SHOP

会員登録

  1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 赤ちゃんのお世話
  4. 寝かしつけ
  5. 赤ちゃんのねんねトレーニング「タイムメソッド」って? 米国IPHI公認・乳幼児睡眠コンサルタント

赤ちゃんのねんねトレーニング「タイムメソッド」って? 米国IPHI公認・乳幼児睡眠コンサルタント

あくびと美しい睡眠は赤ちゃん幼児ベッドの上です。肖像画
Yuricazac/gettyimages

今回は赤ちゃんが1人で寝られるようになる、もう1つのセルフねんねトレーニング「タイムメソッド」について。日本人初の米国IPHI公認・乳幼児睡眠コンサルタントの愛波文さんが、赤ちゃんや子どもの睡眠について米国NYから情報を発信! 「愛波文さんのぐっすりねんねROOM#19」。

ねんねトレーニングフェイドアウトメソッドって?

前回ではセルフねんねトレーニングの「フェイドアウトメソッド」(#18 赤ちゃんのセルフねんねトレーニングって?
)をご紹介しましたが、今回はもう一つのセルフねんねトレーニングのメソッド「タイムメソッド」についてです。




まず、今現在、ママ・パパが赤ちゃんの寝かしつけ(添い寝・抱っこ寝・体をトントンするなどの方法)に悩んでいない場合、このセルフねんねトレーニングはしなくてOK。今、何も問題がなく、ハッピーな場合は今の寝かしつけを続けて大丈夫ですよ。セルフねんねトレーニングは、必ず行わないといけないものではないんです。

この「タイムメソッド」にトライするときも、やはり大切なことは連載2回目でお伝えした睡眠の土台が整っていること。睡眠環境が安全で整っている、昼寝が十分にとれている、さらに、親の幸福度も大切なポイントになります。
睡眠の土台が整っていないと、泣きが激しくなってしまったり、一貫性をもって続けることができなかったりと、セルフねんねトレーニングを行ってもなかなかうまくいかず、断念してしまうケースを私はいくつも見てきました。

赤ちゃんを寝床に置いたあと、部屋に入る&あやしに行く時間を決めて行動する トレーニング

「タイムメソッド」は、まず、赤ちゃんがまだ寝入っていない、目が覚めた状態でベビーベッドや布団に寝かせることがポイント。
その後、ママやパパは部屋を出ます。赤ちゃんが泣いても、すぐに部屋に入らず、下記の表内の待機時間を守ることが大切。
1週間かけて、部屋に入るまでの時間をだんだんと空けていき、赤ちゃんがひとりで寝られるようにトレーニングしていくのです。

泣きタイムの目安

待機時間を計るのは泣いているときだけ。「あー」「うー」といった声やおしゃべりは泣きには含まれません。
入室時間が来たけれど泣きが治まったり、継続的に泣いていない場合は、入室せずに様子を見ましょう。
部屋の中の様子が見られるベビーモニターがあると便利かもしれません。

添い寝をしている場合と、添い寝をしていない場合、基本の方法は同じです。以下、それぞれ紹介しますね。

【添い寝をしていない場合】の方法。 寝かせたあと、30秒以内に部屋を出て

添い寝をしていない場合の具体的なかかわり方を紹介します。

1 毎日一貫性をもって同じ寝かしつけルーティンを行います。

2 「ねんねの時間だよ、大好きだよ、おやすみ」と語りかけてから、ベビーベッド、または囲い(ゲート)がある布団の上に赤ちゃんを寝かせて、30秒以内に部屋を出ます。

3 赤ちゃんが激しく泣いている場合(1回目の泣きタイム)は、部屋を出てから3分計ります。

3分たっても激しく泣き続けている場合のみ部屋に入り、1分以内に声かけをして再度部屋から出ます。
赤ちゃんとの触れ合いは最小限にしたいのですが、必要な場合は体をトントンしてもOK。「大丈夫だよ、ママ・パパは外にいるからね」と、同じ一文をおまじないのように繰り返し、1分以内に部屋を出ます。

ただし、入室時にそれまで以上に泣く場合は、親の存在が刺激になっている可能性があるので、30秒で退室しましょう。
 
4 退室しても激しく泣いている場合(2回目の泣きタイム)、5分計ります。

5 5分たっても激しく泣き続けている場合のみ、再度部屋に入り、声かけや体をトントンして1分以内に退室。そして次に泣いた場合(3回目の泣きタイム)は8分計って同じように繰り返し、寝るまで8分間隔を保ちます。

6 トレーニング日数に応じて、表の時間待機します。ただ、激しく泣いている場合のみ、入室→退室→待機を繰り返しましょう。

【夜中、起きて泣いたとき】
2~3分は何もせずに様子を見ます、泣きやまない場合は、「大丈夫だよ、ママ・パパは外にいるからね」とおまじないの言葉を伝え、その後退室します。
部屋を出た後は、その日の1回目の待機時間(たとえば、1日目の場合は3分)を計り、待機時間を経過しても泣き続けている場合のみ部屋に入り、再び寝つくまで、最初の寝かしつけと同じ動きをしましょう。
夜中に何度も起きる場合も、朝起きる時間になるまで繰り返し行いましょう。

この連載の6回目「「夜泣き」にまずするべきこと 米国IPHII公認・乳幼児睡眠コンサルタントに聞く」も参考にしてください。

添い寝をしている場合も、基本は 添い寝をしていない場合と同じ

添い寝をしていても、赤ちゃんがひとりで寝つき、朝まで夜通し寝るようにすることは不可能ではありません。
ただ、夜通し寝るようになるまでの期間は、添い寝をしない方(親子別室/同室で寝ていても親子で違う布団やベッドで寝るなど)が、早く効果が出ます。

また高さのあるベッドで添い寝をしている場合、睡眠の土台の中の「睡眠環境」がきちんと整っていません。まず寝床の安全性を確保し、睡眠環境を整えましょう。

添い寝をしている場合の具体的な方法は、下記をチェック!

1 上記の“添い寝をしていない場合の方法”①~⑥と同じ方法で進めましょう。

2 ママ・パパは、赤ちゃんが完全に寝ついた後に、ベッドや布団に入ります。そのとき、できるだけ、赤ちゃんに触れないようにすることがポイントです。

【夜中起きて泣いたとき】
夜中に起きた場合、まず、親は何も反応せずに様子をみましょう。
泣きに対して反応するのは、その日の1回目の待機時間(1日目なら3分)経過後に。
もしくっついてきたり、親の上にのっかってくる場合は、一度部屋を出て、その日の1回目の待機時間を計り、泣き続けている場合のみ入室しましょう。
そのあとは、再び寝つくまで、寝かしつけと同じ動きをしてください。
夜中に何度も起きる場合も、朝起きる時間になるまで繰り返し行いましょう。

泣きが激しく、入室するか迷ったときはどうする?

添い寝をしている場合も、添い寝をしていない場合も、入室すべきか迷うときが必ず出てきます。

私も実際セルフねんねトレーニングを教えていたときに悩みました。そういうときには、「入室したら今より泣いてしまうだろうか?」と自分に問いかけ、もし泣くと思ったら入らないようにしましょう。

その後、赤ちゃんの泣きが激しくなり、その状況が1分間続いたら、入室を。1分以内に退室をし、次の待機時間を計ります。

ママ・パパの間でその判断にもめる場合もよくありますが、その時は入るのが正解。繰り返すうちに、入るべきか否かをわかってきます。

もし「タイムメソッド」にトライしても、寝かしつけがうまくいかない場合、前回紹介した「フェイドアウトメソッド」を試してみるといいでしょう。
“睡眠の土台”さえ整っていれば、どちらかの方法で、赤ちゃんはセルフねんねができるようになります。赤ちゃんの睡眠トラブルが改善し、ママ・パパも気持ちに余裕が生まれるはずです。まずは1週間、続けてみてくださいね。

文・監修/愛波 文さん 構成/ひよこクラブ編集部


愛波 文さん(あいばあや)
Profile
乳幼児の睡眠コンサルタント 『ママと赤ちゃんのぐっすり本』(講談社)著者。『ママにいいこと大全』(主婦の友社)監修。 日本人初 乳幼児の睡眠コンサルタント。APSCアジア/インド代表。IPHI日本代表。Sleeping SmartJapan株式会社代表取締役社長。Sleeping Smart Consulting LLC代表。慶應義塾大学卒業。2012年に長男出産。夜泣きや子育てに悩んだことから乳幼児の睡眠科学の勉強をはじめ、米国IPHI公認資格(国際認定資格)を日本人で初めて取得。2015年に次男を出産。現在、2人の男の子の子育てをしながら、企業やイベント講演、子どもの睡眠に悩む保育者のコンサルティング、日本人向けに睡眠を専門とするSleeping Smart®子育てサロンと睡眠・育児について配信を行うぐっすりLIVEを運営。IPHIと提携し、オンラインで妊婦と乳幼児の睡眠コンサルタント資格取得講座の講師も務めている。

■Instagram:aya_aiba

■Twitter:@sleepingsmartJP

■Home Page:公式サイト

■YOUTUBE:ママと赤ちゃんのぐっすり本 愛波文チャンネル

※写真はイメージです

■おすすめ記事
ママがいないときどうする? パパの寝かしつけ必勝法

赤ちゃん・育児

更新

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。