1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 離乳食
  4. 離乳食5,6ヶ月
  5. 離乳食の定番テク「とろみづけ」をマスター♪ きほんの離乳食

離乳食の定番テク「とろみづけ」をマスター♪ きほんの離乳食

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

調理をする前に必ずお読みください

離乳食で、とろみづけは定番テクのひとつです。
もっとも一般的な水溶き片栗粉を使う方法をご紹介します。

離乳食の食感がボソボソした仕上がりだったり、逆にサラサラと水っぽい状態だと、赤ちゃんがうまく飲み込めない場合があります。
そんなときは、水溶き片栗粉でとろみをつけてみましょう。

いつから?進め方は?初期から完了期まで 食材・レシピも動画で分かる きほんの離乳食

水溶き片栗粉でとろみをつける方法

まず、小さめのボウルなどに片栗粉と水を1:3の割合で混ぜて、水溶き片栗粉を作ります。
片栗粉は沈殿しやすいので、離乳食に入れる直前にもう一度、よくかき混ぜてから少しずつ回し入れましょう。
鍋で作る場合は、水溶き片栗粉を加えた後、全体をよく混ぜながら加熱し、ひと煮立ちさせてとろみがついたら火を止めます。電子レンジで加熱する場合は、水溶き片栗粉を加えてからよく混ぜ、ふんわりとラップをかけて、加熱時間は様子を見ながら調整します。
取り出して都度かき混ぜ、熱が均一に伝わるようにしてとろみをつけます。
加える片栗粉の量でかたさの調節もできます。

離乳食の「時期・食材別大きさの目安」はこちら!

■監修

太田百合子先生(管理栄養士)・中村美穂先生(管理栄養士)

■参考

最新!初めての離乳食新百科
『最新!初めての離乳食新百科』
(ベネッセコーポレーション 刊)より抜粋。
※情報は書籍掲載時のものです

離乳食 5,6ヶ月[ゴックン期] 進め方、食材別レシピ、離乳食動画 きほんの離乳食

■動画撮影時期/2019年12月
■取材・文/たまひよ編集部

●離乳食の材料は、厚生労働省策定の「授乳・離乳の支援ガイド」を目安に、作りやすい分量にしています。赤ちゃんの食べられる量、食べられるかたさなどは個人差がありますから、その子にあったペースで進めてください。
●電子レンジで液体を加熱するとき、沸点に達していても沸騰しない場合がごくまれにあります。この状態の液体がちょっとした刺激で急激に沸騰を起こし、液体が激しく飛び散ることがあります。(=突沸現象)。やけどの原因になりますので、ご注意ください。
●電子レンジを使う際は、広口の耐熱容器に入れて水分を加え、ふんわりとラップをかけて加熱することを前提としています。
●レシピ内で使用している食材(主に加工食品)によっては、微量にアレルギーを引き起こす原材料が入っている場合があります。十分にご注意ください。
●1回の離乳食で食べさせる初めての食材は1種類とし、食物アレルギーに注意をして少量ずつ食べさせるのが基本です。食べ慣れた食材となら混ぜてもいいでしょう。

■おすすめ記事
そのおもちゃ、大丈夫? 知っておきたい安全・安心なおもちゃの選び方

赤ちゃん・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/