Benesse

オンラインショップ

会員登録

  1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 他人事じゃなかった! 「コロナ離婚」の危機はわが家にも…

他人事じゃなかった! 「コロナ離婚」の危機はわが家にも…


ママライターの“優空”です。現在38歳。夫と長女11歳、次女8歳、長男5歳、三女3歳の子ども4人と暮らし、普段はテレワークと育児と家事に追われています。
我が家の夫婦仲は、至って普通。これまで小さなけんかはありましたが、大きな言い合いはありませんでした。コロナが大流行し、外出自粛制限が出されて普段と違う日常が訪れるまでは…。

コロナが日本でも大流行! その時、我が家では…

コロナの感染が世界中に広がり始めても、「怖い病気がはやっているけれど、日本では広がらないといいな…」と軽い気持ちでいました。しかし、あっという間に日本でも流行し、とうとう外出自粛に。

夫には早い段階から「テレワークに切り替えなさい」と会社からの指示があり、朝から夜まで1日中家で過ごすようになりました。また、子どもたちの幼稚園は休園で、小学校も休校です。

つまり、家族6人全員が24時間一緒に過ごす日々が始まったのです。しかも、外出制限のおまけ付き。「この先が怖いな…」と思い始めた私がいました。

2人の子どもなのに、育児と家事は全て私の仕事?

テレワークが始まり、夫は朝から夜まで1日中仕事です。しかも、土日も時間があれば仕事をしていました。休日も無いような状態です。

一方で、私には今までもやっていたテレワークの仕事に加え、子どもたちの相手、そして6人分の朝昼晩の3回の食事、その他すべての家事が一気に襲ってきたのです。最初は「夫も仕事だし、私も頑張らないと! 」と思い、自分なりに一生懸命やってきたつもりでいました。

三女が「おしっこ~」と言うとトイレまで一緒に行き、電気をつけてあげて…。このように仕事を中断して子どもたちの相手をすることも、しょっちゅうです。そのため、なかなか仕事がはかどらず、家事にも時間にも追われ、ストレスを感じるようになっていきました。

笑顔のない鏡越しの自分にハッとする

ふとした時に、鏡に映った自分と目が合いました。それは笑顔の全くない表情。「自分はこんな表情で子どもたちと接していたのか…」と反省しました。しかし、今のままの状態で笑顔になれる自信なんてありません。

そして「なんで笑ってないの? 本当は笑顔で過ごしたいんじゃないの? 」と自問自答するようになりました。このままではダメだと思い、意を決して夫に想いを伝えました。

「今のあなたといても笑顔になれない。こんな自分は嫌だ。私は笑顔のある生活がしたい。子どもたちと笑って過ごしたい。だからあなたと一緒には過ごせない。過ごしたくない」と。夫もストレスを抱えていたようで、互いに爆発して大げんかになってしまいました。

夫からの返事は…?

私の想いを伝えた数日後、夫から「どうすれば一緒に過ごしてくれる? 離れたくない」と言われました。最初は「ムリだよ」と言っていましたが、何度も謝ってくれる夫を見て「もう少し頑張ってみようかな」と思えるようになりました。

そして、夫に直してほしいところ、手伝ってほしいところを伝えました。それからは、夫も育児・家事を手伝ってくれるようになったのです。

今はお互いに「ありがとう」と感謝の気持ちを伝え合っています。「頑張りすぎだよ。早く寝たら? 」などと体を気遣い、声を掛け合えるようになりました。少しずつですが、笑顔になれる日が増えてきています。やっぱり、笑っている自分の方が好きです!

まさか自分の身に「コロナ離婚」がやってくるとは、全く思っていませんでした。今では夫となんとか穏やかに話せるようになりましたが、当時は「夫婦別々の道を歩んでいくんだ」と、離婚した時のことを考えていろいろと調べたり、貯金を確認したりしていました。それでも夫と話し合うことで、なんとか今回の危機を乗り越えることができました。歩みよってくれた夫には、ほんの少しですが感謝しています。あのとき引き止めてくれてありがとう。

■その他のママライター体験談はこちら

[優空*プロフィール] 
夫と11歳、8歳、5歳、3歳の4人の子どもで、わいわいにぎやかに暮らしています。妻であり母ですが、自分自身も大切。笑顔いっぱいの人生を送ることが、私にとって幸せな生き方。「今日も笑顔でにこやかに」をモットーに。

※この記事は個人の体験記です。記事に掲載の画像はイメージです。

■おすすめ記事
【パパ育児のススメ】ママへの思いやりと赤ちゃんの成長を楽しむことがカギ!

赤ちゃん・育児

更新

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。