1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. 赤ちゃん連れでラーメン屋さんに行ったらダメですか?

赤ちゃん連れでラーメン屋さんに行ったらダメですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

szefei/gettyimages

「赤ちゃんが生まれたらラーメン屋さんには行けなくなるから、妊娠中はもちろん、陣痛が始まる直前にもラーメン屋に行った」という話がめずらしくないほど、赤ちゃん連れでラーメン屋さんに行くのは敷居が高いイメージがあります。それはなぜなんでしょう? そしてお店側はどう思っているのでしょうか…。

「赤ちゃんが一緒だと、ラーメン屋さんには行けない!」…ママの声

「カウンターのみのラーメン屋なんて、忙しいランチタイムにベビーカー置いてたらヒンシュクです。泣き出したからと抱っこして外に出ようもんなら、回転率悪くなるから、それはそれでまたヒンシュクです。うちには1歳になった娘がいますが、先日ようやく念願の初ラーメン屋に行きました」

「赤ちゃんが生まれたら、ラーメン屋さんとかしばらく行けないと思います。私は出産前、お金のことは多少目をつぶって、ラーメンやら焼き肉やら、たくさん食べに行きました」

「子どもが1歳のころまで、住んでいたマンションの側においしいラーメン屋さんがあって、休日に夫と交代で(子どもは連れて行けなかったので)食べに行った事を思い出しました」

「赤ちゃんを連れてラーメン屋さんに行くと、まずは夫が食べる。そして赤ちゃんの抱っこを代わってもらう…。渋滞している道路で車の中からなにげにラーメン屋さんを見たら、家族が楽しそうにラーメンを食べていました。しかし、ママはラーメンを目の前にして赤ちゃんを抱っこした状態でした」

「騒がれたり、長居されたりすると…」…店長の本音?

ラーメン屋さんのほうでは、赤ちゃん連れのお客さんについてどう思っているのでしょうか? 店舗の規模や客層などによっても違いはあるようですが、赤ちゃん連れや子ども連れを歓迎していない店舗では、一般的にはだいたい以下のようなことが理由になっているようです。

●子どもが騒ぐとほかのお客さんに迷惑がかかるから
●規模の小さい店舗だと、長居されるのが困るから
●熱くて危険な商品を扱っているので、やけどなどの事故を起こしたくないから

赤ちゃん連れ歓迎のラーメン屋さんも!

最近では、大型ショッピングモールなどにはフードコートがあるところが増えています。フードコートの中には、ラーメン店が入っているところも多いもの。フードコートなら、ベビーカーをテーブルに横付けできますし、子ども用の椅子が用意されていて、赤ちゃん連れの家族向きのサービスもいろいろ。実際、利用しているママも多いようです。

「フードコート、子どもが小さいうちは便利ですよ。昔に比べたら、おしゃれでおいしいお店の入ったフードコートも増えましたし」

「ラーメンが食べたいときは、デパートのフードコート。子どもをベビーカーに乗せて食べてます」

離乳食メニューがあるラーメン店も

さらに、「キッズメニューだけじゃなく、離乳食メニューもあるラーメン屋さんがある」とネットで話題のラーメン店があるとか! 

そのお店は、「丸源ラーメン」という全国チェーンのラーメン屋さん。ミルク用のお湯の提供、子ども用の椅子はもちろん、おむつ替えシート、麺切りばさみまで用意してあるという徹底ぶり。赤ちゃん連れを嫌がるお店もある中、なぜそこまで赤ちゃん連れを歓迎してくれるのでしょう? 

「丸源ラーメン」などの外食事業を展開する物語コーポレーション広報の前田さんに聞きました。

8年前、ママ従業員の声から始まった

「もともとは、丸源ラーメンで働くママ従業員の提案でした。赤ちゃん連れのママはラーメンを食べたくても、赤ちゃんと一緒だとゆっくりラーメンが食べられない。どうにかしてあげたい、といった要望から始まりました。

お母さんたちに楽しくお食事をしていただくお手伝いができたらということで、離乳食をご提供したり、赤ちゃん連れのお客さまからご要望のあったサポートグッズを取り入れたりというサービスを始めたのです。

小さいお店だと、赤ちゃん連れのご家族へのサービスが難しいのが現状でしょう。ですが、丸源ラーメンは、一般的なラーメン店と比べ、店舗も駐車場も圧倒的に広いのが特徴。そこで、ベビーカーのままご利用いただけるお席や、座敷席を設けるなど、ファミリーでくつろいでいただける空間づくりが可能です。実際、離乳食メニューのご利用も多く、丸源ラーメン全店で、月間900食以上ご注文いただいています(※)」(前田さん・以下同)

※127店舗:2018年7月実績

赤ちゃん連れのママに喜ばれるお店に

「丸源ラーメンは、私たちは、すべてのお客さまに楽しく食事をしていただきたいと心から思っており、赤ちゃん連れのママ、ご家族に安心してご来店いただけるお店をめざしています。スタッフ一同、ママの不安を解消するために全力で対応させていただきますので、お気軽にお声がけいただけるとうれしいです」

「ちょっとやさしくしてもらえるだけでうれしいんです!」…ママの声

「とある全国チェーンのラーメン屋さんです。お値段もお安くファミリー向けの雰囲気で、キッズメニューもあるようなお店ですが、その自宅近隣店内に、手書きで次のようなことが貼ってありました。

『お子さまをお連れの方へ。子どもは汚すのが仕事です。一生懸命ラーメンを食べて、時にはこぼしたりもしますが、私たちが片づけますので、手助けが必要なときはどうぞお申しつけください。お子さまへ、いっぱいラーメン食べて、大きくなってね!』

うろ覚えですが、こんな感じでした。これを初めて見かけたとき、まだ子どもが1歳くらいのときだったので、そのときの私にすごく響いて、涙ぐんでしまった記憶があります」

ラーメンは「国民食」なんて言われるほど、多くの人が好きなメニュー。ママだっておいしいラーメンを食べたいんです! そして、ちょっとだけやさしくしてもらえれば、それだけでうれしくなっちゃうんですよね。ママにやさしいお店がもっと増えるといいですね。(取材・文/ひよこクラブ編集部)

※文中のコメントは「ウィメンズパーク」からの引用です。

■おすすめ記事
この秋は親子で出かけよう!子どもとのアートの楽しみ方

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

新着記事

新着記事をもっと見る

赤ちゃんの子育て・育児の人気記事ランキング

関連記事