SHOP

たまひよ会員

  1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 離乳食
  4. 幼児食
  5. <離乳食 時期別>赤ちゃんが食べていいもの・ダメなもの【調味料】

<離乳食 時期別>赤ちゃんが食べていいもの・ダメなもの【調味料】

更新

chikaphotograph/gettyimages

これって赤ちゃんが食べていいもの?ダメなもの?そんな疑問をパパっとチェック!

離乳食は薄味が基本。離乳初期では調味料を使わず、食材のうまみだけで十分です。いろいろな味を覚えてもらうために、離乳後期から少量の調味料で味に変化をつけても。

■初めての食材を与えるときは食物アレルギーに注意をして、ほかの食材とは混ぜずに単品でごく少量ずつ与えるのが基本です。

■離乳食の材料は、厚生労働省策定の「授乳・離乳の支援ガイド」を目安に、作りやすい分量にしています。赤ちゃんの食べられる量、食べられるかたさなどは個人差がありますから、その子にあったペースで進めてください。

■離乳食の材料は、厚生労働省策定の「授乳・離乳の支援ガイド」を目安に、作りやすい分量にしています。赤ちゃんの食べられる量、食べられるかたさなどは個人差がありますから、その子にあったペースで進めてください。

きほんの離乳食

1歳未満の子に はちみつは絶対NG

はちみつには、ボツリヌス菌という細菌がいることがあります。この菌の芽胞を抵抗力の弱い1歳未満の赤ちゃんが食べると、腸内で発芽。ボツリヌス菌が増殖して毒素を作り出し、最悪の場合、死に至ることも。ボツリヌス菌は自然界に広く存在していますが、1歳未満の赤ちゃんが口にする可能性のある一般的な食品は、はちみつのみ。そのため、1歳未満にははちみつを与えるのは絶対にNG。1歳以上になると、抵抗力が高くなるので食べさせても問題ありません。

※調味料の上限値について
調味料の使い過ぎには注意が必要。離乳食の1回分に含まれる調味料の上限は、糖分は0歳児1g・1歳児2g、塩分は0歳児0.5g・1歳児1g。1歳ごろからは複数の調味料を組み合わせた味つけもしますが、それぞれの調味料の合計が上限値より少なくなるように調整を。

離乳初期 5~6ヶ月ごろ

・片栗粉

離乳中期 7~8ヶ月ごろ

7ヶ月ごろ

・砂糖(上白糖・グラニュー糖)
・三温糖
・てんさい糖
・きび糖
・メープルシロップ

8ヶ月ごろ

・バター
・マーガリン
・サラダ油
・ごま油
・オリーブ油
※油類は8ヶ月ごろから調理に少量使う程度に。

離乳後期 9~11ヶ月ごろ

・パン粉
・しょうゆ
・塩
・みそ
・酢
・料理酒
・トマトピューレ
・マヨネーズ
・みりん

離乳完了期 1歳~1歳6ヶ月ごろ

・はちみつ
・黒砂糖
・黒蜜
・シナモン
・ポン酢
・レモン果汁
・ドレッシング
・市販のだし(大人用)
・めんつゆ
・鶏ガラスープの素
・固形コンソメ
・オイスターソース
・ウスターソース
・トマトケチャップ
・カレー粉
・うま味調味料
・カロリーゼロ甘味料

幼児食 1歳7ヶ月~2歳ごろ

・焼き肉のたれ
・シチュールウ(大人用)
・カレールウ(大人用)

乳幼児期にあえて与えないもの

・ナンプラー
・甜面醤(テンメンジャン)
・豆板醤(トウバンジャン)
・粒マスタード
・からし
・こしょう
・わさび
・山椒
・七味唐辛子

総監修/太田百合子先生(管理栄養士)

■おすすめ記事
【専門家監修】1歳・2歳児にとって「食事に集中」は難しいもの。叱るよりマナーを教えて

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。