1. トップ
  2. 妊娠・出産
  3. 【立ち会い出産#3】父親学級主催者パパの「立ち会い5か条」

【立ち会い出産#3】父親学級主催者パパの「立ち会い5か条」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

iStock.com/xmocb

「立ち会い出産」に関して、出産の現場に立ち会う助産師さん産院で父親学級を主催しているパパから、アドバイスをいただきました。今回は、その父親学級を主催、ご自身も3人のお子さんがいる渡辺大地さんに、パパ代表としてお話を伺いました。
ご自身の「立ち会い出産」実体験からのアドバイスを、インタビューでお届けします。

1人目の出産を教訓に、2人目は立ち会い出産に

「長男のときは、『自分がどういう状態になるかわからないので、立ち会ってほしくない』という妻の希望もあり、立ち会い出産ができない大学病院で出産しました。ところが、いざ陣痛が始まって入院すると、なかなか赤ちゃんが下りてこなくて…。入院3日後に、よくやく生まれてきました。家族は陣痛室に入れない病院だったので、妻は不安な2日間半を、たった1人で過ごすはめになったんです。

そのときの後悔があり、2人目は家族が立ち会う出産を選びました。2人目の出産は、立ち会いOKでフリースタイル出産もできる産院でした。僕と2才の長男、義母で立ち会いましたが、義母がいてくれると、子どもが飽きたときにも見てもらえてよかったです。
妻自身も『そばに家族がいてくれるだけで、安心できた』と言って、満足のいくお産だったようです」

3人目の出産も、家族全員で立ち会いました

「3人目も立ち会い出産でしたが、入院から3日目にやっと生まれる難産でした。
そのため、日中は家族みんなで産院にいて、夕方になったら父子で家に帰る日が2日続き、3日目の朝から陣痛促進剤を使用することに。
僕は朝から産院で妻に付き添っていましたが、子どもたちは義母が、出産直前に連れてきてくれました。
3人目のお産は緊迫した状態だったので、当時6才の長男は緊張気味。一方、3才の長女はしっかり誕生の瞬間を見つめていました。現在、末っ子をでき愛している長男・長女を見ていると、立ち会ってよかったと実感します。

先輩パパの「立ち会い出産」やってよかった/悪かったアドバイス

2人目、3人目と2回の立ち会い出産を経験した渡辺さんが、立ち会い出産に際して「やってよかったこと」「やらなきゃよかったこと」を実体験から公開します!

「立ち会い出産」時にやってよかった!

✔子ども、義母も一緒に立ち会い
✔痛みを逃すポーズのサポート
✔出産直後に感謝の言葉を妻に伝える

「立ち会い出産」時にやらなきゃよかった!

✔妻の希望を聞かずに音楽をかける
✔陣痛中の妻のリクエストに注文をつける
(「もっと安いデザートにしてもいい?」と言って、妻のひんしゅくをかいました)

立ち会い出産5カ条

1.お産は数日にわたって長引くこともあると心得る
2.妻がどんなふうに陣痛中を過ごしたいか、事前に確認
3.陣痛中に妻がキレても広い心で受け止める
4.パパも産院スタッフと良好な関係づくりを
5.お産は妻が主役。夫はアシスタントに徹するべし

3人のお子さんを持ち、2回立ち会い出産をした渡辺さんのお話、どうでしたか?
パパにもぜひ読んでもらって、本番に役立ててくださいね。(文・たまごクラブ編集部)

■監修/株式会社アイナロハ代表・ままのわ産後パートナーズ代表 渡辺大地

■関連記事
300年前の日本はイクメン大国!?父親がリーダーだった江戸時代の子育て
お宅のパパはイクメン? 産後に変わった夫・変わらない夫
保育園に入れた人は何をしたの? 激戦区保活パパママの必勝法!

妊娠・出産

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

新着記事

新着記事をもっと見る