1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. 「仕事以外でも子どもを預けるのは普通」山田ローラさんの日米子育てリポート

「仕事以外でも子どもを預けるのは普通」山田ローラさんの日米子育てリポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


2015年にラグビー日本代表の山田章仁選手と結婚、2016年9月に男の子と女の子の双子を出産したモデルの山田ローラさん。日米のハーフでご実家がアメリカにあります。そんなローラさんが、アメリカの子育て事情や、日米の育児の違いなどをリポート。今回は、保育園やベビーシッターなどの利用状況やママ・パパの意識の違いについてです。

■前回のリポートはこちら→「おしゃぶり使用率が高いアメリカ」山田ローラさんの日米子育てリポート

アメリカでも、共働き家庭は子どもの預け先探しに必死!?

アメリカは日本と違い、非常に育児休業期間が短いです。平均で12週間で、ほとんどが無給。男性の育児休業制度も限られていて、あっても2週間程度です。なので、ママやパパは出産予定日が近くなると、産後の赤ちゃんの預け先を探すのに必死になります。共働きが多いのですが里帰り出産は珍しく、夫婦で頑張る家庭が多いです。だから、ベビーシッターやナニーサービス(自宅に来て子どもの面倒を見てくれるサービス)、保育園に預けることは珍しくありません。

仕事へ復帰するとき、アメリカのママには選択肢として、日本にもよくある一般的な保育園があります。大勢の子どもを年齢別にクラス分けをして、保育士が見る施設です。ほかには、一般的な保育園ではなく、個人で経営している保育園(自宅で子どもを数人預かってくれるデイケアサービス)も。私の両親は弟が小さいころにデイケアを利用していて、近所の家で弟を預かってもらいながら、学校の送り迎えもしてもらっていました。

ナニーサービスは、ほかの子どもがいないので1対1でケアをしてくれます。私の知り合いの双子ママはインターネットを通じてナニーを募集し、インタビュー(面接)をしてから家族に最適なナニーを採用したとのことです。

子どもを預けて、大人の時間をつくることを病院でも推奨

小さいころから親と離れるのが特別なことではない風潮があるため、仕事以外でも子どもを預けることは珍しくないです。アメリカでは最近、産後うつなどを回避するためにも大人の時間を積極的に取ることを、病院などでもすすめられます。

なので、夫婦でデートをするときやリフレッシュで買い物に行くときなどは、子どもをベビーシッターに預けます。私自身も、高校生のときにはおこづかい稼ぎとして近所の子どもたちのシッターをしていました。たいていは夕方に2~3時間ほど、子どもたちと遊んだり、宿題を手伝ったり、映画を観たりしていました。

スポーツジムの託児所に双子を預けてリフレッシュ!

最近では、スポーツジムにも託児所(ナーサリー)がついていて、気楽に運動もできるようになりました。私が通っているジムは、1人500円ほどで2時間は双子を見てくれます。アメリカと日本を行ったり来たりの生活で、なかなか保育園に入れない状況の中、この託児所のおかげで、双子もほかの子どもたちと触れ合える機会が多くなりました。

託児所には6ヶ月から10歳くらいまで幅広い年齢の子どもがいるので、大きい子たちが小さい子の面倒を見てくれたり、遊んでくれたりしていて、とてもいい環境です。チェックインする際にジムのどこにいるかだけを記入すれば、何かあったときにすぐに呼びに来てくれるので、子どもをあまり預けたことがなく、なかなか子離れできない私でも安心して預けられます。そして子どもに邪魔されずに運動もできるなんて、一石二鳥!

アメリカだと、赤ちゃんもソーシャライズ(ほかの人と触れ合うこと)が必要だと考えられているので、このように気楽に子どもを預けられるシステムが豊富です。双子とずっと一緒にいるとうまく息抜きができないので、ベビーシッターやナーサリーにはとても助けられています。

関連:業界最安値!「キッズライン」のシッターサービスって?

保育園だけでなく、子どもを預ける施設やサービスが充実しているアメリカ。保育園の待機児童が問題になっている日本でも最近はさまざまなタイプの託児施設ができてきていますが、今後、もっと増えていくといいですね。また、日本では子どもを預けて大人だけで出かけると、批判の目を向ける人もまだ少なくありません。ママやパパが引け目を感じずに子どもを預けて、思いっきりリフレッシュできるような社会になったらいいですよね。(取材・ひよこクラブ編集部)

Profile●山田ローラ
1988年9月23日生まれ。アメリカで大学卒業後、日本でモデルデビュー。2015年3月にラグビー日本代表の山田章仁選手と結婚。2016年9月に双子のブライス・光一郎くんとグレース・桜子ちゃんを出産。LINE BLOG:山田ローラオフィシャルブログ
Instagram:@lauraelinas

■おすすめ記事
シングルになって、「ま、いっか」が増えました。 小倉優子さんの息抜き育児Styleは?

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

新着記事

新着記事をもっと見る

赤ちゃんの子育て・育児の人気記事ランキング

関連記事