1. トップ
  2. 妊娠・出産
  3. 嵐を呼ぶマタニティブルー【えらいこっちゃ!妊娠生活#20】

嵐を呼ぶマタニティブルー【えらいこっちゃ!妊娠生活#20】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

瀬戸内海の小さな島、直島に住みつつ
現在5才になる娘の母さんをしています。
まつざきしおりです。

今回は、マタニティブルーについてのお話です。

→「えらいこっちゃ!妊娠生活」今までのお話はこちら

妊娠し、つらく苦しいつわり期を終えた私は、
気持ちもお肌も絶好調!
わりとハッピー、ハッピーな日々を送っていました。

お腹の子、むいむい(私が名付けた胎児ネーム)にブツブツ話しかけては、
ニヤニヤする、そんな平和な日々を送っていました。
(いや、表現よ。)

そんな私でしたが、妊娠後期にさしかかるか!?くらいのタイミングで突然マタニティブルーがやってきたのです。

==================

晴れ渡る空。その青をそのまま切り取ったかのように広がる海。
穏やかな波のリズムに合わせ、私は鼻歌まじりに舵をきった。
しかし、そんな平穏な日々をかき消すが如く、彼は突然やってきたのだ。

水に1滴の墨汁を落とすかのように、
それはじわじわと私の中に広がり、
彼は、青い空も海も、一気にその黒へと染め上げてしまった。

なぜ彼は来たのか、
その理由もわからず、ただただ焦燥感と不安に駆られた私は、
激しい雨(なみだ)を落とし、身を震わせながら
その嵐が過ぎ去るのを待つしかないのであった。

(「マタニティブルー」著:まつざきしおり)

==================
はい。
こんな感じで、マタニティブルーに翻弄されてました。
(いきなり文学的に例えだした…!!)

お腹の子どもは日に日に大きくなっていくのに対し、
母親になるということに対する責任感や不安がやってきて…、
みたいなことが原因だったのかもしれません。が、

その時は、本当に何もわからず、何となく不安という気持ちがブワーッと出てきて、それがさらに不安で仕方ない感じでした。

しかし、泣いたら泣いたで案外その後はすっきりしたりして、
「あれ?なんであんなに泣いてたんだろう?」とえらく冷静になったりし、
数日後またそれを繰り返す。という
情緒不安定マタニティな日々でした。

関連:そうだ!胎児ネームをつけよう!【えらいこっちゃ!妊娠生活#7】

【まつざきしおり】
瀬戸内海の小さな島、直島に移住。
現在は漫画を描きながら、5才の娘みーたんを子育て中。
インスタグラムにて、そんな娘とのゆるい日々を漫画で公開中。

◆島暮らし漫画ブログ
「なおしまぐらし=瀬戸内海のちいさな島移住まんが=」

◆趣味に走りまくった、オツなものを紹介する漫画ブログ
「レトロのしおり」

◆コミックエッセイ
「直島古民家シェア暮らし」(KADOKAWA)
「3才児みーたんは容赦しない」(KADOKAWA)
発売中♪

■おすすめ記事
妊娠週数に合った情報をLINEにお届け!専門家の監修付きで安心♪<こどもちゃれんじ>のWelcomebabyはこちら→

妊娠・出産

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る

妊娠・出産の人気記事ランキング

関連記事