SHOP

たまひよ会員

  1. トップ
  2. 妊娠・出産
  3. 体のトラブル
  4. 流産
  5. 【医師監修】流産後の妊娠のタイミングは? 妊娠しやすい体づくりのためにできることは?

【医師監修】流産後の妊娠のタイミングは? 妊娠しやすい体づくりのためにできることは?

更新

Malekas85/gettyimages

だれもが、赤ちゃんの無事の成長を願うものです。けれど、流産は一定の確率で起こり、その多くはたまたま受精卵に異常があったためで、残念ながら防ぐことはできません。流産は全妊娠の約15%で起こるとされ、実は流産を経験している女性は少なくないのです。流産を経験すると、次の妊娠への不安はより強くなるかもしれませんが、心配し過ぎることはありません。流産後、体が回復すれば再び妊娠に臨むことはできますし、次の妊娠に影響を及ぼすこともありません。埼玉医科大学総合医療センター総合周産期母子医療センターの江良澄子先生に解説してもらいます。

流産後の生理はいつ再開するの?

稽留流産(けいりゅうりゅうざん)や不全流産で、子宮の中をきれいにする子宮内容除去術という手術を行った場合、手術を受けたあとは、約1週間後に診察があり、子宮の回復具合を確認します。個人差がありますが、出血は1~2週間程度で収まることがほとんどです。そして、生理は術後1~2カ月くらいで再開します。2カ月過ぎても生理が再開しない場合は、処置を行った産婦人科を受診しましょう。

流産は繰り返すことがあるの? 妊活はいつからできる?

一度の流産経験で、流産を繰り返すのではと気にする必要はありません。順調に子宮が回復すれば、次の妊娠に影響することもないので心配はいりません。流産後の妊活は、生理が2~3回来てからのほうが、子宮の状態が安定して、より安心といえます。また、基礎体温を測り、体のリズムが戻っているかもあわせてチェックすると体の状態を正確に把握できるでしょう。

流産を2回連続して経験した、という場合は反復流産と呼ばれ、3回以上連続して流産した場合は習慣流産と呼ばれ、不育症の可能性があります。習慣流産の原因としては、自己免疫疾患や染色体の異常、子宮奇形などがあげられ、これらはもともとの体質や病気であると考えられます。いずれにせよ、2回以上続けて流産した場合は、専門機関を受診することをおすすめします。

妊娠に向けてできることは? 妊娠しやすい体づくりのポイント

気持ちを整理して、前向きに次の妊娠を考える人もいるでしょう。はやる気持ちもあるでしょうが、まずなにより大切なのは、体が回復して生理が順調に戻ることです。あまりあせらずにしっかり回復してからのほうが、次の妊娠にもつながりやすいでしょう。妊娠に向けてアドバイスが欲しい、体の状態を知りたいという場合は、専門機関を受診することもひとつの方法です。

自分自身で妊娠に向けてできることをしたい、という場合は以下のようなことを心がけてみましょう。これをしたから必ず妊娠する、というわけではありませんが、普段の生活を見直してみることも大切です。

適正体重を意識した、健康的な食生活

過度にやせていたり、肥満だとホルモンのバランスに影響することも。1日3食規則正しく、同じ食品だけに偏らず、いろいろなものをバランスよく食べるように心がけましょう。

禁煙をして、過度にお酒を飲むのを控える

喫煙や飲酒が直接妊娠を妨げるということはありませんが、妊娠したあとのおなかの赤ちゃんに影響があることがわかっています。妊娠を意識した時点からたばこやお酒の摂取を控えることで、体にやさしい生活を過ごせます。

過度にストレスをためない

過度なストレスによってホルモンバランスが崩れ、排卵に影響を及ぼすこともあります。難しいこともありますが、ストレスをためないように、発散したり、リラックスできる方法があるといいですね。

しっかり睡眠をとり、規則正しい生活を心がける

ストレスと同様に、睡眠不足や不規則な生活は排卵に影響する場合も。妊娠につながる体づくりに限らず、睡眠時間の確保と規則正しい生活のリズムは健康的な体の基本です。

流産を経験したママにとって、その後の妊娠はよりナーバスになるものです。いつから妊活を再開するかは、あせらずに、ママの気持ちと体の回復を優先しましょう。パパとも話し合った上で、自分たちにあったタイミングで赤ちゃんを迎えられるといいですね。(文/たまごクラブ編集部)

監修/江良澄子 先生

流産後、妊活を始めたのはいつ? 妊娠するために何かした?【ママ体験談】

体も心も辛い流産の経験。でもそこからまた前を向いて新たな生命を授かったママたちは、いつ妊活を始めたのか、何か気をつけたことはあるのか、そんな体験談を集めてみました。

流産の後に不妊治療を中止。その後、自然妊娠しました

39歳から二人目の妊活を開始しました。
が、そこから2年は全くできず、タイミング療法・人工授精してもかすりもせず。その後、体外受精をしましたが、2度の流産。流産した後に不妊治療もやめました。
でも二人目を諦めきれず夫と話し合い、治療はしないけど、その年の年末まで自分たちで頑張ってみようとなり、私は食事改善、体質改善、サプリを飲んだりしました。そして、結果的には自然妊娠することができました。出産したときはすでに44歳。無事に出産できてホッとしました。

2度の流産で手術を経験。感染症予防を兼ねてしばらくは避妊していました

私は2回繋留流産の経験があり、2回とも手術しました。
先生からは、次の妊娠は2、3回生理を待ってから、それまでは感染症予防も兼ねて避妊をといわれました。生理自体は、だいたい手術の1~2ヶ月後に来ました。
それでも次の妊娠まで数回生理を待つのは、子宮の状態が安定しないためとのことでした。実際、基礎体温もガタガタですし、人にもよるとは思いますがすぐに妊娠ってなかなか難しいのでは…と感じました。ネットとか見ると、すぐ妊娠してる人もいるようですが…。
私は1回目の流産後、妊娠が発覚したのは7ヶ月後。
その妊娠も流産となり、3回目の妊娠が発覚したのは2回目の流産の9ヶ月後でした。

年末近くに自然排出。次の妊娠は夏でした

秋に自然妊娠できたものの、一度も心拍確認できずに稽留流産確定、年末近くに自然排出…。1か月ほど経過観察ののち、再び妊活に取り組みました。
といっても、年齢も年齢だったので、また授かれたらいいな、でも夏までにしよう、と夫婦で話し合って期限を切って、タイミング法のみでの妊活でした。
食生活を気にしてみたり、サプリを飲んでみたりもしました。

その後、妊娠できて、受診したときはおそらく6週あたりで胎嚢、胎芽、心拍を確認できました! 前回は一度も見ることができなかった心拍の様子に感涙(涙)。
次に受診したのは、大きさからみても8週あたり、赤ちゃんも心拍も確認できました。ちゃんと大きくなってくれていた赤ちゃんのエコー画像にまたしても感涙しました。

流産してから夫とたくさん話し合いました

私は二人目の時に稽留流産し、流産手術をしました。本当に泣きました。
その時は流産をした私自身と夫との温度差があるように感じて、いろいろと話し合いました。妊娠することについて、子どもを授かることについて、女性の精神面、身体面の負担について。
たった6週の命でしたが、この子が夫と私に、子どもをもつことに対して真剣に話し合う機会をくれたんだなと思って、それだけでも気持ちが救われました。
先生からは、手術後は3回生理を見送って、と言われましたが、3回目の生理予定日に妊娠。無事に正期産まで行き、出産しました。

2回の流産を経験。割とすぐに妊娠できています

私は稽留流産してもわりとすぐに次の妊娠ができました。
私は2回、稽留流産を経験しています。
1度目の時は流産の後、3回生理を見送って、6周期目で妊娠しました。
2度目は手術をして1度生理を見送ったのちに妊活を再開しました。
何回見送るかは先生によるのかもしれません。

流産した時は本当に消えてしまいたいくらいショックで泣きましたし、両家に報告するのもなんと伝えたか記憶にないです…。辛そうな夫を見るのが苦しかったですが夫婦で話し合って妊活を再開しました。
今、3度目の妊娠中です。なんとか無事に育ってくれていますが、ただ赤ちゃんを信じて過ごすしかできないのがもどかしいです。

生活リズム改善、ダイエット。妊娠しやすいカラダを作りました

私も稽留流産経験者で、いま3人目を妊娠中ですが、妊娠自体は6回目です。
最初は1人目を8週で稽留流産しました。

初めての妊娠が流産だったのでとてもショックでしたが、お医者さまに「早ければ半年ぐらいで次の妊娠があるよ」と言われ、本当に半年後妊娠し、無事に出産できました。
2人目は年子でポンポンとできたのですが、数年は年子育児に追われ妊活できず、5年後ぐらいに「そろそろ3人目が欲しいね。上2人男の子だから3人目は女の子がいいね」という話になり、妊活しましたが、なかなかできず。
妊活再開から2年後にやっと妊娠したものの、9週目ぐらいにまた稽留流産になりました。
母子手帳をもらって、もう安心だと思っていた矢先だったので「なんで?どうして?」という気持ちでほんと、キツかったです。

その数年後、仕事をしてると妊活に集中できないと思い、20年勤めた仕事をスッパリと辞め、生活リズムを整え、ダイエットをし、妊娠しやすいカラダをつくるように心がけました。ようやく数年ぶりに妊娠できたのですが、また8週で稽留流産。40代での流産は、年齢的にも次の妊娠はもう無理なのでは?と絶望的でした。
でも諦めきれず、流産手術を受けた日、お医者さまに「まだ妊活したいんですが、次はどれぐらい期間あけたら子作りしていいですか?」と聞いてみたら、「生理が2回来たら子作りしていいよ」と言われたので、ほんとにその分だけ待って、妊活を再開。
今回は「男でも女でもいいから、とにかく3人目が欲しい」と思ってたら、その翌月、生理が来なくて妊娠判明! びっくりでした。
夫も「早すぎやろ(笑)』と笑ってました。

※体験談は、ベネッセの口コミサイト(ウィメンズパーク)に投稿されたものを再編集したものです。

■初回公開日 2018/07/01
■更新日 2022/2/1(体験談追加)

妊娠中におススメのアプリ

アプリ「まいにちのたまひよ」

妊娠日数・生後日数に合わせて専門家のアドバイスを毎日お届け。同じ出産月のママ同士で情報交換したり、励ましあったりできる「ルーム」や、写真だけでは伝わらない”できごと”を簡単に記録できる「成長きろく」も大人気!

ダウンロード(無料)

妊娠中におススメの本

最新! 妊娠・出産新百科 (ベネッセ・ムック たまひよブックス たまひよ新百科シリーズ)

つわりで胃のムカムカに悩まされたり、体重管理に苦労したり、妊娠生活は初めての体験の連続ですね。この本は、そんなあなたの10ヶ月間を応援するために、各妊娠月数ごとに「今すること」と「注意すること」を徹底解説!陣痛の乗りきり方や、産後1ヶ月の赤ちゃんのお世話も写真&イラストでわかりやすく紹介します。

妊娠・出産 新百科

Amazonで購入

楽天ブックスで購入


■おすすめ記事
0~5カ月、新米ママ&ベビーの「うまくいかない」授乳の悩みはこう解決

妊娠・出産の人気記事ランキング

関連記事

妊娠・出産の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。