1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 「野菜と豚肉のレンジ蒸し」大人ごはん&幼児食 電子レンジで取り分けレシピ

「野菜と豚肉のレンジ蒸し」大人ごはん&幼児食 電子レンジで取り分けレシピ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


時間のないときでもラクに作れて、幅広くアレンジできる電子レンジレシピ。調理の手間がグンと省けて、献立のバリエも広がります。

電子レンジは少量の水分で短時間で加熱できるので、栄養素をあまり損なわずに調理できます。
そんな電子レンジの特徴を生かして、大人用から途中で取り分けて、簡単に子ども分が作れるレシピのなかから、今回は「野菜と豚肉のレンジ蒸し」をご紹介します。

※参考:「最新!幼児食 新百科」 第6章 賢く手間なしフリージング&電子レンジレシピ 電子レンジで取り分けレシピ #1

関連:「ツナの豆腐サンド」大人ごはん&幼児食 電子レンジで取り分けレシピ

取り分けレシピ注意点

レシピは、1歳代の子どもでも食べられるように工夫したものです。
2歳代以降は切り方や加熱時間、量を子どもの様子を見ながら調整しましょう。

子ども分を取り分けるときは、かみづらい食材は小さく切ったり、やわらかく加熱して。
幼児期は大人と同じ調理法では、咀嚼(そしゃく)や味覚の観点から無理があります。大人用より味つけは薄味で辛みなどは除いて、アレンジを。

野菜と豚肉のレンジ蒸し

切って並べてチンするだけ!でメインディッシュが出来上がり。

●大人1人分:174kcal
●このメニューで取れる栄養素:タンパク質・ビタミン類

【材料】(大人2人+子ども1人分)

豚ロース薄切り肉・・・5枚(100g)
キャベツ・・・2枚(100g)
にんじん・・・1/3本(50g)
パプリカ・・・1/2個(100g)
玉ねぎ・・・1/2個(75g)
塩・酒各少々 ポン酢しょうゆ・ごまだれ各適宜

【大人用メニュー:作り方】

(1) キャベツは食べやすい大きさに切り、にんじんは薄切り、玉ねぎと赤パプリカは1cm幅に切る。

(2) 耐熱容器に(1)を並べ、その上に豚ロース薄切り肉をかぶせるように置き、塩、酒をふる。
ふんわりとラップをかけて、600Wの電子レンジで約5分加熱し、器に盛る。

(3) ポン酢しょうゆとごまだれを添える。

【子ども用メニュー・アレンジレシピ1】コロコロ野菜丼


取り分けた具をごはんに混ぜるだけ。

●子ども1人分:127kcal
●このメニューで取れる栄養素:炭水化物・タンパク質・ビタミン類

【材料】(子ども1人分)

●大人用の作り方(2)から取り分けるものA
キャベツ(食べやすい大きさに切ったもの)・・・1/8枚分
にんじん(薄切り)・・・2切れ
玉ねぎ・赤パプリカ(1cm幅に切ったもの)・・・各2個
豚ロース薄切り肉・・・1/3枚分

●加えるもの
ごはん・・・60g

【作り方】

(1) Aのキャベツ、にんじん、玉ねぎ、赤パプリカは1cmサイズに切る。
豚ロース薄切り肉は、粗みじん切りにする。

(2) ごはんと(1)を混ぜる。

【子ども用メニュー・アレンジレシピ2】野菜と豚肉のレンジ蒸し


大人用を小さく切れば完成!

●大人1人分:40kcal
●このメニューで取れる栄養素:タンパク質・ビタミン類

【材料】(子ども1人分)

●大人用の作り方(2)から取り分けるものA
キャベツ(食べやすい大きさに切ったもの)・・・1/6枚分
にんじん(薄切り)・・・2切れ
玉ねぎ・赤パプリカ(1cm幅に切ったもの)・・・各3個
豚ロース薄切り肉・・・1/2枚分

●加えるもの
オレンジのしぼり汁・・・大さじ1

【作り方】

(1) Aのキャベツ、玉ねぎは細切りにする。赤パプリカは細切りにする。にんじんと豚ロース薄切り肉は2cm長さの短冊切りにする。

(2) オレンジのしぼり汁にしょうゆを加え、子ども用ポン酢を作る。

(3) 器に(1)を盛り、子ども用ポン酢を添える。

●このレシピは、子ども分を途中で取り分けることを前提に、分量を設定しています。
●電子レンジの加熱時間は、レシピに記載しているワット数での目安です。それ以外のワット数の場合の加熱時間は、メーカーにお問い合わせください。
●電子レンジで液体を加熱するとき、沸点に達していても沸騰しない場合がごくまれにあります。この状態の液体がちょっとした刺激で急激に沸騰を起こし、液体が激しく飛び散ることがあります。(=突沸現象)。やけどの原因になりますので、ご注意ください。
●電子レンジを使う際は、広口の耐熱容器に入れて水分を加え、ふんわりとラップをかけて加熱することを前提としています。
●レシピ内で使用している食材(主に加工食品)によっては、微量にアレルギーを引き起こす原材料が入っている場合があります。十分にご注意ください。
●食べられる食材・量には個人差があります。子どもの発達に合わせて、幼児食を進めましょう。
●初めての食材を与えるときは食物アレルギーに注意をして、ほかの食材とは混ぜずに単品でごく少量ずつ与えるのが基本です。
●本記事で記載している内容は、2019年4月現在の情報です。

関連:【幼児食】気になる子どもの好き嫌い、苦手なものを食べてもらうための一工夫

■監修・調理/赤堀博美先生(赤堀料理学園院長・管理栄養士)
■撮影/中川朋和(ミノワスタジオ)

▼参照:『最新!幼児食 新百科』

■おすすめ記事
0歳〜1歳の絵本選び そのコツを、専門家に聞いてみた

赤ちゃん・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事