Benesse

オンラインショップ

会員登録

  1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 日記・マンガ
  4. 夫婦のじかん大貫さん
  5. 怪奇!パパに寝かしつけを任せていたら…[夫婦のじかん大貫さんのママ芸人日記#73]

怪奇!パパに寝かしつけを任せていたら…[夫婦のじかん大貫さんのママ芸人日記#73]

2018年3月に男の子を出産した、お笑いコンビ「夫婦のじかん」の大貫さん。イラストレーター兼漫画家としても活躍中です。よしもと芸人・イラスト業・ママと毎日大忙しの大貫さんによるコラム連載「ママ芸人日記」、今日も始まります!

夫婦のじかん大貫さんの「ママ芸人日記」 今までのお話はこちら

【第73回】怪奇!パパに寝かしつけを任せていたら…

息子は、1歳半~2歳のはじめの頃までは、頑なに私とではないと寝ませんでした。
パパと寝るのは嫌!と、泣いて嫌がったりと、とにかくママとしか寝ない!の一点張り。

しかし、仕事の都合でどうしても私が寝かしつけられないこともあり、旦那も頑張って寝かしつけてくれるようになりました。
最初の頃はそれでも嫌がっていた息子ですが、あるときを境に、旦那とも寝てくれるようになったのです。

そのきっかけは、「おはなし」でした。

旦那は寝かしつけの際、いろいろな昔話を息子に聞かせ、息子も興味津々のようです。
しかし、おはなしを聞いているとだんだんと眠くなってきて、途中で「しー!」と突然話を遮り、スッと寝てしまうらしいのです。

私と一緒だと、遊びたがってしまい、なかなか寝ない息子。
確かにパパと一緒に寝ると結構すんなりと寝てくれており、「おはなし」の効果をかなり感じております。

とは言え、私の「おはなし」ではやはり遊んでしまったりするので、男の人の声で聴く「おはなし」というのが、より眠くなる作用があるのかもしれません。

ある日、どんなおはなしをしているのか気になった私は、寝室に近づき、聞き耳を立ててみました。

すると……


「オラ、山さ行って山菜とってくる」


という声が聞こえてきました……。


え!? 何の話??

その後も、「和尚さん」やら「お札」やら、あまりメジャーな昔話では耳にしないような用語ばかり聞こえてきました。

寝かしつけが終わった旦那に何のおはなしをしていたのか聞いてみると、「三枚のお札」という答えが返ってきました。

「三枚のお札」…聞いたことがあるような無いような……旦那にとってはかなりメジャーな昔話らしいのですが、私はあまり記憶にはありませんでした。
その他にも、「ぶんぶく茶釜」や「傘地蔵」など、聞いたことはあるけど、話の中身がわからないような昔話ばかりで寝かしつけをしていました。
私が寝かしつけでする昔話と言ったら、「桃太郎」や「浦島太郎」もしくは「シンデレラ」や「白雪姫」など、王道中の王道の話だと思います。
どう頑張って頭の中の引き出しを探してみても、「三枚のお札」という選択肢は出てきません…。


旦那が意外とたくさんの昔話の知識があるという事実を子育てを通して知ることができ、育児の奥深さをまたもや痛感した出来事でした…。

夫婦のじかん大貫さん プロフィール



吉本興業所属/夫婦お笑いコンビ「夫婦のじかん」の嫁担当。イラストレーターとしても活動中。相方は元・トンファー山西章博。息子(2018.3生)と夫との3人暮らし。2019年3月にコミックエッセイ「母ハハハ!」(PARCO出版)を発売。

・「夫婦のじかん」YouTubeチャンネル

■おすすめ記事
今日の不安もいつかは思い出♪ママも一緒に育っていく絵日記に思わずほろり

赤ちゃん・育児

更新

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。