Benesse

オンラインショップ

会員登録

  1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 日記・マンガ
  4. わぐり
  5. 2歳の断乳レポ(前編):地獄の3日間の過ごし方[ハハのさけび #64]

2歳の断乳レポ(前編):地獄の3日間の過ごし方[ハハのさけび #64]

2歳の息子のお母さんをしています、わぐりです。「ハハのつぶやき」という子育てイラストをTwitterInstagramで描いています。
2年の不妊治療を経て子どもを授かり(連載「モヤサバ妊活」)、たくさんの発見があった妊娠期を経て(連載「妊婦のハッケン」)、出産した私(連載「ハハになった日」)。この連載「ハハのさけび」では、育児をする中での気持ちの変化や、母親になって変わった世の中の見方などを書いていきます。親という共通点を持つみなさんに、共感してもらえたら嬉しいです。

2歳の断乳レポ(前編):地獄の3日間の過ごし方[ハハのさけび #64]

息子が2歳の誕生日、ついに断乳しました!その一部始終を2回にわたってレポートします。

保育園に通い始めた1歳からずっと、朝(起きた時)・夕(帰宅時)・夜(寝る時添い乳)+α(夜中起きた時)に授乳していた我が家。2歳になったら断乳すると決めていたので、誕生日の1週間ぐらい前から、「2歳になったらお兄さんになるから、おっぱいやめようねー」と話していました。本人も「うん」と言っていましたが、本当にわかってるんだか・・・。

そして断乳当日。朝は、起きた時に思う存分飲ませました。これが最後かーと思ってしんみり。授乳の思い出(ハハになった日#6-#8参照)が走馬灯のように駆け巡ります。息子、大きくなったなあ。わたし、頑張ったなあ。おつかれさま。

その日の夜から、試練は始まりました。案の定、「ぱいぱいー!!」と泣いて怒り始める息子。「ここで屈したら断乳は失敗、絶対にあげないぞ!」という鉄の意志が試されます。服をめくって勝手に飲むようになっていたので、めくることのできないワンピース装備で挑みます。
夜寝るときは、添い乳の代わりに、誕生日プレゼントとして購入した、天井にプロジェクターで絵本を投影できるおもちゃを見せて気を紛らわせたり、夜中にお腹が空かないように、温めた牛乳をあげてみたり・・・

子どもも大変ですが、当然、私の胸も悲鳴をあげました。カチカチにはった胸は、怒った息子に蹴られると激痛が走ります。痛い胸をかばおうとして背中を丸めて過ごすので、肩と背中もとても痛い。母乳が漏れてきてしまう&冷やしたいというのもあり、タオルをさらしのように巻いて過ごしました。
3日目ぐらいまでは1日に1-2回、胸がはってつらいときに搾乳。湯船には入らないようにしたかったのと、子どもにおっぱいを忘れてもらうために、お風呂はババに頼みました。

地獄のような3日間をなんとか乗り越え、4日目ぐらいから少しずつ楽になってきました。胸もそこまではらなくなり、子どももあまり泣かなくなりました。たまに、「ぱいぱい」のことを思い出してるっぽい瞬間がありましたが、自分で我慢しているようでした・・・。

後編に続きます。

[わぐり]
2018年4月に息子を出産した35歳。
「ハハのつぶやき」Twitter(@ninputweet)Instagram(@ninputweet)で、妊娠中から現在の育児中までのイラストを、ほぼ毎日更新しています。

■新着マンガをお知らせ!たまひよONLINEインスタグラム(@tamahiyo_online)

■おすすめ記事
もう母乳?1日中、授乳している感覚でストレス…解決法は

赤ちゃん・育児

更新

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。