1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. [1~2歳]朝からパクパク!よく食べる子の親はココが違う!5つの共通点

[1~2歳]朝からパクパク!よく食べる子の親はココが違う!5つの共通点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

maximkabb/gettyimages

小食でごはんを食べない、好き嫌いが多いなど、子どもの食事のことで悩んでいるママは多いもの。子どもにもりもり食べてもらうには、どうすればいいのでしょうか?

そこで、『1才2才のひよこクラブ』では、「うちの子は朝からめっちゃ食べる!」という1~2歳代のお子さんのママ8人に、普段の食事や生活リズムについて聞いてみました。すると、そこにはある共通点があったのです! そのままマネをすれば、わが子も食欲旺盛になるかも!? 
管理栄養士の太田百合子先生のアドバイスも、参考にしてくださいね。

親子で楽しく、食事に集中できる環境づくり

まずはどんな環境で食事をしているか、食卓の様子について聞いてみました。その共通点は?

【共通点:1】大人が一緒に食べている

1日2~3食は、子どもが「だれかと一緒に食べている」というママが、8人中7人。

「子ども1人だとあまり食が進まないので、食事はママと一緒」

「祖父母と同居しているので、朝食と夕食は大人数でとってもにぎやか!」

「苦手な葉もの野菜は、パパや私が『おいしい!』と言いながら食べるとつられて食べてくれます」

というコメントがありました。

★太田先生より
「1~2歳代は、“大人と一緒”が楽しいころ。まわりの人の影響を受けて食べたい気持ちになったり、食べ方を学んだりしていく時期です。子どもだけ先に食べさせているなら、できるだけ同じ食卓について。食べる動作と『おいしいね』という気持ちを共有しながら、親子で一緒に食べるといいですよ」

【共通点:2】テレビやおもちゃなど、気が散るものはシャットアウト

8人のママ全員が、食事中はテレビをオフ。

「食事中はテレビを消して話しかけながら、楽しい雰囲気で食卓を囲みます」

「テレビを消して、おもちゃを片づけてから食べるのが習慣です」

というコメントが多数ありました。中には、テレビだけでなく「スマホや新聞は食卓に持ち込みません」という家庭も。

★太田先生より
「1~2歳代は食事に集中できず、ウロウロすることがまだよくあります。気が散らず、食事に集中できるような環境をつくることは大切。テレビは消し、おもちゃは片づけましょう」

【共通点:3】食事中は、いつも親が笑顔!

よく食べる子のママたちが心がけているのが、“楽しい雰囲気づくり”。

「食卓ではなるべくしからないように気をつけていて、遊び食べが始まったらふりかけを見せて興味をひくなど、プレッシャーをかけずに楽しく食事ができる工夫をしています」

「遊び食べをしたら、5分ほど様子見をしてから切り上げます」

といったように、遊び食べにもしからず対応しているよう。

★太田先生より
「心と満腹中枢は関係しているので、親にしかられたり、親のプレッシャーが伝わると、子どもの食欲はたちまちダウンしてしまいます」

子どもの意思を尊重した、バラエティー豊かなメニュー

次に、どんなメニューを出しているのか、聞いてみると…。

【共通点:4】形・やわからかさにバリエーションがあるメニュー

1食に、さまざまな味つけ、大きさ、かみごたえのメニューを出しているのが特長的でした。

「手づかみ食べメニューを必ず用意。めん類もあえて長く切っています」

「食べやすさや彩りを考慮」

「スプーンやフォークを使うメニューも取り入れるように心がけています」

「苦手な食材は好みの食材と一緒に炒めたり、花形にカット」

など、いろいろな工夫のコメントが。

「出かけなくても、おかずをお弁当箱に詰めて出すと気分が変わりよく食べます」というママも。

★太田先生より
「手づかみ食べ全盛の時期ですが、手づかみ食べメニューのほか、スプーンやフォークですくったり刺したりするメニューもプラスすると、いろいろな動作に集中して自然と食事に夢中になりますよ」

【共通点:5】子どもの意思を尊重する

「椅子から脱出するときは、『次は何を食べる?』と本人の希望を聞くと、再び食事に集中します」

「夕食は子どものリクエストを聞いて作っています」

「食べ過ぎかなと思うときは『そろそろごちそうさまする?』と聞くようにしています」

など、子どもの意見を確認しているママが多数。そのほうが子どもも納得して食が進む?

★太田先生より
「完食しやすい量を盛りつける、使う食材や食器を選ばせるなど、子どもの“やりたい”“これがいい”に寄り添うと、より食欲がアップします。2歳ごろになると自分の意思を伝えられるようになるので、好みや希望を聞き、尊重してみましょう」

子どもが食べてくれないと悩んだときは、メニューを改善しようと考えがちです。でも、よく食べる子のママに聞いてみると、「楽しく食べる」「子どもの意思を尊重する」といった、メニューとは関係ない部分での工夫が食欲アップのカギのようです。

発売中の『1才2才のひよこクラブ2018年夏秋号』では、ほかにもよく食べる子たちの1日の過ごし方のポイントや、実際に食べている1日の献立を写真で紹介! ぜひチェックしてみてくださいね。ほかにも、おむつはずれの進め方、ほめ方・しかり方、幼児食レシピ、モンテッソーリ流イヤイヤ対処法など、盛りだくさんの内容です!(取材・文/ひよこクラブ編集部)



■監修:太田百合子先生
管理栄養士。東京・こどもの城で長年にわたり乳幼児の栄養指導を行う。現在は大学や専門学校の非常勤講師をはじめ、講演会の講師など、多方面で活躍されています。

■おすすめ記事
どうせならあかちゃんが喜ぶプレイマットが買いたい!プレイマットを選ぶポイントをチェック!

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

新着記事

新着記事をもっと見る

赤ちゃんの子育て・育児の人気記事ランキング

関連記事