1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 懐かしい仲間が集う! 初恋の人に再会! “同窓会あるある”

懐かしい仲間が集う! 初恋の人に再会! “同窓会あるある”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

monkeybusinessimages/gettyimages

3月16日は「同窓会の日」

同窓会支援サイト「この指とまれ!」を運営する「ゆびとま」が、懐かしい再会と感動の場である同窓会により多くの人に参加してもらうことを目的に「同窓会の日」を制定しました。
「この指とまれ!」は、大学から小学校まで世界中の約6万校を網羅して、昔の仲間や恩師との心温まる交流を支援する自主参加型の会員制コミュニティサイトです。
自分の出身校の同期会や同窓会に参加して、懐かしい同窓生や先生方との親交をあたためたり、先輩・後輩との交流を深めてみるのもいいですね。

こちらもおすすめ→ 今だから話せる!?「私が成人式を欠席した理由」

同窓会で見かけたこんな人、あんな人

学生時代の懐かしい顔ぶれに会うのっていいものですよね。
一瞬で学生の頃に戻った気分になって、昔話に花を咲かせたり、近況報告をしたり。
そんな同窓会では、ちょっとした事件もあったり、衝撃があったり。
そこで、口コミサイト『ウィメンズパーク』の同窓会スレから“同窓会あるある”をピックアップ!

こちらもおすすめ→ 落ち着く場所ではあるけど…「地元」に戻りたい?出ていきたい?


「同窓会前日、女子はみんなフェイスパックをする」

「同窓会にパーティドレス風のひらひらで来る気合い充分な女子、いる~~!」

「体重が増えたのに、そのお陰で顔に張りがあるため変わらないね!と言われる。でも、上から目線」

「富裕層な主婦は、悔しいかなやっぱりキレイ。エステでお金をかけてるだけある」


老けたと思われたくないのが女心。男子の目より、女性の目を意識しますよね。

「初恋の人が全く見当たらず。誰やのこのハゲは?」

「昔は、けっこうイケメンと言われてモテていた人にガッカリ…」

「昔は冴えない根暗男が、さわやかにあか抜けて、ジェントルマンになっていた」

「いじめっ子で嫌いだった男子が優しく立派になって惚れ直す」


劣化は否めません。特に男子は頭頂部がキモに。
逆に、マイナスの印象だった男子は、ポイントが高くなりますよね。

「独身同士をくっつけようとする同級生。そして、予想通りに結婚しちゃう」

「同窓会を機に不倫をはじめるカップル」

「50過ぎると、熟年離婚組がかなりいる」


熟年離婚同士の出会いの場としてなら同窓会もぜひ活用すべきですかね。 でも、不倫はノンノン!ですよ。
(文・井上裕紀子)

■関連:夢なら許される? ママたちの恋の逃避行

■文中のコメントは口コミサイト『ウィメンズパーク』の投稿を再編集したものです。

■おすすめ記事
時短だけど、手抜きに見えない…!ママたちのメイク事情を調査♪

赤ちゃん・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事