1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 子連れシンママが実は婚活で人気のワケ。ひけめに感じないコツとは?

子連れシンママが実は婚活で人気のワケ。ひけめに感じないコツとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

grinvalds/gettyimages

シングルマザーのみなさん。
もしかして、バツイチだと引け目を感じたりしていませんか?
将来のことを考えて、老後を一緒に歩めるパートナーがほしい……でも、お子様がいるからと遠慮していませんか? 結婚生活がうまくいっているように見える人と比べて、劣等感を覚えていませんか?
婚活のプロ・田井和男さんにシングルマザーへのアドバイスを伺いました。

関連:イクメンだと思っていませんか?“残念な夫”検定

結婚相談所みらい結婚コンシェル
マリッジカウンセラー 田井和男

シングルマザーだからこその魅力に気づいて

シングルマザーの方はすごく頑張っていらっしゃる方が多いです。
仕事をするにしても、独身の方以上に頑張ります。中には掛け持ちで仕事をしている方も。
それでいて、新しい出会いや、友人との交流にはどこか遠慮がち。


個人的に「バツイチ」という言葉は嫌いです。
離婚したことが悪いことであり、失敗だというイメージがあるからです。
「バツイチ」ということで、シングルマザーは劣等感を持ちがちで、それゆえについつい仕事を頑張りすぎて疲れてしまいがちなのです。

でも実は、婚活市場で、男性から見た場合、シングルマザーだからこその魅力があるのです。男性も人生で不安になることが多々あります。
特に最近の男性は、ぐいぐい引っ張っていく方は少数派。その分平和主義で、話し合って決めようという男性が増えてきました。
時には心の面で女性を頼りたいと思う男性も珍しくはありません。

シングルマザーは苦労を乗り越えていますから、ハートの強さ、経験値があります。男性からするととても心強く感じます。そして、子育てで培われた母性、優しさ、包容力があります。男性からすると、独身女性にはない魅力なのです。
癒されますし、たまには甘えることもできそうだと感じます。
(もちろん、女性からすると、ずっと甘えられたら大変ですが……)

男性は恋愛対象である「彼女」にはドキドキやトキメキを求め、結婚対象である「妻」には、安心や癒しを求める人が多くいます。彼女と妻に求めるものは違うと考えているのです。
結婚相手である、妻を探そうとしたときに、むしろシングルマザーとしての経験は魅力になるのです。

バツイチシングルマザーが幸せな再婚をするコツは?

日々マリッジカウンセラーとして、多くの女性のカウンセリングをしています。
もちろんシングルマザーの方もたくさんいらっしゃいます。

私のところにご相談にいらっしゃる方は、みなさん結婚願望のある方ばかり。
シングルマザーの場合は再婚したいという思いを持っていらっしゃる方です。とはいえ、シングルマザーの婚活の場合、色々な不安をお持ちの場合が多いです。

特に多いのは、新しいパートナーと子どもがうまくやれるか不安で、もしうまくいかなかったら申し訳がないという、お子様への罪悪感。
特に思春期で多感な時期のお子様の場合は、お子様に再婚すること自体反対されてということも。
また、前回の結婚でひどい目にあい、男性不信やトラウマになってしまっているケースもあります。でも、シングルマザーとして婚活し、幸せな結婚を手に入れた方もたくさんいらっしゃいます。
ここでは、幸せな再婚のための3つのコツをお伝えします。

1.自信を持つ
まず婚活には自信が大事です。
自分のことが大好きで、人も大好き、なんでもポジティブに捉えるマインドでいること。
そんな人がいたら、一緒にいて元気になるし癒されます。
「がんばらないといけない」と眉間にシワを寄せて、自分に厳しく生きていませんか?

そんな人と一緒にいると、人って疲れてしまいます。
まずは自分を褒める、自分に感謝する、そして「どうせうまくいくに決まってるもん」とポジティブな言葉を使う癖をつける。そうするだけであなたの魅力は何倍も輝いてきます。

2.お子様の存在を明確にする
そして、もう1つのコツは、ついつい婚活となると、お子様の気配を消そうとしてしまいます。これははっきりいって逆効果ですからやめてください。

最終的にはお子様と一緒に生活していくのですから、最初から、子育てを楽しんでいる自分自身をそのまま見せてください。なんなら一緒にデートしたっていいのです。

お子様がいることをポジティブに捉えてください。
「子どもと三人でデートなんて、初めてで楽しいでしょ?」くらい自信をもって良いのです。
時にはお子様が男性の心をつないでくれることだってあります。

3.愛すより愛される方を選ぶ
最後に大切なコツを。
シングルマザーに限りませんが、男性を選ぶときに、自分が愛せるかどうかという基準だけでパートナーを選ぶ人がいます。
でも女性にとって大事なのは愛されることです。子どもだって愛されるママを見ることが幸せなはずです。
だから、お相手を選ぶときは、愛したい人よりも、愛してくれるかどうかで選んでください。

関連:妄想炸裂!もし再婚するなら…。相手に求める3つの条件

生涯幸せな結婚であるためにとても重要なポイントです。
以上を意識していただければ、幸せな再婚は夢ではありません。
シングルマザーだからこその魅力に気づいて、自分を好きになって、幸せな再婚に挑戦してみてはいかがでしょうか?

■おすすめ記事
おすすめの赤ちゃんとの遊び方<PR>

赤ちゃん・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事