1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. 離乳食[後期]9〜11ヶ月ごろ★カミカミ食に進めるタイミングは?

離乳食[後期]9〜11ヶ月ごろ★カミカミ食に進めるタイミングは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

CentralITAlliance/gettyimages

モグモグと食べられるようになったら、3回食に進めます。この時期は、徐々に形のあるものが食べられるようになり、離乳食からとる栄養の割合が増えます。少量の油や塩、しょうゆなども使えるようになるので、メニューの幅が広がります。今回は、カミカミして食べる練習をする「9〜11ヶ月の離乳食」に進めるタイミングの見極め方をご紹介します。

関連:離乳食後期(9~11カ月ごろ)の進め方! 食べさせて良い食材一覧

ステップアップのタイミングは?

★食べる意欲があり、モグモグできれば、ステップアップ

やわらかく煮たみじん切りの野菜などを、舌で上あごに押しあてるようにして、上手につぶして食べられるようになったら、9ヶ月ごろから3回食に進めます。小食でも食べる意欲が見
られ、口をモグモグと動かしていれば、ステップアップしても大丈夫です。このころの離乳食は朝、昼、夕の1日3回になりますが、朝起きるのが遅めの赤ちゃんでは、朝の離乳食が食べられないことも多いようです。生活リズムも見直しておきましょう。

[9〜11ヶ月の離乳食]進めてOKのサイン4つ

赤ちゃんに次のような変化が見られたら、次のステップに進めるサイン。歯ぐきでつぶしてかんで食べる、大人に近い食べ方の練習を始めましょう。

舌で食べ物をつぶせる

口をモグモグ動かして、舌を使って上あごに食べ物を押しあてて、つぶそうとする様子が見られる。

すぐに飲み込まず、時々左右に口が動く

口が左右に動くのは、かもうとし始めている証拠。口をクチャクチャして、かむのを楽しむ様子が見られることも。

食べ物をじっと見たり、食べ物に手を伸ばす

食べ物をじっと見たり、目の前の食べ物を取ろうとして手を伸ばすなど、食べる意欲が感じられる。

おすわりが上手になってきた

おすわりが安定し、椅子にある程度の時間座っていられる。下半身が安定すると食事に集中でき、口をしっかり動かせるように。

こんなときは、まだ7,8ヶ月ごろの離乳食で練習を!

赤ちゃんが以下のような状態だったら、"カミカミ食”にはまだちょっと早いかも。もう少し「7,8ヶ月の離乳食」でゴックンと飲み込む練習を続けて。

□口をよく動かさず、まる飲みしている
□絹ごし豆腐くらいのかたさ・2~3mm角の大きさの食べ物を口から出してしまう

まだモグモグできていない証拠です。舌と上あごで簡単につぶせる絹ごし豆腐のかたさで、つぶす練習をしましょう。9ヶ月ごろの大きさにするときは、かたさは十分にやわらかくして。

関連:保育園に学ぶ!”よく食べる”離乳食のための環境作り&上手な食べさせ方

9〜11ヶ月ごろの離乳食は、”自分で食べる”ことへのステップです。食べる量や好き嫌いにはあまり神経質にならず、「食べる意欲を育てる」ことを優先、食事を楽しみましょう。(文・たまひよONLINE編集部)

■監修:太田百合子先生
管理栄養士。東京・こどもの城にて長きにわたり乳幼児の栄養指導を行う。現在は東洋大学、東京家政学院大学(聖心女子専門学校)などの非常勤講師として活躍されています。

■参考:『すぐわかる! 離乳食』(ベネッセコーポレーション 刊)より抜粋。情報は書籍掲載時のものです。

■おすすめ記事
30秒でわかる! スタートから幼児食までの大きさ変化「離乳食タイムライン♪」

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る

赤ちゃんの子育て・育児の人気記事ランキング

関連記事