1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 実は老けて見えている?!今日から始める正しい姿勢

実は老けて見えている?!今日から始める正しい姿勢

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

fizkes/gettyimages

姿勢が良くないと、実は大損していることをご存知ですか?
確かに、多少姿勢が悪くても痛くないし、辛いということもないです。だから、多くの人は自分の姿勢の悪さを
「私、猫背なの」とか「反り腰の癖があるの」とか言っているだけで終えてしまっています。でも、本当は姿勢が乱れているとでえたくさんの損な事が起きているのです。ヨガ指導者の峯岸道子さんに聞きました。

筆者:峯岸道子  (ヨガ指導者)
35年余り日本のフィットネスを牽引、以降ヨガの指導、開発、育成等に携わる。
肩回りのセラピーに有効なヨガ棒というツールや、肩甲骨ヨガⓇ、背骨メンテナンスヨガ等のメソッドを開発。海外の講座でも高く評価され、現在も自主スタジオの展開とともに国内外を飛び回る。   
BODY AND MIND YOGA

関連:おんぶやだっこで腰・肩を痛めないためのエクササイズ

子育て中は大きく姿勢を崩してしまう危険性大……!

出産後の子育てに一生懸命になっている時期こそ、女性が一番姿勢を崩してしまう時期。
出産時には、自然分娩の際には骨盤が大きく開かれます。そのゆるみがまだ残っているまま、育児に忙しくなります。
小さなお子さんの世話のほとんどが前かがみです。慣れないと夢中になって肩にも力がはいったまま。
だから子育て中のママには強い肩こりが生じます。
だっこするときも、前に抱えますね。朝から晩まで前かがみで、子供の方ばかり向いて1年、2年とすごしています。これでは猫背で背中が丸くなるのも当然です。

家事の忙しいときには、片方の腰骨に赤ちゃんを乗せ、片腕で家事をしたりしていませんか?
腰に赤ちゃんを乗せる行為は骨盤を傾けてしまいます。またお子さんを前抱っこで外出していると、腰は反ってきます。お子さんの体重が重くなればなるほどママの腰は反らされます。出産後のこのような日常が、ママ達の姿勢を大きく変えてしまうのです。

姿勢の崩れを修正するための意識と動作

姿勢の崩れは、薬や病院で直すものではありません。痛くないのでついつい人は後回しにしがちです。
しかし、実は身体にとって、本当は心にとっても損な事がたくさんおきていますから、早いうちに修正していくことが大切です。
そのための第一歩は、ご自身の姿勢を知ること。
ウィンドウに写る姿や電車の車窓に写る姿など、なにげない日常でしっかりとご自身の姿を見る事から始めましょう。そして「嫌だな」と感じたところを意識します。意識すると脳にインプットされますので、そうした姿勢をとっている自分に気が付きやすくなります。

姿勢調整のための動作

ご自身の姿勢を知ったうえで、以下の動きをお子さんのお昼寝の時間などを見つけて行ってみてください。 何時間もする必要はなく、逆に毎日続けることの方が有効です。

すべてそのポジションに入ったら5呼吸ほど大きく息をします。立っていても座っていてもOKです。

猫背気味の方

手を後ろに回し、手のひらを組みます。腕を伸ばしたまま上げられるところまで腕を後方上方に持ち上げます。

前かがみ姿勢で背中が丸くなっている方

肘を曲げたまま肩の横のラインまで持ち上げます。そこから肘を肩より後ろに引きながら、肘関節を大きく後ろに回します。両手同時でなくても片腕ずつ、大きく後ろに回した方が有効です。

背中が大きく反って腰が前に出ている(反り腰)の方

足を大きく開き、つま先は平行にして立ちます。そこから股関節をおるようにして前屈。腕も頭も垂らせてゆらゆら小さくゆらし数呼吸します。 そこから立ち上がる際は膝を緩めて背中を丸くして起き上がりますが、完全に立ち上がる時にお尻の穴をキュッと締めて立ち上がりましょう。

首が前に出てストレートネック気味の方

4本の手の指を組んで、首の骨全体を覆います。
その指の骨を首の後ろに当てて、コルセットのように密着させます。 最初はそのまま肘を前に引っ張っていきます。首の骨に前彎カーブを創るイメージ。そこから頭の重さを感じながら、手のひらの上に首の骨を預けて支えます。
無理に首をそらせるのではなく、頭の重さで後ろに垂れるところで保持します。

肩が前方に入って、やや上がり気味の方(強烈な肩こりがあるはずです)

右手を腰の後ろに回し左腕の肘、また肘の上をつかみます。
左腕は下の方に引っ張られる意識で、首を左側に倒します。
右手が左腕を後ろからつかめない方は、ズボンやスカートのウェストの後ろ側に手のひらを差し込んでもOKです。
右の肩と首が心地よい伸びとして感じられるところで呼吸を繰り返します。


どれも簡単なものですので、ぜひ毎日の日課に取り入れてみてくださいね。
姿勢を正して健やかな毎日を過ごしましょう。

関連:「子連れでもエクササイズはできる?」山田ローラさんの日米子育てリポート

■おすすめ記事
おすすめの赤ちゃんとの遊び方<PR>

赤ちゃん・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事