1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 「鏡の中におじさんがいる…」やっちまったなぁ〜 私の髪型失敗体験談!

「鏡の中におじさんがいる…」やっちまったなぁ〜 私の髪型失敗体験談!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
風のための厄介な髪、髪型の問題を持つ女性
anyaberkut/gettyimages

髪型がマンネリになってくると、イメージチェンジしてみたくなるもの。口コミサイト「ウィメンズパーク」の会員に行った「あなたの美容院に行く頻度は?」というアンケートでは…

月に1回以上 0.4%
月に1回   3.7%
2カ月に1回 19.9%
3カ月に1回 27%
4〜5カ月に1回 18%
半年に1回 19.6%
それ以上 8.3%
美容院には行かない 3.1%

3カ月に1回が27%と最も多く、次いで2カ月に1度にという結果に。今回は、髪型のイメージチェンジにまつわる、失敗談、そして失敗から得た教訓をウィメンズパークで語られた声からご紹介します。

こちらもおすすめ→前髪あり?なし? ショートヘアはあり?40歳からのおすすめヘアスタイルは?

大失敗! 鏡の中にいるのは… 誰?!

「思い描いた仕上がりと違う!」といったヘアスタイルの失敗談。「やっちまったー!」という経験がある人も多いようです。

ドッペルゲンガー現象?

「ボブにした。パーマかけた。鏡を見たら、そこに母がいた」

性別が変わっている?

「ショートにした。白髪染めした。鏡を見たら、そこにおじさんがいた。ヘアーチェンジ、盛大に失敗!」

おばさんパーマみたいと息子のひと言

「デジタルパーマは初めてで、上手く説明できず、普通のウエーブヘアができあがりました。家に帰ると息子が一言、おばさんパーマみたいと。後で『そんなんでもないね』と、フォローしてくれましたが、数カ月は、このスタイルでいかなくてはなりません」

安定のボブが一番

「アラフォーのショート、かっこいい気がして、トライしてみたのですが、『やっちまったー!』と思いました。そこから伸ばして、今は安定のボブです。私にはボブしかないと腹を決めました」

懲りずに繰り返しています

「定期的にショートにしたい衝動に駆られて切ってしまうのですが、その度に必死にキチンと化粧をして、ヘアアイロンでセットして、ピアスも必ずつけないとサマにならなくなり、後悔…。そしてフルメイクが面倒になり、ボブにして、また飽きてショートにしてしまうという負のループです」

失敗は成功のもと?!こうすれは素敵女子(婦人)に変身!

失敗から得た教訓をいかしたり、自分なりに工夫するという強者も。

なりたい髪型の写真を見せています

「実は私、中学生の頃『広末涼子の髪型にしてください!』と、美容室行きました(笑)。けれども短くなりすぎて山田花子になった!という思い出が…。それ以来、美容室に行く時は、芸能人の名前は出さず、似た髪型の写真を探して、美容師さんに見せています!!」

馴染んできたら、OK!

「雰囲気を変えたくてパーマをかけました。ゆるふわパーマのはずが、しっかりかかっていて、娘にもおばさんと言われるし、失敗したーと思いました。けれど、しばらくするといい感じに落ち着き、周りに好評。イメージチェンジしてよかったです」

おしゃれが楽しくなりました!

「お気に入りの下がりイヤリングを買って、それを見せたいがために、ショートボブに。ショートにしたら、イヤリングが似合って、うれしいです。あと、帽子もショートの方が似合う気がします。首周りがスッキリして、首が長く見えるようになったのか、『痩せた?』って言われました!」

失敗すれば1カ月以上憂鬱になる髪型問題。思い切ってパーマをかけたり、ショートにして、おばさんっぽくなってしまったという人もいましたね。髪型は工夫で乗り切ることもできる!という人もいましたので、迷ったらイメージチェンジして気分を変えてみるのもよいかもしれません♪

(文:酒井範子)

■文中のコメントは、『ウィメンズパーク』の投稿を再編集したものです

■関連: こちらもおすすめ→〇〇をやめて、掃除をラクに!ベテラン主婦たちの「賢い手抜き家事」のコツ

■おすすめ記事
<PR>0歳〜1歳の絵本選び そのコツを、専門家に聞いてみた

赤ちゃん・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事