SHOP

会員登録

  1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 吉田明世 まだまだ続くイヤイヤ期に立ち向かう心境を、自分で分析 「不安からかもしれない」

吉田明世 まだまだ続くイヤイヤ期に立ち向かう心境を、自分で分析 「不安からかもしれない」

お子さんが2才になる少し前にスタートしたイヤイヤ期について、以前もあの手この手で対応する様子を教えてくれたフリーアナウンサーの吉田明世さん。「2才の娘がイヤイヤ期に突入して、約5カ月がたちました。あれもしたいこれもしたい、あれも欲しいこれも欲しいと自己主張しまくりの娘を目の当たりにし、『このままでは、とんでもないわがまま娘になってしまうのではないか…』という危機感が…。そこで、娘に負けじと私にも謎のこだわりが出てきたんです」と話してくれました。吉田明世の子育てエッセイ第9回は「まだまだ続くイヤイヤ期。『娘をわがままに育てたくない!』私の謎のこだわり」です。

【謎のこだわり1】自分で選んだのだから 使い続けて! 譲れない母の気持ち

わが家には同じ形で違う色のスプーンが何本かあり、こだわりの強い娘には自分でスプーンの色を選んでもらうようにしています。(もしくは、このスプーンでいいかな?と聞いている)

最初は自分の選んだスプーンで満足そうに食事をしている娘ですが、そのうちに「やっぱりあっちがいい」と違う色のスプーンを要求してくることもしばしば。それに対して、「さっき、自分で選んだんだから、最後までこのスプーンを使ってね!」となぜかムキなる私。イヤだイヤだとわめく娘。両者譲る気配なし。

振り返ると「2種類のスプーンを使ったところで、洗い物が大変になるわけでもない。いったい何に困るというのだろうか。それで娘の気が済み、楽しくごはんを食べられるならそれでいいではないか」と思えるのですが、なぜか「自分の選択を最後まで貫いてほしい!」とこだわって、そのときの私は譲れないのです。

【謎のこだわり2】ズボンの向きがどうしても気になる‼

最近なんでも自分でやりたい娘は、パジャマなどの洋服も一人で着たがります。なかなか腕を通せなかったり、永遠とも感じられる着替えタイムを温かい目で見守ることには慣れてきましたが(時々我慢できずに手を貸して、キレられることもあるけれど)、どうしても見逃せないのがズボンの向き。

前後ろ反対に履こうとするものなら、すかさず「待って待って!こっちがおしりだよね!逆だよ〜!」とあわてて脱がせてしまう。もちろん、途中で邪魔されて機嫌が悪くなる娘。

振り返ると「ズボンを前後ろ反対に着たところで、おなかが冷えるわけじゃあるまいし、なんら困ることはない。そのまま履かせて、寝たあとにでもこっそり直せばいいではないか」と思えるのだけれど、なぜかそのときの私は見過ごせないのです。

【謎のこだわり3】「あと少しだから頑張って!」突然のミッションクリア願望

まだまだある。用意したごはんが、あとほんのちょっとだけ残った時に突然芽生える「ここまで食べたのだから、せっかくなら最後まで食べてほしい!」という謎のミッションクリア願望。

もうおなかいっぱいと、すでに遊びに夢中の娘を、スプーン片手に追いかけ回し、口元まで運んでまでして食べてもらう。もちろん、ごはんを残さず食べることは大事なことですが、自分でも「毎回生まれる執念はなんなのだろうか…」と思ってしまいます。

謎ルールの誕生の秘密は子育ての不安から?!

ほかにも、寝るときにベッドに持っていくぬいぐるみはひとつね〜という謎のルールを設けてみたり、ベランダでは水遊びをさせるくせにおふろのシャワーで遊ぶのはダメだよ、と制限したりと、よくよく考えればなんの意味もない、謎のルールばかり。実はイヤイヤ期に突入しているのは娘だけではなく私も同じなのではないかということに、最近気づいてしまったのです。

なんでこんな風になってしまうのか。おそらく、最低限のルールを守ってくれる子になってほしい。子どもを育てるためには母としての威厳を保たなければいけない。そんな子育てへの不安から、こうしなきゃ、ああしなきゃ、母としてこうあるべき、という固定概念にがんじがらめになってしまっていたのかもしれません。

でも、「これって本当に必要なの?」「娘のためなの?」と問いかけてみると、意外とそうでもないことの方が多かったりします。子どもならではの感性や興味を理解しようとせず、自分の価値観を押し付けてしまっているのでは、何の意味もない。

あぁ。子育てって反省ばかりです。「子どもの個性を受け入れ、伸ばしていける」理想とする“いい母親”への道のりは、まだ遠い。

文/吉田明世 構成/ひよこクラブ編集部

「娘が2才ということは、ママとしても2才。まだまだ成長過程です。イヤイヤ期真っ盛りの母娘ともに、今日もめげずに頑張ることとします。」と話してくれた吉田明世さん。子どもの成長とともに、親の悩みも変化するもの。迷ったり反省したりを繰り返し、子どもともに親も成長していけるといいですね。

吉田明世(よしだあきよ)
Profile
1988年生まれ。2018年5月に女の子を出産。TBSのアナウンサーを経て、19年にフリーとなり、テレビ・ラジオ・イベントなど幅広く活動中。現在は『THE TRAD』(TOKYO FM毎週月曜~木曜15時~)、Amazonプライムビデオ『プロ野球そこそこ昔ばなし』にレギュラー出演中。

■おすすめ記事
園長と保育士の関係が良好?保育士の声かけは?いい保育園ってどんなとこ?

赤ちゃん・育児

更新

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。