Benesse

オンラインショップ

会員登録

  1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 離乳食
  4. 「1人目よりも気持ちがラク!」ファッションエディター小脇美里に聞く2人目の離乳食事情

「1人目よりも気持ちがラク!」ファッションエディター小脇美里に聞く2人目の離乳食事情

5才と0才のお子さんを育てながら、ライフスタイリスト、ファッションエディター、収納アドバイザー、ブランドディレクターと幅広く活躍する小脇美里さん。
「最近、2人目のお子さんの離乳食を始めたところ…」ということで、毎日多忙な小脇さんが、どのように離乳食を進めているのかをひよこクラブが聞きました。

1人目は頑張りすぎて・・・。2人目は無理しすぎないと決めたから、気持ちがラクに

――今、ちょうど下のお子さんは離乳食のころでしょうか? 2人目の離乳食はどうですか?

小脇さん(以下敬称略) 仕事も家事も育児も、なんでもきっちりやりたい性格の私。もともと食にはこだわるタイプだったこともあり、1人目のときは離乳食もつい頑張りすぎてしまい、思うように進まずに悩んだことも…。今思うと、離乳食をあげるときの表情も必死で肩に力が入っていたので…息子にもその緊張感が伝わっていたんじゃないかな…と思います。

2人目は、1人目の経験から、「離乳食を全部食べなかったとしても、子どもはちゃんと育つ」とわかっている分、おおらかな気持ちで楽しめているんです。時には食べてくれないこともありますが、そんなときは、「今は気分じゃないのかな。じゃあミルクにしようか」と切り替えられるように。1人目のときは「絶対に手作り」とも思っていましたが、今回はレバーや魚などの処理しにくい食材は、ベビーフードのフリーズドライも賢く利用して、無理はしないで「楽しさ」重視で進めています。

離乳食調理にも食べさせるときにも 便利グッズを活用してラクチンに

――離乳食を進めていて、今、愛用しているグッズや、これは使える~と思ったものはありますか?

離乳食調理にはハンドミキサーが便利。欠かせないマストアイテムです

離乳食をこまかくすりつぶすのに、「ブラウン」のハンドブレンダーがあるとすごくラクですよ。なめらかなペースト状にできて、少量でも使えるので、離乳食作りには欠かせません。本当におすすめなので、友人への出産祝いに贈ることも多いです。

フリージングには、「エジソン」の冷凍小分けパックが秀逸!

毎回少量の離乳食を作るのは大変なので、一度にまとめて作ってフリージングしているのですが、そのときの容器は「エジソン」の冷凍小分けパックが断然便利。1個600円くらいで他社製品に比べると少し高いのですが、1個ずつ取り出すのがすごくラクで、ふたがしっかりしまるから固まったあとは冷凍庫の中で縦にしても収納できて、ストレスフリーなんです。

少量の解凍には、電子レンジよりせいろが使える!

フリージングした離乳食を解凍するときは、せいろを使っています。もともと電子レンジをあまり使わないんですが、離乳食のように少量のものを電子レンジで解凍するのって、秒数の調整が難しいですよね。せいろで蒸すと、少量を解凍するのもラクだし、何より味や風味がおいしい気がします。

下ごしらえが大変なレバーなどはフリーズドライも活用

1人目のときは「絶対手作り」と思っていたので、市販品はほとんど使いませんでした。2人目のときは、市販品のフリーズドライの離乳食を使うことも。この時期はほんの少ししか食べないので、下処理や保存が大変なレバーや、魚、鶏ささ身などを利用することが多いです。アカチャンホンポのネット通販でまとめ買いしています。

食洗機で洗えるエプロンがストレスフリー

1人目のときから約4年ぶりの離乳食ですが、以前よりもシリコーン製の食事用エプロンの種類が増えていて、しかも機能も進化していてうれしい限り。お気に入りは上の写真の「TRICK HOLIC」のもの。デザインもかわいく、やわらかくてコンパクトにたため、食洗機で洗えて便利なんです。OXOのものもよく使っています。

「楽しいのがいちばん!」と思える余裕も大事

――1人目の離乳食より、気持ちがラクになったということですが、ママがリラックスしているのって、お子さんにも伝わると感じますか?


小脇 すごく伝わると思います! 1人目のとは必死になりすぎてうまくいかないこともありましたが、2人目はいろいろわかっている分、気持ちに余裕があって、あまり食べてくれないときでも、私もすぐ気持ちが切り替えられるんです。食べたくないときに無理に頑張っても、お互い負担になってしまいますよね。
あと、上の子が「あげてみたい」とあげてくれることがあるんですが、そうすると、本当によく食べてくれるんです。離乳食は食べる量や栄養よりも、「食事って楽しい」ということを伝えられたらいいなぁと思っています。

お話・写真/小脇美里さん 取材・文/上野ユキ、ひよこクラブ編集部

小脇さんの2人目の離乳食の様子を教えてもらいました。
初めての離乳食を進めているママやパパは、思うように進まずに心配になることもあるかと思いますが、時には市販品や便利グッズに頼りながら、頑張りすぎずに進めてくださいね。



小脇美里さん(こわきみさと)
Profile
アパレルプレス&デザイナーを経て、ファッションエディターに。2015年に第1子、2019年に第2子を出産。産後は整理収納アドバイザーやさまざまな商品企画のプロデュースなど多岐にわたり活躍。2019年の経済部門ベストマザー賞も受賞。

■おすすめ記事
おすすめの赤ちゃんとの遊び方

赤ちゃん・育児

更新

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。