1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 発作で呼吸困難、命に関わることも。赤ちゃん・子どもの気管支ぜんそく、症状とケア【医師監修】

発作で呼吸困難、命に関わることも。赤ちゃん・子どもの気管支ぜんそく、症状とケア【医師監修】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

細菌やウイルスなどの病原体が侵入しやすい部位が、のど・気管支。赤ちゃんは軌道や肺の機能が未熟な上、粘膜がとても敏感で、抵抗力が弱いため、症状が悪化したり長引いたりしやすいもの。せきやくしゃみがひどくなる前に、小児科を受診しましょう。


赤ちゃんの気管支ぜんそくって?

気管支の慢性的な炎症が原因で呼吸困難に。発作を起こさないように予防することが重要。

気管支ぜんそくの主な症状

・呼吸の際にゼーゼーと音がする
・呼吸が苦しい

気管支ぜんそくになりやすい月齢・年齢

生後6ヶ月~

気管支ぜんそくになりやすい季節

梅雨、秋

関連:赤ちゃんのぜんそくの症状や治療法、ホームケアは?

赤ちゃんの気管支ぜんそく 気管支が狭くなり呼吸がうまくできなくなります


気管支の慢性的な炎症が原因で起こる病気です。気管支に細菌やウイルスが感染したり、ダニやハウスダストなどに対してアレルギー反応を起こすと、気道上皮が腫れて気道粘膜がむくみ、たんがたまります。その結果、気管支が狭くなって空気の通りが悪くなるので、呼吸の際ゼーゼー、ヒューヒューと音がするようになります。症状が進むと呼吸がうまくできなくなり、肩を上下させながら苦しそうに呼吸し、さらに重くなると、眠れなくなります。重度の発作によって呼吸困難を起こし、命にかかわることもあります。
ぜんそく患者の半数以上が10歳以下の子どもで、その多くが5歳ごろまでに発病しています。しかし、子どものころにきちんと治療すれば、6~7割は大人になるまでに発作を起こさなくなります。

赤ちゃんの気管支ぜんそく 治療&ホームケア


気管支ぜんそくは、発作を起こさないよう予防することが重要。こまめに部屋の掃除をして、ぜんそくの原因になりやすいダニやハウスダストを排除しましょう。長期管理薬としては、家庭で吸入用ネブライザーを使って治療する吸入ステロイド薬などが主流になっています。
発作が起きたときは気管支拡張薬を服用し、落ち着いたら水を飲ませてたんを出しやすくします。発作が強かったり、薬を飲んでも治まらないときはすぐ小児科を受診しましょう。

代表的な薬

・吸入ステロイド薬(パルミコート吸入薬、キュバール、フルタイドなど)
・気管支拡張薬(テオドール、アトック、ベラチンなど)

ぜんそく様(性)気管支炎

乳幼児が「ゼーゼー」した呼吸をしているとき、気管支炎なのか気管支ぜんそくなのか区別がつきにくく、その場合は便宜上、「ぜんそく様(性)気管支炎」と呼ぶことがあります。感染症が治まると治ることも多いのですが、あとになってから気管支ぜんそくと診断される場合もあります。呼吸が「ゼーゼー」してせきがひどいときは、気管支を広げる内服薬や吸入薬を使用します。細菌感染が原因の場合は抗菌薬を使います。

関連:悪化しやすいので要注意!赤ちゃんの“呼吸器”と“のど”6つの病気を小児科医が解説


監修:横田俊一郎 先生
横田小児科医院 院長
東京大学医学部付属病院小児科に入局、社会保険中央総合病院(東京都新宿区)
小児科部長などを経て、1993年より神奈川県小田原市で開業。外来診療を中心に、ありふれた病気、健康増進のための医学、子育て支援をテーマに勉強を続けています。

●イラスト/ヌガトモコ

■赤ちゃん のど・気管支・肺の病気
風邪症候群
扁桃炎
アデノイド肥大
クループ症候群
百日ぜき
気管支炎
細気管支炎
気管支ぜんそく
肺炎

■ママ・パパが気になる!赤ちゃん のど・気管支・肺の症状
後鼻漏によるせき
誤嚥によるせき

赤ちゃんがかかりやすい病気・症状別・予防接種・お薬ガイド

▼参照:『最新!赤ちゃんの病気新百科』

※表記している、月齢・年齢、季節、症状の様子などはあくまで一般的な目安です。
※この情報は、2019年4月のものです。

■おすすめ記事
おすすめの赤ちゃんとの遊び方<PR>

赤ちゃん・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事