Benesse

オンラインショップ

会員登録

  1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 幼稚園・保育園
  4. 子どもがひらがなに興味をもっても、やってはいけない2つのこと

子どもがひらがなに興味をもっても、やってはいけない2つのこと

母娘リーティングお子様をサポート
Tomwang112/gettyimages

3・4歳になると「自分の名前を読みたがる!」など、ひらがなに興味をもち始める子が増えてきます。ママやパパのなかには「よし、頑張って教えてみよう!」と意気込む人もいるかも知れませんが、教え方によっては逆効果になってしまう場合もあるんです。
3・4歳ごろの成長の様子に合ったひらがなの教え方について考えてみませんか。

お勉強モードはNG! ひらがなは“楽しく”がキーワード

ママやパパのなかには、ひらがなを教えるとき“勉強”と考える人がいるかも知れません。しかし子どものとらえ方は違います。子どもにとって“ひらがな”は、あくまでも自分が好きなもの・興味があるものの1つ。とくに幼児期はそうした傾向が強いため、子どもに合った教え方をしたいもの。ポイントは次の2つです。

point1 「あ」から順に教えない
子どもにひらがなを教えるとき、つい「あいうえお」の順に教えたくなっていませんか。「あいうえお」や「あかさたな・・・」の順番にはこだわらなくてOKです。子ども自身が「これ、何て読むの?」「ぼくの名前はどれ?」など、興味をもった字から教えると、自然と読めるひらがなが増えていきます。

point2 いきなり机に向かわせない
3・4歳の学びで大切なのは、遊びを通して楽しく覚えることです。「楽しい!」と思えないと、学ぶこと自体を嫌がってしまう子もいるので、いきなり机に向かってのお勉強はやめましょう。指先を使って、ワークにひらがなシールを貼ったり、お散歩しながら看板を見て「ちいちゃんの“い”があるよ。どこだ?」とクイズを出したりするなど、楽しくひらがなに触れることから始めましょう!

“子どもに合ったひらがなの教え方”参考になりましたか。「うちの子、なかなかひらがなを覚えてくれなくて…」と悩んでいるママ・パパは教え方を見直してみて! たとえばワークの場合、子どもの理解度と内容が合っていないものを選んでしまったり、お勉強色が強かったりすると、興味をまったく示さない子も。また50音表も「毎日目にしていたら、いつか読めるようになるかも!」と思っておふろ場などに貼っているおうちもありますが、貼っているだけでは覚えないケースが多いよう。いずれにしろ子どもにあった教え方が重要です。(取材・文/麻生珠恵)

取材協力/こどもちゃれんじ

■おすすめ記事
「遊びの延長が学び」と言われても…どうしたらいいの?

赤ちゃん・育児

更新

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。