SHOP

たまひよ会員

  1. トップ
  2. 妊娠・出産
  3. 出産
  4. 出産はママも赤ちゃんも命がけ?! 奇跡が重なって生きている証を実感【体験談】

出産はママも赤ちゃんも命がけ?! 奇跡が重なって生きている証を実感【体験談】

更新

男児3人を育てるママライター、‟mikoどうぶつえん”です。私が第3子を妊娠したのは、34歳の時でした。そのころ我が家は新居が決まり、引っ越し準備の真っ最中。第3子も上の子たちのように順調に生まれるものだと思っていましたが、まさかの「常位胎盤早期剥離(じょういたいばんそうきはくり)」に…。
出産は命がけなのだと、私は3人目で思い知ることになったのです。

「生まれそうな予感」は的中! 周囲を急かしていざ出陣

私に陣痛が来たのは、予定日より16日前の深夜のことでした。妊婦の直感というのは不思議なもので、私は生まれそうな予感がしていたのです。

産後は実家にお世話になることが決まっており、「まだ早いよ」とのんびり構える親に、準備してほしいと急かしていた矢先のことでした。上の子たちを両親にまかせて、夫と産院へ向かいました。

急な出血! 赤ちゃんの心拍低下! 正念場は突然に

夜中に産院に到着し入院したものの、微弱陣痛のまま一晩が過ぎました。しかし、目が覚めてトイレに行くと、レバーのような大きなかたまりが! 慌ててナースコールをし、そこからはドラマのような緊迫した展開になりました。

ずらりと並んだ看護師と助産師、そして医師。長男のときからお世話になっているはずなのに、いつもとまったく違う様子が伝わってきました。分娩台に移り、バタバタと準備が進むなか、赤ちゃんの心拍が50まで下がってしまいました。

あわや緊急帝王切開かと思った次の瞬間、奇跡的に心拍が戻ってくれたのです。子宮口も開いていたので、そこからするすると出てきてくれました。トイレでの出血から生まれるまで約30分。短いけれど、私にはとても長く感じた時間でした。

間一髪の出産劇! 『あと5分遅かったら危なかった・・・・・・』

「無事に出てきた!」と、感動したのもつかの間。赤ちゃんは顔面蒼白で泣きません。「泣いて、泣いて…、泣いて!! 」心の中で何度も叫んでいました。

しばらくして、かすかに聞こえた赤ちゃんのか細い産声に、ホッとしたのを覚えています。後で先生から「あと5分遅かったら危なかった。間一髪だった」と聞かされて驚きました。

一方の私は、弛緩出血(しかんしゅっけつ)で大量出血を起こしていました。

壮絶な出産体験! 産後ダメージは心と体に支障をきたし・・・

こうして、ベテラン医師や産院のスタッフのおかげで、赤ちゃんは無事に生まれました。しかし、これまでの出産と桁違いの出血量だったため、私のダメージは重過ぎました。

顔は青白く、体が思い通りにならない自分に苛立ち、自然と涙がこぼれていました。家に引きこもり、ついには家族以外の人と会うのを怖いと感じる『うつ』の症状に。

ストレスから帯状疱疹(たいじょうほうしん)も患い、心だけでなく体にも異常が現れてしまったのです。それでもなんとか、通院治療で帯状疱疹が治まったころ、徐々に体調も回復。さらに出産から4ヶ月を経て、ようやくうつ状態からも回復できました。

私が第3子の出産で経験したのは、「常位胎盤早期剥離(じょういたいばんそうきはくり)」という疾患でした。母子ともに命の危険をともない、赤ちゃんの死亡率は高く、母体死亡率も決して低くはないそうです。

そんな危険な状態を乗り越え、赤ちゃんは奇跡的に生まれてきてくれました。赤ちゃんの生命力の強さに驚くとともに、感謝の気持ちでいっぱいです。

[mikoどうぶつえん*プロフィール]
病院の調剤補助業務をするかたわら、在宅でママライターを始めました。夫とまじめな長男、ひょうきんな次男、わがままでかわいい3男の5人家族。毎日が動物園のように賑やかです。パン教室通いが目下の楽しみ。

※この記事は個人の体験記です。記事に掲載の画像はイメージです。

イラスト:POLI_portlab

■おすすめ記事
【パパ育児のススメ】ママへの思いやりと赤ちゃんの成長を楽しむことがカギ!

妊娠・出産の人気記事ランキング

関連記事

妊娠・出産の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。