SHOP

会員登録

  1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 赤ちゃんの病気・トラブル
  4. たかが虫刺され、でも虫によっては命にかかわることも!【小児科医が解説】

たかが虫刺され、でも虫によっては命にかかわることも!【小児科医が解説】

アトピー性皮膚炎に苦しむ幼児の女の子は、画像をクローズアップ。赤くてかゆい肌。子供の腕の湿疹。
triocean/gettyimages

保育園や公園での外遊び中に、たくさん虫に刺されてしまったという男の子。虫に刺されたときの対処法や、虫よけ薬の選び方など、お母さんの疑問に陽ちゃん先生はやさしく答えます。
赤ちゃん、ママやパパにいつもやさしく寄り添う陽ちゃん先生こと、小児科医の吉永陽一郎先生が、日々の診察室で起きた、印象深いできごとをつづります。先生は育児雑誌「ひよこクラブ」でも長年監修として活躍中です。「小児科医・陽ちゃん先生の診察室だより」#31

虫に刺されてしまったら、まずはきれいに洗うことが大切!

その日来院したのは、保育園に通っている男の子。腕や太もも、おでこにも虫に刺された跡があります。

「保育園に行っても、公園に行っても、うちの子はいっぱい刺されて帰ってくるんです」

――今の季節、虫刺されで受診するお子さんは多いですね。

「家族みんなが刺されても、この子だけひどく腫れ上がるんですよね。同じ虫だと思うんですが、どうしてなんでしょうか」

――虫刺されは、小さいお子さんほどひどくなりますよ。

「やっぱりそうなんですか?」

――何度も刺されるうちに抵抗力がついて、あまりひどくならなくなりますね。逆に、反応力がついてしまって、ハチやムカデでアレルギーを起こすこともありますが。

そう話しているそばで、その子はぼりぼりとあちこちをかいています。

「薬局で虫刺されの薬を買ったのですが、効かないみたいで」

――そうですか。結構腫(は)れてますものね。

「虫に刺された場合、どうしたらいいでしょうか」

――まずは、きれいに洗いましょう。石けんを使ったほうがいいですね。

「え?洗うんですか?」

――汗で症状が強くなることもありますし、虫によっては針が残っていることもあるので、まずは洗いましょう。そのあと、少し冷やします。冷やしたほうが、かゆみが治まり、かくのも減るかもしれません。

「薬はどんなものを塗ればいいんですか?」

――抗ヒスタミン薬や、ステロイド入りの軟こうを塗ります。

「ステロイドって、なんだか使うのが心配です…」

――肌の狭い面積に短期間ですから、心配いらないと思いますよ。単なる虫刺されでも、頻繁にかいているとかき壊してしまい、そこに菌が入ってとびひの原因になることがあります。かゆみを抑えることは大切です。

たかが虫刺され、でも虫によっては命にかかわることも!

「でも、虫さされで死ぬことはありませんものね」

――いえいえ、あまりにかゆみがひどいときには飲み薬を使うこともありますし、ハチなどは、息苦しくなったり、めまいが起きたり、いわゆるアナフィラキシーを起こしたりすることもありますから軽く考えられません。

蚊は多くの場所で見られますが、まれにアレルギーを持っている人がいます。また、デング熱や日本脳炎を運ぶこともわかっており、刺されないに越したことはありません。

ブヨは、山林にいることが多く、都会の大人も、慣れていない人が多く、刺された跡がひどくなりやすいものです。

ハチは8月をメインに春から秋まで活動します。刺されると痛いだけでなく、アナフィラキシーの原因にもなるので要注意です。

ノミはペット、ダニは家の布団などがすみかになります。ペットのシャンプーなどで駆除すること。布団を干したり、掃除機をかけたりすることを心がけます。

「危険な虫も意外と身近にいるんですね…。でも、外でも遊ばせてあげたいし…。外遊びするときは、どんなことに気をつけたらいいでしょうか?」

――熱中症には気をつけないといけませんが、自然の中に入るときには、生地は薄くてもいいので、長袖長ズボンがいいでしょうね。色は白っぽいものがいいです。また、サンダルではなく靴と靴下で、足もともしっかり守りましょう。

「最近は、虫よけグッズもいろいろなものが売られていますよね」

――薬をしみこませたリストバンドやシールですか?1個使っただけで全身を守ってくれるのかどうか、効果はよくわかりませんね。

「虫よけの塗り薬はどうですか?」

――虫よけの薬には、ディートという成分と、イカリジンという成分のものがあります。ディートは6カ月未満には使えませんし、回数にも決まりがあります。虫よけを買うときは、イカリジンが入ったものを使うといいでしょう。

「わかりました。いろいろ調べて勉強してみます」

そう言って診察室を出ようとされたお母さんに、最後に声をかけました。

――お子さんが虫刺されの跡をかいてしまっても大丈夫なように、つめを切っておいてくださいね。

監修/【小児科医】吉永陽一郎 先生

構成/ひよこクラブ編集部  

■おすすめ記事
赤ちゃんの眼の病気 麦粒腫・ものもらいの症状とケア【医師監修】

赤ちゃん・育児

更新

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。