1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. 公立?私立?進路の違いで1500万円も違う!

公立?私立?進路の違いで1500万円も違う!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

nikoniko_happy/gettyimages

“子どもの教育費”といっても、乳幼児を育てているママ・パパの中には「まだまだ先の話」と思う人もいると思います。しかし幼稚園を私立にすると、公立よりも3年間で約75万円も教育費が多くかかることに! 教育費と家計のバランスや、公立・私立を選ぶときに教育費はどれくらい違うかを、2人の女の子のママでもある、ファイナンシャルプランナー・鈴木さや子先生に聞きました。

関連:【プログラミング教育】小学校入学前に教えておきたいこととは?

FPが教える!幼稚園から大学4年間の公立・私立の差額

幼稚園から大学4年間の進路の選び方によって、教育費は大きく変わります。
幼稚園から大学4年までの学習総額費は、たとえば
●すべて国公立 1012万8716円
●小学校だけ公立(大学は文系) 1739万3884円
●高校・大学(文系)が私立 1408万4185円
●すべて私立(大学は文系) 2462万4339円
すべて国公立と、すべて私立に通わせた場合の差額は、約1500万円にもなります。

子どもの成長別に、公立と私立の教育費を紹介します。子どもの将来をイメージしながら、教育費を貯める参考にしてください。

*上記の学習総額費は、幼稚園から高校までは、文部科学省「子どもの学習費調査(平成28年度)」、大学は日本政策金融公庫「教育費負担の実態調査(平成29年度)」より、FP鈴木さや子先生が作成。

入園までが教育費の貯めどき

●赤ちゃん時代は、教育費がかからないので貯蓄を!
教育費はかからないので、児童手当は貯金を。こども保険に加入するならば、元本割れしない商品を選んで。
●保育園、幼稚園、こども園に通うと教育費の負担が
認可保育園 108万円(保育料のみ、月3万円の場合)
公立幼稚園 68万2117円
私立幼稚園 144万5385円

※すべて3年間の金額
上記の保育料がかかるので、2019年10月からの幼児教育無償化が始まるまでは、教育費の負担を感じるでしょう。

公立・私立小学校では、6年間で約720万円の違いが!

●小学校時代は、中学受験をする子は塾代が大幅アップ
公立小学校 193万4173円
私立小学校 916万4628円(すべて6年間で)
公立小学校の場合は、教育費は低め。ただし中学受験のために塾通いをした場合は、内容にもよりますが、上記以外に総額200万円以上かかることも。私立中学をめざすならば、早い時期から貯蓄を。

●中学時代は、教育費以外の出費も増加
公立中学校 143万3090円
私立中学校 397万9521円(すべて3年間で)
教育費のほかに、部活などの遠征代、スマホなどの通信費、娯楽代などもかかるように。3年生になると塾代もかさみます。

高校・大学の7年間は、教育費がかさむ一方

●高校時代は、塾や受験費用が大きな出費に!
公立高校 135万1336円
私立高校 310万9805円(すべて3年間で)
大学に進学する場合は、塾や受験費用の出費がアップ! 子どもと進路について話し合う際は、家計の現状を伝えて、不足するならば奨学金の利用も検討して。その場合は子どもも一緒に返済計画をたてて考えることを忘れずに。

●大学時代は、文系か理系かで教育費に違いが!
国立大学 472万8000円
私立文系 692万5000円
私立理系 763万円
入学時は、納入費用に100万円ほど必要に。学費面では国立大学が低めですが、日本は約7割が私立大学のため、余裕を持った備えが必要です。

関連:先回り育児は将来をダメにする?子どもを伸ばす見守り方

公立、私立の教育費の差額を見て、わが子の将来についてあらためて考えたママ・パパも少なくないと思います。また子どもが2人、3人…になれば、教育費は2倍、3倍…に。“教育費の貯めどきは、子どもが小さいうち!”といいますが、児童手当は将来の教育費のために貯蓄が基本。2019年10月からの幼児教育無償化が始まると、3~5歳の3年間、公立幼稚園に通った場合は約36万円が無償化になるので、その分もできたら将来の教育費のために貯蓄するのがおすすめ! できるところから少しずつ貯蓄する習慣をつけましょう。(取材・文/麻生珠恵、ひよこクラブ編集部)

監修/鈴木さや子先生
ファイナンシャルプランナー。株式会社ライフヴェーラ代表。家計管理や資産形成、キャリアなど、主にママ・パパ向けに講演を行う。2人の女の子のママでもあります。

参考/ひよこクラブ2018年5月号付録「第2子 妊娠/出産/育児“こうすればうまくいく”見通しBOOK」より

■おすすめ記事
<PR>“すき間時間”を上手に使って育児を楽しく! ワーキングママのテクニックを公開

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る

赤ちゃんの子育て・育児の人気記事ランキング

関連記事