Benesse

オンラインショップ

会員登録

  1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 赤ちゃんの病気・トラブル
  4. 「下痢便が白い!?」「おしりに腫瘍?」赤ちゃんのうんちを小児科医が解説

「下痢便が白い!?」「おしりに腫瘍?」赤ちゃんのうんちを小児科医が解説

赤ちゃんを産み、彼女の母親に頬を突いた
Akio Maeshima/gettyimages

うんちの様子がいつもと違うと来院した、1才6カ月の男の子と、そのお母さん。下痢のうんちの色が白いことから、ある病気を疑っている様子。そんなお母さんに、陽ちゃん先生は…?

赤ちゃんやママ・パパにいつもやさしく寄り添う陽ちゃん先生こと、小児科医の吉永陽一郎先生が、日々の診察室で起きた、印象深いできごとをつづります。先生は育児雑誌「ひよこクラブ」でも長年監修として活躍中です。「小児科医・陽ちゃん先生の診察室だより」#15

関連:「嘔吐下痢」と「ウイルス性胃腸炎」何が違うの?[小児科医・陽ちゃん先生の診察室だより]

【ケース1】白い下痢。これって病気?

ある日、来院したのは、1歳6カ月の男の子とそのお母さん。ちょっと心配な下痢をしたとのことです。

「熱はそんなにないのですが、うんちが下痢で、色も白くて…」

―ウイルス性の胃腸炎なんでしょうね。昔は“白色便性下痢症(はくしょくべんせいげりしょう)”と呼ばれたこともあったようですから。

「母子健康手帳に、うんちの色見本がありますよね。あれの2番目くらいなんです。白いうんちは“胆道閉鎖症(たんどうへいさしょう)”の可能性があると書いてあったので、心配で…」

―え?胆道閉鎖症?

お母さんがいう胆道閉鎖症とは、先天的な病気です。通常、肝臓で作られる胆汁が十二指腸に流れ込み、消化吸収の役割を果たすのですが、その通り道である胆道が生まれつき詰まってしまうのが、その原因。

特徴としては、便に濃い色がつかず、クリーム色から明るい黄色のうんちが出ます。というより、そんな色のうんちしか出ません。

このお母さんのように、うんちの色が心配な人は、一度母子健康手帳の色見本のページを見てみてください。

日によってうんちの色は少し変化すると思いますが、クリーム色から薄い黄色のうんちが多ければ、念のために小児科にうんちを診てもらいましょう。

とくに、生まれて数カ月の赤ちゃんで、色の薄いうんちをするようなら、診察を受けてみることが必要です。

しかし、今回の男の子の場合、普段はしっかり濃い色のうんちが出ていて、黄疸(おうだん)なく元気に成長したとのこと。

その場合、1歳になって下痢をしたときにうんちの色が白いからといって、胆道閉鎖症を心配する必要は、とりあえずありません。

―うんちの色見本は、医師に便の様子を伝えるには便利ですが、もう胆道閉鎖症の心配はしなくていいと思いますよ。

「そうなんですか。手術が必要とかネットで読んだので、心配になって…。安心しました」

この子は脱水の兆候もなく、その後、しだいに症状は改善していきました。

【ケース2】おしりに何かできている?

違う日に、2歳の女の子とそのお母さんが来院しました。お母さんが言うには「おしりに何かできている」とのこと。

「腫瘍か何かだと思って、心配で…」

―うん?

早速、全身を診察して、おしりを見てみました。確かに、肛門から何かゴリゴリ見えるかたまりが出ています。直径は、1㎝ほどでした。

「ね、先生。何かできているでしょ!?」

―ちょっと待ってくださいね。

なんだろうと思いながら、ピンセットでつまんで、そっと引っぱってみました。

すると、そのかたまりを頭にして、するりと抜けてきたのは“しめじ”。

―お母さん。しめじだよ。

お母さんは一瞬驚いたような顔をしましたが、すぐに両手で顔をおおいました。

「恥ずかしいー! もう心配で心配で、昨日は眠れなかったんです」

―よかったねえ。

女の子のほうは、ママの心配も知らん顔。診察が終わると、元気に待合室に走っていきました。

(構成/ひよこクラブ編集部)

関連:5才男児、胸の音はきれいなのに肺炎 原因は? 小児科医陽ちゃん先生

■監修・文:吉永陽一郎先生
(吉永小児科医院・院長)
国内初の子育て専門診療科である聖マリア病院母子総合医療センターの「育児療養科」科長などを経て、現職。

■おすすめ記事
赤ちゃんの皮膚の病気 水いぼ・伝染性軟属腫の症状とケア【医師監修】

赤ちゃん・育児

更新

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。