティッシュまたはコットンを、目を覆うくらいの大きさの四角に折り、2箇所にテープ(マスキングテープや絆創膏など)を貼ります。眼帯を子どもの片目に当て、眼球を押さないようにして手早くに貼り付けます。鼻側と耳側にすき間ができないように、しっかり貼るのがポイントです。

テープを嫌がるなどでどうしても眼帯ができない場合は、ママやパパが手で目を隠します。指のすき間からのぞかないようにハンカチなどを併用するか、指先ではなく手のひらで隠します。目を圧迫しないように気をつけましょう。子ども自身に手で隠させるのは、正しい検査ができないのでNGです。
なお、片目を隠した時の嫌がり方に左右差がある場合は 片目が弱視の恐れがあります。その場合は健診会場でその旨を伝え、検査を受けましょう。


【Step3】本番と同じ2.5m離れて練習の仕上げ
1m&片目の練習ができるようになったら、次は本番と同じ2.5m離れて行いましょう。大きい指標で、片目ずつ行います。上下左右の4方向を示せるか確認しましょう。
練習が十分でないと正解数が下がるので、しっかり練習することが大切です。

本番!小さい指標で片目ずつ検査します

練習でしっかりできるようになったら、本番の検査に移ります。
子どもを座らせ、正確に2.5m離れたところで小さい方の指標を見せて片目ずつ検査します。輪の切れ目を4方向に向け、いくつ回答できるかをチェックします。
うまくできなくても、何回か繰り返すとだんだん慣れて上手にできるようになりますので、日を変えて検査してみましょう。パパやママ友などの協力者を呼び、子どもに声をかけてもらうのも効果があります。
それでもうまくできない場合は、弱視が原因で検査を嫌がっている可能性があります。健診会場でその旨を伝え、検査を受けましょう。

少しでも気になることがあったら健診会場で相談を

家庭での視力検査ができなかったり結果が良くなくても、「普段全く症状がないから、きっとうまく答えられなかっただけだろう」と考えて、健診会場での検査を受けないママやパパが少なくありません。でも、それは大きな間違いです。3歳児健康診査で弱視を見逃し、治療開始が遅くなってしまうと、一生視力の回復が見込めないことがあります。
気になることが少しでもあったら、健診で必ずその旨を伝えましょう。自治体によっては健診会場で検査を行う場合もあります。

「要精密検査」と言われたら、どうしたらいい?

3歳児健診でも検査ができなかったり「要精密検査」と言われたら、眼科で精密検査を受けましょう。
精密検査では、視力検査・屈折検査(近視、遠視、乱視などがないかの検査)・両眼視機能検査(両眼を使ったときの視覚の状態をチェック)・眼位検査(両眼の位置のズレをチェック)などを行います。
診断のためにたくさんの検査が必要ですが、3歳未満の子どもはじっと座って検査を行うのがむずかしい場合が少なくありません。子どもの心的負担も大きいので、医師とよく相談して検査計画を立てましょう。

平成10年から4年毎に行われている日本眼科医会全国アンケートでは、要精密検査になった方で受診しなかった方が35%前後にものぼっています。主な理由としては、「見え方が問題ないようだったから」「仕事が忙しかったから」などが報告されています。
3歳では視力が0.3程度あれば日常生活は不自由なく過ごせてしまうため、つい受診を先延ばしにしてしまいがち。こうして弱視を見逃し、手遅れになってしまう例が後を絶ちません。
見え方に問題がないように感じても、必ず眼科を受診しましょう。発達障害の疑いなどで、検査がむずかしい子どもでも、早期介入が大切です。弱視があった場合には、弱視治療によって大きく行動が改善することもあります。

関連:【動画】まさかうちの子が!子どもの「弱視見逃し」問題

先輩ママたちはこうして乗り越えた! 3歳児健診で目のトラブルがわかったとき体験談

3歳児健診の視力検査で子どもの目のトラブルが見つかったママ達の体験談をご紹介します。どのような経緯でトラブルがわかったのか、そのときどうしたのか、ぜひ参考にしてください。

ショックで泣いてしまい、息子に慰められました

「3歳児健診で視力検査に引っかかりショックです。視力検査用のメガネ(片方だけ隠して片目だけで見るもの)で右目を隠して左目で見ると、メガネの上からのぞき込もうとしたり、真っ直ぐは「見えない」と答えたり。検査してくれた方によると“左右の視力差があるかもしれない。でも子どもはなかなか上手く視力が測れず、現段階ではまだ分からないので病院を受診してください”とのことでした。
さっそく総合病院の眼科を予約しましたが、ショックで泣きそうです。というか少し泣いてしまい、息子に「ちゃんと見えるから泣かないで」と慰められてしまいました…」

再検査したおかげで早くから治療でき、本当に良かった!

「3歳児検診の際、息子がふざけて自宅検査ができなかったと伝えたところ、眼科受診無料券があるからと保健師さんから提案され、軽い気持ちで受診しました。精密検査で右目が強めの遠視とわかり、メガネをかけることになりました。
早くからメガネで治療しないと、今後は視力が伸びず弱視になり、運転免許が取れないと言われました。あの時受診したおかげでメガネでの治療が始められたので、本当に良かったという気持ちです。
その後は月1回、視力検査に行っています。メガネをかけ始めて3ヶ月で、少しずつですが視力が伸びています。中学生ごろには近視になる子が増えてくるそうなので、遠視メガネが取れても近視メガネになるのかもしれません。メガネと長く付き合っていこうと思っています」

メガネをかければ遠視は治ると信じて

「3歳児健診で視力の悪さを指摘され、現在メガネ治療中です。乱視の度数がびっくりするくらい高くて6と言われました。メガネ屋さんで聞いたら、かなり強度の乱視ですと言われました。遠視は3歳の時に見つかれば、メガネでしっかり矯正して弱視を防ぐことができる可能性が高いと先生に聞きました。残念ながら乱視は治ることはないので、将来的にも眼鏡を外すことはできないのですが。
普段の様子から見えていないと思っていなかったので正直びっくりしましたが、今はしっかりメガネをかけていけば視力が回復すると信じて頑張っています」

子どもの態度の変化で、以前は見えていなかったと実感

「わが家の娘は3歳児健診で遠視と乱視で引っかかり、メガネ生活をしています。結果から言うとメガネにして良かったです。
先日、3ヶ月が経過したので視力検査に行ったところ、0.6から1.0に視力アップしていました。アップしたことにも驚きましたが、もっとビックリしたのは検査中の娘の態度。最初の頃は検査の途中でヤル気をなくし、何度も中断して大変でした。でも先日の検査ではスラスラと質問に答えていてあっと言う間に終了しました。以前は本当に見えていなかったんだなと痛感。親の私も目が悪いなんて全く気付きませんでした」

小学校入学までに1.0を目標に

「3歳児健診前の自宅での検査で、下の子の様子が上の子の時とはあきらかに違っていました。時間を変えて検査しても目の隠し方を変えても見えていないようなので、健診当日に検査を受けたところ、遠視と言われ眼科への紹介状をもらいました。普段の生活では物に近づいて見ることもないので、全然気づきませんでした。
眼科ではその場で検査を一度、1週間ほど点眼して徐々に瞳孔を開いての検査を一度受け、結果は右目が遠視でかなりひどく、左目にも隠れ遠視がありました。小さいうちは視力が発達途中のため、遠視だと近くも遠くも見えないそうです。
矯正用メガネをかけはじめて4ヶ月ほどたちましたが、左目0.8 右目0.6まで回復しています。左右差があるので今後は一時的にアイパッチなども使う時があるかもしれないそうですが、遠視や弱視は早くから矯正することで、メガネで1.0程度まで回復が見込めるとのことでした」

3歳児健診の実施内容は各自治体に任されています。そのため視覚検査の項目や方法が統一されておらず、検査精度にばらつきがあるのが現状です。実際、3歳児健診でも弱視が見逃されてしまい、治療が手遅れになるケースもあります。子どもの様子に問題がないように感じても、3歳代で一度眼科を受診し、ちゃんとした検査を受けておくとより安心です。
(取材・文/かきの木のりみ イラスト/くにともゆかり)

監修
Profile:板倉 麻理子先生(前橋ミナミ眼科副院長)
前橋市出身。前橋赤十字病院勤務を経て、2018年11月に前橋ミナミ眼科を開院し副院長に。日本眼科学会認定眼科専門医、群馬県3歳児健康診査の眼科検査に関する検討会議委員、日本眼科学会会員、日本弱視斜視学会会員。


■文中の体験談コメントは口コミサイト『ウィメンズパーク』の投稿を再編集したものです。

たまひよでは子どもの弱視について、もっと早く知っていれば・・と後悔しているママや、もう後悔しているママの姿を見たくないという医師たちの声を受け、「ストップ弱視見逃し」記事をシリーズで掲載していきます。

「ストップ弱視見逃し」関連記事はこちら

■おすすめ記事
0歳〜1歳の絵本選び そのコツを、専門家に聞いてみた

赤ちゃん・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事