1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. 紫外線を浴びても◯日以内にケアすればシミは防げる?!「美白アイテム5選」

紫外線を浴びても◯日以内にケアすればシミは防げる?!「美白アイテム5選」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

nicoletaionescu/gettyimages

紫外線がさんさんと降り注ぐ夏。いくら念入りに日焼け止めを塗ったり、日焼け止めサプリを飲んでいても、完ぺきに紫外線をカットするのは難しいこと。なので、予防はもちろん、紫外線を浴びたあとのケアが大事です。

でもそのケアにはタイムリミットが。シミの原因となるメラニンの生成が促されるのは72時間後。つまり、3日以内にきちんとケアすれば、シミを防げる可能性は十分に残っているんです。そこで今回は、選りすぐりの美白ケアコスメをピックアップしました!

夜用美白クリームで根本的にケア「トランシーノ 薬用 ホワイトニングリペアクリーム」

シミの原因となるメラニンの生成連鎖を抑える美白有効成分「トラネキサム酸」を配合した、保湿もエイジングケアもできる「トランシーノ 薬用ホワイトニングシリーズ」。なかでも年齢とともに黄みを帯びてくる“黄ぐすみ”に着目した「ホワイトニングリペアクリーム」(35g 4,320円)は、ルイボスエキスを配合して柔らかく潤った明るい肌に導きます。ぴったりとひと晩中肌を包み込む、透明ラップ効果で、水分の蒸散を防ぎながら、有効成分を肌に閉じ込める“塗るマスク”で翌朝の肌に期待十分!

古い角質に居座るメラニンを払拭!「クラランス ホワイト プラス ブライト クレンザー」

シミの原因となるメラニンは、古い角質の中で一緒に蓄積されて、放ってシミやくすみとなって定着してしまうそうです。なので、洗顔も重要ステップ。「クラランス ホワイト プラス ブライト クレンザー」(150ml 4,860円)は、メラニンの過剰生成を防ぐアセロラ果実エキスの入ったピンクの液体状クレンザーで、ポンプから出した途端に弾力のあるクリーミーなムース状に変化。穏やかなピーリング作用のあるタマリンドが、メラニンを含む古い角質を取り除き、柔らかな肌に整えます。

隠れたシミまで逃さず一掃!「SK-II ジェノプティクス オーラ エッセンス」

紫外線によるダメージに対して研究に研究を重ねたSK-IIの美白シリーズ。「SK-II ジェノプティクス オーラ エッセンス」(30ml 17,280円/ライター調べ)は、美白有効成分D-メラノ™を含む独自の複合成分を配合し、肌表面にはまだ現れていない“隠れジミ”など、シミ未満と言える“肌曇り”まで一掃する美白美容液。頬骨など、シミができやすいゾーンには、重ねづけして指で軽く叩き込むのが効果的。

密着力が高くてながら美容ができる美白シートマスク「SK-II ホワイトイング ソース ダーム・リバイバル マスク」(6枚入 11,340円/ライター調べ)も合わせて使えば最強です!

植物エッセンスが凝縮!「ネロリラ ボタニカ インテンシブ ビューティーセラム」

「ネロリラ ボタニカ インテンシブ ビューティーセラム」(32ml 7,560円)は、化粧水とオイルを手のひらで混ぜ合わせて使う2層式の美容液。ピンク色の水液層にはビタミン豊富な植物のエッセンスが凝縮され、オレンジ色のオイル層には、奇跡の万能オイルと言われるタマヌ油や、抗酸化力の高いローズヒップ油などが配合されています。特にタマヌ油は、肌を蘇らせる奇跡のオイルと言われていて、1年中強い紫外線が降り注ぐ南国の島々で古くから生薬として利用されているもの。鎮痛作用や抗炎症作用、抗酸化作用などがあるので、日焼け後のケアにもうってつけです。

オーガニック処方の美白クリーム「HANAオーガニック オーガニックホワイトクリーム」

紫外線や物理的刺激、ホルモンバランスなど、さまざまな理由で肌内部に起きている炎症はすべてシミの原因になりかねません。「HANAオーガニック オーガニックホワイトクリーム」(15g 5,400円)は、これらの炎症を副作用なく鎮める和漢植物のエキスを採用。さらに、紫外線やさまざまな炎症から引き起こされるメラニンの増殖を防ぎ、できてしまったシミを還元する、天然型ビタミンC誘導体と朝鮮アザミを配合。濃縮オーガニックローズは、肌再生力をアップさせ、リラックス効果も十分。肌にも心にもやさしい美白クリームです。

関連:紫外線・冷房… 猛暑のダメージでピンチの肌は【ミストコスメ】で守る!

妊娠中はホルモンの影響でシミができやすく、今までシミ悩みとは無縁だった人も妊娠をきっかけに、美白ケアは無視できない問題になり、関心が高まりますよね。さらに、産後は子どもに付き合って外に出る機会も多く、紫外線を浴びがち。日焼け止めは欠かせませんが、紫外線をいっぱい浴びてしまったら、諦めないで優秀な美白アイテムに頼りましょう!(文・竹腰奈生)

〈写真提供:第一三共ヘルスケア、クラランス、SK-II、ビーバイ・イー、えそらフォレスト〉

■おすすめ記事
産後1年……。気になるシミの種類と綺麗にカバーする方法

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

新着記事

新着記事をもっと見る

赤ちゃんの子育て・育児の人気記事ランキング

関連記事