1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. 離乳食[中期]7,8ヶ月ごろ★モグモグ食に進めるタイミングは?

離乳食[中期]7,8ヶ月ごろ★モグモグ食に進めるタイミングは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Ulza/gettyimages

離乳食の開始から2ヶ月くらいがたち、食べ物をゴックンと飲み込めるようになったら、次のステップへ進みます。この時期は、口をモグモグ動かして食べる練習をします。2回食を定着させ、いろいろな食材にチャレンジしましょう! 今回は、7,8ヶ月の離乳食に進めるタイミングの見極め方をご紹介します。

関連:7,8カ月ごろの離乳食(中期)の進め方! おすすめのレシピは?

ステップアップのタイミングは?

★ペースト状のものを上手に飲み込めるようになったら

離乳食開始から2ヶ月くらいがたち、ややかたさのあるペースト状の食べ物を、唇をしっかり閉じてゴックンと飲み込めるようになったら、7,8カ月ごろの離乳食へと進みます。やや水分の少ないベタベタのものを、モグモグと口を動かして飲み込めるようになるのも、ステップアップの目安の一つです。1日2回の離乳食を定着させるためには、生活リズムが整っていることも大切です。
自分で座って食べられるようになると、体が安定し、口に力が入るので、こぼすことも減ってきます。おすわりができるようなら、ラックなどに座らせてもいいでしょう。

[7,8ヶ月ごろの離乳食]始めてOKのサイン4つ

赤ちゃんに次のような変化が見られたら、次のステップに進めるサイン。口をモグモグと動かして食べる練習を始めましょう。

口をモグモグと左右に動かす様子が見られる

粒が残るくらいのペースト状のものを、口をモグモグと動かして、奥のほうに移動させることができる。

ゴックンが上手にできる

水分が少なめのペースト状のものを、唇を閉じてゴックンと飲み込むことができる。

おすわりが安定している

おすわりが安定してきて、少しの間なら、座ったままおもちゃなどで遊べる。

生活リズムが整っている

2回食に進んでいるか、1回食でも生活リズムが安定し、喜んで食べる。

こんなときは、まだ5,6カ月ごろの離乳食で練習を!

赤ちゃんが以下のような状態だったら、"モグモグ食”にはまだちょっと早いかも。もう少し「5,6ヶ月の離乳食」でゴックンと飲み込む練習を続けて。

□ゴックンができずに口から出してしまう
□食べられる食材の種類が増えない
□生活リズムが整わず、授乳の時間が決まらない

関連:[7カ月]離乳食づくり!みんなが使っているお助け道具は?

ペースト状の食べ物をしばらく続けて、ゴックンと飲み込む練習をしましょう。生活リズムが整わない場合は、ねんね、授乳、離乳食、お散歩などの時間を決めて、毎日繰り返しましょう。(文・たまひよONLINE編集部)

■監修:太田百合子先生
管理栄養士。東京・こどもの城にて長きにわたり乳幼児の栄養指導を行う。現在は東洋大学、東京家政学院大学(聖心女子専門学校)などの非常勤講師として活躍されています。

■参考:『すぐわかる! 離乳食』(ベネッセコーポレーション 刊)より抜粋。情報は書籍掲載時のものです。

■おすすめ記事
【動画】離乳食7,8ヶ月ごろ かぶとサーモンのミルク煮

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る

赤ちゃんの子育て・育児の人気記事ランキング

関連記事