1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. [1歳~1歳6ヶ月ごろ]赤ちゃんの力を伸ばす!1日の過ごし方を小児科医が解説

[1歳~1歳6ヶ月ごろ]赤ちゃんの力を伸ばす!1日の過ごし方を小児科医が解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

kicsiicsi/gettyimages

1歳を過ぎると、あんよができるようになり、元気に動いて行動範囲が広がります。
「ママ」「ワンワン」などの言葉を話し始めたり、自分でなんでもやりたがるなど、心も大きく成長します。そんな1歳~1歳6ヶ月ごろの赤ちゃんの成長をサポートする、1日の過ごし方とそのコツについて、小児科医の山中龍宏先生に伺いました。

関連:離乳食完了期(1才~1才6カ月ごろ)の進め方! 与えてOKな食材一覧

「元気に遊ぶ→しっかり食べる→ぐっすり眠る」の流れで赤ちゃんは育つ!

日中に体をたくさん動かして遊び、しっかり離乳食を食べると、夜はぐっすり眠れるようになります。1歳を過ぎると自我が芽生えるため、離乳食時などの生活場面でママを悩ます行動をとる子も。とはいえ、早起き・早寝の生活リズムを定着させることが、この時期に欠かせないポイントです。

1歳~1歳6ヶ月ごろの理想的な1日の様子とは?

昼寝が1回になる子が増えますが、2回寝る子でも16時までに切り上げると、夜の就寝に響きにくいでしょう。日中の活動量が少ないと夜の寝つきを悪くする場合があるので、注意して!

■1歳~1歳6ヶ月ごろの1日の過ごし方(例)

6:30 起床
7:00 朝食
9:00 室内遊び
10:00 お散歩、外遊び

*お散歩や外遊びでしっかり体を動かそう

12:00 昼食
13:00 昼寝
15:00 おやつ

*おやつでは、離乳食でたりない栄養素を補って!

16:00 お散歩・外遊び
17:00 室内遊び
18:00 夕食
19:00 おふろ
20:00 就寝

*就寝時間には部屋を暗くして眠りに誘う雰囲気づくりを

ぐんぐん育つ1日の過ごし方、3つのポイント

この時期の赤ちゃんにおすすめの、過ごし方のポイントは以下の3つ。1日1日の積み重ねが、赤ちゃんの力を伸ばすカギ。生活リズムを見直すときは参考にしてみてください。

ポイント1:睡眠のリズムを崩さないように注意して

自己主張が出てくるので、就寝時間になっても遊びたがって寝るのを嫌がることも。「絵本を1冊読んだらねんね」など、寝入るまでの流れをつくり、毎日決まった時間に寝かせて。

ポイント2:おやつは補食。たりない栄養素の補給を

遊び食べを始める子もいますがダラダラ食べはNG。遊び始めたら30分ほどで食事を切り上げて。離乳食だけでたりない栄養を補うために、1日1~2回おやつ(補食)を与えても。

ポイント3:外遊びやごっご遊びをたくさんさせよう

あんよができるようになったら、ますます外遊びが好きになるはず。1日2回、午前と午後にそれぞれ1~2時間は、公園などで体を動かす時間をつくって。ごっこ遊びで、歯磨きなどの生活習慣を教えるのもおすすめです。

関連:「キレない子」に育つ!?1才6カ月までに「幸せホルモン」体質にする方法

赤ちゃんが夜ぐっすり眠ってから、家事を頑張るママもいるかもしれませんが、ママも早起き・早寝の生活リズムを送ることが理想です。1歳を過ぎたら、遊び感覚で掃除などをお手伝いしてもらうことも、赤ちゃんにはいい刺激に。もしくは、ママが早起きして、済ませる手もいいかもしれませんね。(文・ひよこクラブ編集部)

■監修:緑園こどもクリニック 院長 山中龍宏先生
1974年東京大学医学部卒業。同小児科講師、焼津市立総合病院小児科科長、こどもの城小児保健部長を経て99年から現職。日本小児保健協会 傷害予防教育検討会委員長、NPO法人Safe Kids Japan代表など。 

■参考:「いつでもどこでもHAPPY育児生活ガイドBOOK」(ベネッセコーポレーション刊)

■おすすめ記事
どうせならあかちゃんが喜ぶプレイマットが買いたい!プレイマットを選ぶポイントをチェック!

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

新着記事

新着記事をもっと見る