SHOP

会員登録

  1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 妊娠中の暮らし
  4. 食事
  5. 妊娠中の食事として注目、1日5~6食に、血糖値を急激に上げすぎない食事法

妊娠中の食事として注目、1日5~6食に、血糖値を急激に上げすぎない食事法

妊娠中、新型コロナウイルス感染症の影響でおうち時間が増えた一方、運動不足&ついつい食べちゃう…なんて悩みも増えたのでは!? そこで、ステイホーム時代にぴったりな食事法を紹介します。

まずは、ストレスをためず、きちんとした食生活を!

妊娠中の体重は、あくまで健康管理の目安の一つ。いちばん大切なことは、きちんとした食事をとることです。体重の増減を気にしすぎるあまり、厳しい食事管理でストレスをためてしまったり、食べすぎているからと、1食抜いたりするのはNG。

食事は「タンパク質と野菜をしっかりとる」「カロリーオーバーに気をつける」ことを意識して、まずは、心身共に負担の少ない妊娠生活を過ごしましょう。

1回の食事量を減らして、2~3時間後に間食を

最近では、朝・昼・夕の3食のカロリーを少し控えて、間食も含めて1日5~6食に摂取回数を分ける、血糖値を急激に上げすぎない食事法が注目されています。高血糖を予防し、合併症の発症リスクを低下させることから、赤ちゃんのためにもよいという考え方になっています。

1回の食事量を減らして2時間ごとに間食をとる、この食事法は、新型コロナウイルス感染症の影響でおうち時間が増えた今、生活に取り入れやすいのでおすすめです。

1日6食の食事メニュー例

3食のごはんまたはパンの量を減らして、主菜は食べすぎに注意しカロリーを控えることがポイント。1回の食事は500㎉を目安にして。1食抜かしたから、その分間食の量を多くするのはNGです。

食事と食事の間に食べる間食は、炭水化物+ビタミンやカルシウムがとれるものの組み合わせがおすすめです。たとえば、「おにぎり+野菜スープ」、「バナナ+ヨーグルト」、「ロールパンやくるみパンなどの甘くなく、脂質が多くないパン+ポタージュ」など。1回の間食は200㎉前後を目安にしましょう。

監修/鈴木俊治先生、永嶋晴香さん イラスト/Hanna 取材・文/たまごクラブ編集部

しっかり食べることが、体重管理の基本。バランスがとれた食事と、仕事や家事の合間に間食をはさんで、ママもおなかの赤ちゃんも健康にすごしましょう。


参考/『たまごクラブ』2020年12月号「ステイホーム時代の体重管理・体形戻し」

鈴木俊治先生
Profile
葛飾赤十字産院 副院長

永嶋晴香さん
Profile
葛飾赤十字産院 管理栄養士

■おすすめ記事
本当に安全な赤ちゃんのおもちゃって?おもちゃを選ぶポイントをチェック!

赤ちゃん・育児

更新

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。