1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. ”抱っこで甘えん坊に!?” しつけにまつわるネットの「噂」その真偽は?

”抱っこで甘えん坊に!?” しつけにまつわるネットの「噂」その真偽は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Briagin/gettyimages

ネットでよく見かける、赤ちゃんのしつけや生活習慣についての「うわさ」はどこまで本当のことなんでしょう? 気になる内容をピックアップして、乳幼児の心理に詳しい臨床心理士の帆足暁子先生に聞きました。

関連:赤ちゃんの前でスマホを使うのはOK?NG?

0才からのしつけは必要なの?

まだ言葉がわかっていない0才代の赤ちゃんに、しつけをしてもしかたがないという話があったり、言っているうちにわかるようになるという話もあったり・・・いったい、どうするのがいいのでしょうか?

0才のうちは親子の愛着関係を築くことから始めて

「しつけとは、社会の中で生活するためのマナーやルールを身につけさせること。0才からしつけは始まっています。ママがお手本を見せたり、授乳のときに『たくさん飲んでくれてありがとう』などと声をかけたりしましょう。

しつけの基盤となるのが、親子の愛着関係。『大好きなママやパパの期待にこたえたい』という気持ちが育つと、しつけがラクになります。1才代前半までは、ママをたたくなど痛いことをしたら、『痛いよ』、1才代後半からは『痛いからやめてね』などとわかりやすく短い言葉で、繰り返し伝えましょう」(帆足先生・以下同)

欧米式の1人で寝かせる「ネントレ」は赤ちゃんの自立を促す?

近年、ネットの育児情報やブログなどでもよく取り上げられる「欧米式のネントレ」。自立心が育つという見解や体験談がある一方で、日本人の生活様式には合わないという意見も見かけたりしますが・・・。

1人で寝かせることは、自立とイコールではありません

「親子関係よりも夫婦関係が中心で、子どもと寝室を分けるのが一般的な欧米と違って、日本は寝室が一緒の添い寝文化。赤ちゃんがなかなか眠りにつかなかったり、寝かせてもすぐに起きて泣いてしまったりすると、ママ・パパは大変ですね。

でも、『泣く』こと自体が、赤ちゃんからのSOS。泣いたときに言葉をかけたり、お世話をしたりすることで、赤ちゃんに『泣いたらママ・パパが必ず来てくれる』という安心感を与え、結果として子どもの自立につながっていきます。ママ・パパとの愛着関係が築けていれば、安心して自立しますので、自立のためにネントレする必要はありません」

抱っこしすぎると甘えん坊になる?

「うちの子、抱っこばっかりしてたから甘えん坊で・・・」というママの声をよく見かけます。本当のような気もするし、違うような気も・・・どうなんでしょう?

甘えん坊になることはありません

「脳研究によれば、抱っこをするとオキシトシンホルモンが親子共に分泌されるので、穏やかな気持ち、安心感が生まれることがわかっています。赤ちゃんが求めたら、いつでも抱っこしてあげてください。甘えん坊になることはありません。

抱っこができないときは、声をかけたり、ちょっと触れてあげたりすると安心するでしょう。また、抱っこは大人の都合ではなく、赤ちゃんが求めてきたらするのが基本。赤ちゃんが歩きたがったら、なるべく歩かせてあげましょう」

ネットなどで見かける話は間違っている!と決めつけることはできませんが、いろいろなものがあるので、正しい情報ばかりではないといえそうです。振り回されないように気をつけたいですね。(取材・文/ひよこクラブ編集部)

■監修:帆足暁子先生
ほあしこどもクリニック副院長。保育士資格・幼稚園教諭Ⅰ級免許を持つ臨床心理士。クリニックで育児や心理相談に応じる一方、保育者の養成にも携わられています。

■参考:『ひよこクラブ』2018年3月号「ネットの育児情報 掘り下げ解説『これってどうなの?』に答えます! 」

■おすすめ記事
1歳からの英語は早すぎない?日本語への影響は?など気になる疑問にお答えします!

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る

赤ちゃんの子育て・育児の人気記事ランキング

関連記事