1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. [生後3~4ヶ月ごろ]ベストな生活リズムは?お世話のコツを小児科医が解説

[生後3~4ヶ月ごろ]ベストな生活リズムは?お世話のコツを小児科医が解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

IBorisoff/gettyimages

首がすわり始めたり、まわりに関心を持ち始めるなど、いろいろな様子を見せるようになる3~4ヶ月ごろ。このころの赤ちゃんは、どのように1日を過ごしているのでしょうか。かかわるときのポイントは何か。小児科医の山中龍宏先生に伺いました。

関連:[生後5~6ヶ月ごろ]楽しみが増える!赤ちゃんとの過ごし方を小児科医が解説

3~4ヶ月の赤ちゃんの過ごし方にクローズアップ!

ねんねスタイルで過ごすことに変わりはありませんが、ママもお世話に慣れ始め、赤ちゃんとのかかわりがより楽しく感じるころ。この時期の1日の過ごし方と、気をつけたいポイントを見てみましょう。

昼夜の区別がついてくる生後3~4ヶ月ごろ、理想的な1日の流れは?

日中起きている時間が長くなり、徐々に睡眠リズムが整ってくるようになります。中には昼夜逆転する子もいますが、昼夜の区別をより意識するために、朝はカーテンを開けて合図を送るといいでしょう。

■3~4ヶ月ごろの1日の過ごし方(例)

6:30 起床、授乳①
9:30 授乳②
10:00 お散歩

*お散歩の習慣をスタート♪午前中に30分くらいがおすすめ

12:00 昼寝
14:00 室内遊び
15:00 授乳③→昼寝
17:00 おふろ
18:00 授乳④
19:00 就寝
21:00 授乳⑤

*夜中に起きても、授乳してすぐに寝かしつけるのが基本

2:00 授乳⑥

生後3~4ヶ月ごろの過ごし方で注意したい4つのポイント

赤ちゃんの健やかな成長を促すために、心がけたいお世話のポイントは以下4つ。赤ちゃんとのかかわりに役立てて。

ポイント1:昼は活動的に、夜は静かに過ごすのが基本

生活リズムを意識し始めたい時期。1日の流れをつくって、早起き・早寝の習慣づけを。朝起きたら部屋を明るくし、日中はお散歩、夜はおふろ、そして静かな部屋で寝る…というようにメリハリのある生活を。

ポイント2:授乳のリズムがどんどん整ってきます

授乳のリズムが整い始めます。赤ちゃんのペースで飲ませるのが基本ですが、授乳間隔を少しずつ空けるようにし、「泣いたら授乳」を卒業するように意識してみて。ミルクの場合は缶の表示にしたがって。

ポイント3:外気浴に慣れてきたらお散歩の習慣を

1日1回、30分程度のお散歩をスタートさせて。お散歩は、赤ちゃんの五感を刺激するだけでなく、適度に疲れるため、夜にぐっすり眠る効果もあります。ママにとっても、いい気分転換に。

ポイント4:夕方、突然泣くことが。でも、自然に治まります

3ヶ月前後から赤ちゃんは、夕方になると、とくに理由がないのに大泣きすることがあります。これは「たそがれ泣き」といわれるもので、原因ははっきりしていませんが、5~6ヶ月ごろになると自然に治まるので、心配しないで。

声を出したり、小さなにぎにぎなどを少し握ってみたり…。3~4ヶ月は、成長の様子がたくさん見られる時期と言えるでしょう。声かけやスキンシップなど、赤ちゃんとコミュニケーションをとって、ステキな親子関係を築いていけるといいですね。(文・ひよこクラブ編集部)

■監修:緑園こどもクリニック 院長 山中龍宏先生
1974年東京大学医学部卒業。同小児科講師、焼津市立総合病院小児科科長、こどもの城小児保健部長を経て99年から現職。日本小児保健協会 傷害予防教育検討会委員長、NPO法人Safe Kids Japan代表など。

■参考:「いつでもどこでもHAPPY育児生活ガイドBOOK」(ベネッセコーポレーション刊)

■おすすめ記事
1歳からの英語は早すぎない?日本語への影響は?など気になる疑問にお答えします!

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

新着記事

新着記事をもっと見る