SHOP

会員登録

  1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 幼稚園・保育園
  4. 子どもならではの発言、行動に笑ったり、ホロリとしたり。育児中の忘れられない話

子どもならではの発言、行動に笑ったり、ホロリとしたり。育児中の忘れられない話

yamasan/gettyimages

「子どもが小さい頃の思い出話をしませんか?」という声が、口コミサイト「ウィメンズパーク」に届きました。先輩ママからの「今はすっかりおっさんだけど&反抗期真っ盛りだけど、昔はこんなにかわいかったんだよ」という、ほっこり話がたくさん届きました。毎日の育児に疲れている母に捧げます。

幼児とはいえあなどれません! なるほどーと感心したほっこり行動

さすが三つ子。阿吽の呼吸でいたずら達成

「うちは三つ子です。小さい頃はツインのベビーカーに三人乗せて買い物へ行っていました。
とくに西松屋は通路が広いので買い物しやすく、オムツやミルクなどの買い出しで毎週行ってました。
その日もふりかけ、せんべいと棚を見ながら商品を選んでました。ふと見下ろして子ども達を見たら。
全員口をモグモグさせている。
何も与えていないのになんで?と、思ったら。
一人が棚からひょいとカップ入りのお菓子を手に取り、器用に開けて、それを3人で仲良く分配していたのです。
誰かが独り占めしたら泣いて騒いでとなりますが、仲良く分配したので静かにモグモグ。
その光景が微笑ましく、叱るよりも笑ってしまいました。
レジで店員さんに空の容器を見せて事情を話したら、笑ってもらえてこれまたひと安心。
今10歳。いつでもどんなものでも必ず3人仲良く分けあってます」

不安な保育園デビューの日。優しい世間に感動

「息子が1歳で保育園デビューの日、ベビーカーで向かっていました。
周囲は官公庁があるので、朝は通勤通学で多くの人が行き交います。
当時、息子はバイバイがマイブーム。『あなたは皇族か?』という勢いで、全方位にバイバイをします。
すると、ほとんどの方が手を振り返してくれたんです。仏頂ズラの高校生も現金輸送中?の警備会社のいかついお兄さんも。みんな優しいなぁと大感激。
今は声変わりした小学生。ベビーカーを見ると、同じようにバイバーイって手を振ります。当時の記憶が残っているのかな」

至福の時間を見抜いていた娘&息子

「娘が2歳の時、スーパーでのこと。その日は激混みで長蛇のレジに並んでいました。私が『何か買い忘れた気がする』と、ポツリと言ったら、娘が『あ、ビールだよ。美味しいビール持ってきてあげようか?』と、列から見える棚を指差します。
娘の声が大きくて周りはクスクス笑っています。いらないからと断っても、なぜか娘は引き下がらず、じゃあ持ってきてとお願いしました。
私の好きな銘柄のビール(いつもは発泡酒ですが)500mlの6缶を、小さなからだでヨイショヨイショと持ってきてくれました。
あとで『美味しいビールってなんで知ってるの?』と、聞いたら『おかあさん、あれをのむと、いつもおいしいをいっぱいいっている』と。
2歳とはいえ、観察眼が鋭いと感心。
その夜の美味しいビールは、ひときわ美味しく感じました」

「息子が1歳のとき、スーパーのベビーカートに乗せたまま、商品を袋詰めしていました。すると息子がカゴからビール缶を取り出して、両手でグビグビと飲む真似を始めました。
パパの真似してる! と、笑っていたら、そばにいたおばちゃんが笑顔で『はい、おつまみ』と、おせんべいを置いていかれました。おせんべいは、家でありがたく頂きました。
小さな子どもを連れていると、人と触れ合う機会が多かったです。
今はわたしがおばちゃんの立場になり、スーパーで小さな子を見ては癒されてます」

母はそこまでポンコツではないぞ

「私がポンコツなのは自覚しています。なので夫は『俺がやるよ』が口癖。
ある日、お風呂で娘の髪を洗おうとしたらシャンプーが切れていました。
『詰め替えないと』と、言ったら、4歳の娘が小さな声で『あしたの朝、パパにやってもらおう』
『シャンプーの詰め替えぐらいできるわい!』と、心の中で叫んだ母でした」

母の秘密を義母にバラされた!

「上が5歳、下が3歳の頃。義母がふたりを連れてスーパーへ行き、牛乳を手に取ったら、値引きシールが貼ってある牛乳を指差して『こっちのほうがお母さん好きだよ。お母さんね、このシール大好きなのー』と、教えてくれたそうです。
子どもは大学生と高校生になりました。今でも母は値引きシールが大好きです(笑)」

まるでスパイ映画!? 見事にミッションクリア

「耳鼻科の待合室で待っている時、猛烈にトイレへ行きたくなりました。
バッグを持たず、財布ひとつで来ていたため、4歳の息子に『これ、大事に持っててね』と、財布を渡してトイレへ。
戻ると両手でお財布をお腹にしまい込んで周りをキョロキョロ。
しーーーーっかりお財布を守っている姿が、可愛くておかしくて。
今じゃ生意気盛りの中学生です」

オヤジギャグに戸惑い悩んだ息子

「年長の息子が、園のお泊まり会から帰宅したら『総理がいたよ。ギター弾きながら歌ってくれたよ。でもね、いつもの総理じゃないの』と、首をかしげます。
先生に事情を聞いたら、泊まった施設の館長の小泉さんでした。
当時の総理は小泉純一郎氏で、アイドル並の人気があったので、ギターの弾き語りの前に『どうも〜、小泉総理で〜す♪』と、登場したらしく。
息子はニュースで見る小泉総理とは違う顔に戸惑ったのでしょう。
そんな息子も成人。今でも時々思い出します」

その勘の鋭さが今も残っていたら…

「息子が3歳くらいの頃。休日、夫に息子をまかせて買い物へ出かけました。
我が家には徒歩圏内にスーパーが5軒あり、各店舗の特売商品を巡るのが私のスタイルでした。
遊びに飽きた息子が『ママのところへ行く』と、ぐずりはじめ、夫が『ママはフラフラしているから(失礼な!)、どこにいるかわからない』と、言ったのですが『だいじょうぶー こっちこっちー』と、トコトコ歩き出して一発で私を見つけたのです。
そのときの『ね、ママいたでしょ』という息子のドヤ顔は忘れられません。
あの勘が少しでも残っていたら、成績は少しはマシになっていたのかなぁ」


あの頃は無我夢中で気がつかなかったけど、すごくいとおしい時間だったと懐古する母の声が届きました。



文/和兎 尊美


■文中のコメントは口コミサイト「ウィメンズパーク」の投稿を抜粋したものです。



■おすすめ記事
ママは何を着ればいい?プロが教える卒園・入学式コーデ

赤ちゃん・育児

更新

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。