1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. ゼーゼーと苦しそうな赤ちゃんのせき。原因はヒトメタニューモウイルス[小児科医・陽ちゃん先生の診察室だより]

ゼーゼーと苦しそうな赤ちゃんのせき。原因はヒトメタニューモウイルス[小児科医・陽ちゃん先生の診察室だより]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
赤ちゃん
reewungjune/gettyimages

 赤ちゃんがせき込んで、夜も眠れない…1才の赤ちゃんがクリニックにやってきました。ひどいせきを引き起こす病気とは…?
赤ちゃんやママ・パパにいつもやさしく寄り添う陽ちゃん先生こと、小児科医の吉永陽一郎先生が、日々の診察室で起きた、思い出深いできごとをつづります。
今回は40度近い高熱と激しいせきを訴えて、クリニックを訪れた1歳の男の子のお話です。[小児科医・陽ちゃん先生の診察室だより#6]

関連:授乳のたびにゼロゼロ…風邪?「小児科医・陽ちゃん先生の診察室だより#3」

原因はヒトメタニューモウイルス

お母さんにだっこされた1歳の男の子が来院しました。40度近い高熱と、夜から朝にかけて、本当にせきが激しくなり、ときにはせき込んで吐くこともあるといいます。

―睡眠はとれていますか?
「いえ、眠れていません。寝たと思ってもせき込んで起きるんです」 とお母さん。心配そうです。
―ウイルスの検査をしてもいいですか?
そう言って、細い綿棒を男の子の鼻から入れました。お母さんの表情のほうが痛そうです。
しばらくして、検査の結果が出ました。
―お母さん、原因は、ヒトメタニューモウイルスでした。
「え?、それは何ですか?保育園でそんな名前を聞いてはいたんですが」
―RSウイルスは知っていますか?
「はい、ゼーゼーいって、せきが強くて、熱も高くなる病気ですよね?
―そのRSウイルスと似てると思っていいでしょう。

ウイルスに効く薬はない

近年、ウイルスの検査が進歩して、私たちのような町の小児科でも、見つけられるウイルスが増えてきました。せきが出るような呼吸器系のものでは、インフルエンザウイルス、RSウイルス、ヒトメタニューモウイルス。下痢をするような消化器系のものでは、ロタウイルス、ノロウイルスなどです。
しかし、インフルエンザや水痘(みずぼうそう)など、いくつかの例外を除いて、ウイルスに効く薬はありません。ウイルスが見つかっても、直接ウイルスをやっつける特効薬があるわけではないのです。
なぜ検査をするかというと、1つめは熱が続いていても、細菌を殺す抗生物質などを使わなくていいのか、を判断するため。2つめは、せきが強くなるウイルスがわかれば、夜のゼーゼーにそなえての薬を処方しておいたほうがいいとわかるので、検査をします。
そして病気が長引いているときには、診断名がはっきりしたほうが、お母さん・お父さんが安心するという目的もあります。保育所などで病気が流行すると、ちょっとせきが出ると「検査してもらってきなさい」といわれたりするようですが、本人にとって必要なければ負担になるだけなので、お断りしています。

ウイルス性の気管支炎とぜんそくは違う

さて、冒頭の男の子です。
―このヒトメタニューモウイルスが病気を起こすと、気管支という息の通り道が狭くなって、せきが強くなるんです。(これを気管支炎といいます)
「夜、息をするだけでもゼーゼーいっていました」
―気管支が狭いということはぜんそくと同じような状態です。しかしこの病気では、ひどい子になるともっと先の、管が本当に細いところが狭くなって息ができなくなるんです(細気管支炎といいます)。
「この子はぜんそくになるんでしょうか?」ますます心配そうなお母さん。
―ぜんそくはね、体質だとかいろいろな要素が原因になって気管支が狭くなります。でも、ウイルスのせいで気管支が狭くなるのは、そのウイルスが来たときだけなので、長い目で見ると心配ないと思いますよ。中には風邪のたびにゼーゼーいう子もいますが、年齢とともにいわなくなる子も多いものです。
「今夜は大丈夫でしょうか?」
―できるだけラクになるように、お薬を考えます。でもあまり劇的に効く薬はありません。必要なら熱を下げる薬も使ってかまいませんよ。

そういって、処方せんを出しました。しかし、RSウイルスもそうですが、治療にすすめられている薬というはあまりないのです。同時に、ひょっとしてせきがあまりにひどくてご家族が怖くなったときに、市内の救急病院に行くことができるように、紹介状も持たせておきました。

関連:赤ちゃんのRSウイルス感染症ってどんな病気? 治療法や予防法は?

次の日、再度男の子とお母さんが来院されました。
「念のために、診てもらいに来ました。昨日の夜は、救急病院には行っていません」
―そうですか。せきの様子、熱の様子はどうですか?
「あまり変わっていないです。でも、説明を聞いて、すぐ治る方法はないとわかりました。とにかくしっかりと様子を見ていることが大切だとわかったら、私も余裕をもつことができたからか、息子が前よりはつらくない様子に見えます」
症状がある子どもはまだつらそうですが、お母さんは、昨日よりも力強く見えました。子どもは病気を繰り返して大きくなりますが、お母さん・お父さんもそんな様子を見ながら、少しずつ強くなっていくのかもしれません。

■監修・文:吉永陽一郎先生
国内初の子育て専門診療科である聖マリア病院母子総合医療センターの「育児療養科」科長などを経て、現在は福岡県久留米市の吉永小児科医院・院長。

■おすすめ記事
赤ちゃんのけいれん やっていいこと・ダメなこと

赤ちゃん・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事