SHOP

会員登録

  1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 赤ちゃんのお世話
  4. 【専門家監修】7,8ヶ月 離乳食[中期]中だるみ時期にありがち!4つの悩みをQ&Aで解決

【専門家監修】7,8ヶ月 離乳食[中期]中だるみ時期にありがち!4つの悩みをQ&Aで解決

mchebby/gettyimages

「メニューがマンネリ」
「作っても残しちゃう…」
離乳食を始めて2ヶ月くらい経つと、赤ちゃんがあまり食べなくなったり、ママは調理方法にアイデアが浮かばなくなったり。いわゆる“中だるみ”することも。そんな時期、多くのママが感じる気がかりを、管理栄養士の太田百合子先生がスッキリ解決します。

【気がかり1】食べる量

Q 以前に比べ、よく残すようになりました。途中で切りあげても大丈夫?

A メニューに変化をつけてみて

無理に食べさせなくてもOKですが、メニューに変化をつけてみると、残さなくなるかもしれません。マンネリ化しているようなら、とろみのあるものの次は歯ざわりのいいもの、というように、食感や味に変化をつけてみましょう。
また、離乳食の間隔や生活リズムを見直すのも有効です。お散歩や体を動かす遊びで、おなかがすくような工夫をしてみて。

【気がかり2】メニュー

Q 1回目と2回目、同じメニューでもいい?

A 飽きないように、なるべく違うメニューに

中だるみの時期なので、離乳食に飽きないよう、なるべく違うものをあげるように心がけてみて。よく使う食材を、まとめて調理してフリージングしておけば、組み合わせによって、メニューの幅が広がります。

【気がかり3】食べ方

Q ペースト状のものばかり食べたがります

A 水分が多いものと組み合わせてみて

唾液の分泌がまだ少ないので、とろみは必要です。かぶなどの水分が多いものと少し粒のあるもの、なめらかなペースト状のものと少しかたさのあるものを交互に食べさせるなどして、徐々に慣らしていきましょう。

【気がかり4】体調が悪い日

Q 体調が悪いときは、どう与えればいい?

A 食べられるならペースト状のものを

無理に食べさせなくてもかまいませんが、食べたがったら、食べ慣れた食材や、赤ちゃんの好きな食材をペースト状にしたもので、様子を見て。また、体調がよくなってもいきなり粒のあるものを与えず、便の状態を見ながら、徐々に粒を増やしましょう。

7,8ヶ月になると食べられる食材が増えてくるので、いろいろなものを赤ちゃんに味わわせたいところですね。週末などに何種類かの食材をまとめて下ごしらえし、冷凍保存しておくのはおすすめ。食材を数多く使ったメニューがラクに作れると、先輩ママから大好評です。
(文・ひよこクラブ編集部)

■参考:「いつでもどこでもHAPPY育児生活ガイドBOOK」(ベネッセコーポレーション刊)

監修/太田百合子 先生

初回公開日 2018/08/30

育児中におススメのアプリ

アプリ「まいにちのたまひよ」

妊娠日数・生後日数に合わせて専門家のアドバイスを毎日お届け。同じ出産月のママ同士で情報交換したり、励ましあったりできる「ルーム」や、写真だけでは伝わらない”できごと”を簡単に記録できる「成長きろく」も大人気!

ダウンロード(無料)

育児中におススメの本

最新! 初めての育児新百科 (ベネッセ・ムック たまひよブックス たまひよ新百科シリーズ)

つわりで胃のムカムカに悩まされたり、体重管理に苦労したり、妊娠生活は初めての体験の連続ですね。この本は、そんなあなたの10ヶ月間を応援するために、各妊娠月数ごとに「ママの体の変化」と「おなかの赤ちゃんの成長」を徹底解説!トラブルや小さな心配を解決できます。陣痛の乗りきり方や、産後1ヶ月の赤ちゃんとママのことまでわかりやすく紹介します。

初めての育児 新百科

Amazonで購入

楽天ブックスで購入


赤ちゃん・育児

更新

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。