1. トップ
  2. 妊娠・出産
  3. 入院中の育児サポート【出産のための基礎知識】

入院中の育児サポート【出産のための基礎知識】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

XiXinXing/gettyimages

無事、出産を終え、赤ちゃんと感動の対面をしたあとは、いよいよ赤ちゃんのお世話が始まります。体を休めつつ、赤ちゃんのお世話にも慣れていきましょう。

お産の翌日からお世話が始まります

入院中の育児指導は産院の方針やお産の経過によって違ってきますが、基本的には翌日からスタートします。2~3時間おきの授乳、その合間のおむつ替えや沐浴など、赤ちゃんのお世話に追われ、入院中は思っていたよりも忙しい毎日です。

赤ちゃんのお世話が中心となる入院生活ですが、退院までにママの体を回復させるのも大事なこと。何か異常を感じたり、疲れが取れない、不安なことなどがあれば遠慮せずにスタッフに相談しましょう。

大部屋と個室、母子同室と別室があります

産院によっては入院室が個室か大部屋か選べる場合も。個室の場合は自分のペースで過ごせますし、大部屋の場合は経産婦さんがいると相談に乗ってもらえたり、情報交換などができるメリットがあります。

ママと赤ちゃんが、一緒に過ごす母子同室が一般的ですが、赤ちゃんが新生児室で過ごす母子別室もあります。これは産院の方針によります。
同室の場合はママのベッドの横にコット(赤ちゃんのベッド)が置かれます。赤ちゃんの様子を見ながらお世話ができます。一方別室の場合は決まった時間に授乳などのお世話に通います。ママは体を休めることはできますが、離れているのは少し寂しいかも。

授乳とおむつ替え

母乳育児は産後すぐが決め手です。最初のうちは赤ちゃんが泣くたびに授乳。その前後にはおむつをチェックします。

替える

おむつの替え方とともに、赤ちゃんのうんちの状態などのチェックや、おしりが赤くなったときの対処法も聞いておきましょう。

抱っこする

授乳は姿勢が大事。赤ちゃんを抱き上げるところからしっかり教えてもらいましょう。

授乳する

赤ちゃんが飲みやすいように助産師に姿勢を教えてもらいます。心配なことはここで聞いておきましょう。

向きを変える

授乳は左右のおっぱいを交互にあげます。向きの変え方も見てもらいましょう。

沐浴と着替えなど

赤ちゃんは新陳代謝が活発です。衛生面のケアも忘れずに。沐浴、おへその消毒、耳や鼻、つめの手入れなどもしましょう。

洗う

沐浴練習には見学と実技があります。可能ならば見学だけでなく、実際に経験したいもの。

着せる

ふにゃふにゃの赤ちゃんに肌着に着せるのは思っている以上に大変です。助産師に質問して、コツを教えてもらいましょう。

汚れを取る

おへそはへその緒が取れるまで、毎日消毒します。

ママのスケジュール

出産当日

・早期から頻回に授乳します
・子宮収縮をよくするために、まめにトイレに行きます

1日目

・医師の診察を受けます
・シャワーを浴びることができます
・授乳練習……赤ちゃんが欲しがるたびに授乳します。
・おむつ指導……基本的な手順や上手に替えるコツ、ふき方などを教えてもらいます。

2日目~3日目

・授乳をします…繰り返し、頻回に行います。
・体調のチェック……血圧測定や尿検査、貧血検査などを行います。
・沐浴練習……沐浴のさせ方を学びます。

4日目以降

・退院後の生活アドバイスがあります…悪露の経過や、産後の体について学びます。産後の避妊についてもアドバイスがあります。
・医師の診察を受けます……子宮の回復具合と会陰の傷の状態などを診ます。
・退院へ向けての整理を始めます

退院日

・必要書類を受け取ります
・入院・分娩費用の清算をします
(※スケジュールは産院により異なります。)

赤ちゃんのスケジュール

出産当日

・出生直後に早期母子接触をします
・身体計測をします
・点眼をします
・母子同室になります……赤ちゃんが欲しがるときに授乳をします。

1日目

・黄疸のチェックを受けます
・ビタミンK2シロップを飲みます……新生児メレナの予防のためにビタミンK2シロップを飲みます。

2日目~3日目

・聴覚検査をします
・血液検査をします

4日目以降

・先天性代謝異常の有無を調べます……かかとから採血をします。検査結果は2週間後にわかります。
・身体測定をします
・ビタミンK2シロップを飲みます

退院日

・ママと赤ちゃんともに問題がなければ、そろって退院……ママと赤ちゃんの洋服を家族に用意してもらいましょう。
(※スケジュールは産院により異なります。)


監修:藤井知行 先生
東京大学大学院医学系研究科 産婦人科学 教授
1982年東京大学医学部卒業。同年、同大学医学部産科婦人科学教室入局。85年同大学医学部付属病院に習慣流産専門外来を開設、以後責任者として運営を担当。2012年より現職に。

出産のための基礎知識
赤ちゃん誕生までの流れをつかもう
出産方法のいろいろ
お産の3つのサインをチェック
陣痛を乗りきる!コツと方法
帝王切開分娩の基礎知識
帝王切開分娩の基礎知識~手術の流れを把握しよう
帝王切開分娩後の入院生活
入院中の育児サポート
必要に応じて行われる処置
赤ちゃんが出てこられないとき
陣痛を誘発・促進するとき

出産

■おすすめ記事
妊娠週数に合った情報をLINEにお届け!専門家の監修付きで安心♪<こどもちゃれんじ>のWelcomebabyはこちら→

妊娠・出産

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

新着記事

新着記事をもっと見る