1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 乳歯がむし歯? 赤ちゃんの歯がおかしい原因、病院へ行く前に確認すること、受診の目安やホームケア

乳歯がむし歯? 赤ちゃんの歯がおかしい原因、病院へ行く前に確認すること、受診の目安やホームケア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

歯がおかしい原因と気をつけること

生後0ヶ月~3歳ごろまでの赤ちゃん・子どもが「歯がおかしい」とき、ママ・パパが何をすればいいか、を受診の前後に分けてまとめました。
また、その症状の程度によって、夜間や休日でも受診したほうがいいのか、診療時間まで待って受診すればいいのか、などの判断の目安を示しました。

歯の異常を発見したら早めに小児歯科を受診しましょう

歯が生え始めたら、乳歯のケアをスタート。赤ちゃんの口の中を見て、歯や歯ぐきの状態をチェックする習慣をつけましょう。
歯の生え方は個人差が大きいですが、歯がなかなか生えてこない、歯が変色しているなど、異常を感じたら小児歯科を受診しましょう。

病気ばかりでなく、転んで歯を痛めることもあります

乳歯の場合は、とくに治療をせずに様子を見ていいものがほとんどですが、治療が必要なものや、定期的にチェックする必要があるものもあります。
また、転んで歯がグラグラするなど、ケガが原因でトラブルになることもあります。
気になることがあれば受診しましょう。

考えられる主な病気

むし歯(むしば)・う蝕(うしょく)
癒合歯(ゆごうし)・癒着歯(ゆちゃくし)
先天性歯(せんていせいし)
上皮真珠(じょうひしんじゅ)
萌出性囊胞(ほうしゅつせいのうほう)
など

歯がおかしいとき まず確認すること

1.歯の様子や生え方を観察
黒ずんだり、白く濁っていないか、歯の形や生え方に不自然さがないか、歯ぐきが腫れていたり、ポツポツしたものができていないか、をチェックします。

2.歯が欠けていたり、折れたりしていないかをチェック
転んだときは、口の中も確認し、歯が欠けたり、グラグラしたり、折れたりしていないかをチェックしましょう。

関連:[6カ月]歯が生え始める子も!授乳と歯磨きの悩み&みんなの遊び例

歯がおかしいとき 受診のタイミングをチェック

【時間外でも受診】
 □転ぶなどして歯を打ち、歯が抜けそう、折れた、欠けた、めり込んだ

【時間内に受診】
 □歯が黒ずんでいる
 □歯が白く濁っている
 □歯の表面がザラザラしている
 □歯に穴があいている
 □歯ぐきのふくらみの色や大きさに変化があった
 □1歳を過ぎても乳歯が生えてこない

【ホームケアでOK】
 □歯ぐきや上あごに1mm前後の白いふくらみができた
 □歯ぐきに半透明のやわらかいふくらみができた
 □前歯の本数が少ない

関連:小学校高学年でも続けてる場合も!?「仕上げ磨きは何歳まで?」

歯がおかしいとき 様子を見るときや、受診のあとのホームケア

【歯磨き】初期のむし歯は歯磨きで悪化を防いで
初期のむし歯は、歯磨きや食事を見直したり、フッ素を塗ることで進行を防ぎます。トラブルがあるなしに関係なく、歯は毎日ケアしますが、むし歯になっている歯はとくに歯磨きをていねいに行いましょう。

【離乳食・食事】ダメージを受けている歯に負担がかからないように注意
ケガで歯を傷つけたり抜けた場合は、離乳食や食事は、いつもよりもやわらかめのものを与え、抜けたり折れたりした部分に力が加わらないようにします。

【歯のチェック】口の中をよく見てトラブルの状態の変化を確認します
むし歯が悪化していないか、生えてこなかった歯が生えてきていないか、グラグラしていた歯がよけいグラグラしていないかなど、トラブルの状態の変化を確認します。

赤ちゃんの歯が「キスや口移しを避ければ一生むし歯にならない」は大間違い!


監修:松井潔 先生
神奈川県立こども医療センター 総合診療科部長
2005年より現職。専門各科と連携しながら、総合診療科で治療に努めていらっしゃいます。

●イラスト/仲川かな・小西優子

▼参照:『最新!赤ちゃんの病気新百科』

※表記している、月齢・年齢、季節、症状の様子などはあくまで一般的な目安です。
※この情報は、2019年4月のものです。

赤ちゃんの病気・いざというときのための緊急受診ガイド

赤ちゃんがかかりやすい病気・症状別・予防接種・お薬ガイド

■おすすめ記事
<PR>3歳の“自分のことは自分で!”を伸ばす方法

赤ちゃん・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事