1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 赤ちゃんの眼の病気 急性涙嚢炎の症状とケア【医師監修】

赤ちゃんの眼の病気 急性涙嚢炎の症状とケア【医師監修】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
眼の小児アレルギーと結膜炎赤アレルギー、子供の頃。
BravissimoS/gettyimages


目やにが出る、目が赤いなどの見た目でわかるトラブルは、気づきやすくても、視力の異常は見落としがちです。乳幼児期に目の異常をほっておくと、成長段階で視力の発達に影響が出ることもあるので、赤ちゃんの目の動きや見方をよく観察するといいでしょう。

赤ちゃんの急性涙嚢炎って?

目やにが多く出ます。細菌感染症の治療と鼻涙管の通りをよくする治療を行います。

急性涙嚢炎の主な症状

・目やに
・目と鼻の間の腫れ

急性涙嚢炎になりやすい月齢・年齢

新生児期~

急性涙嚢炎になりやすい季節

通年(春・夏・秋・冬)

関連:【赤ちゃんの目】充血、腫れ(はれ)、目の動きがおかしい…症状から考えられる主な病気

涙囊内にある涙と粘液に 細菌が増殖し、痛みや腫れ、赤くなるなどの症状が出ます

涙囊にたまった涙と粘液に細菌が増殖し、目やにがたくさん出る病気です。目頭が激しく痛み、目と鼻の間や目の下、鼻の横などが腫れて赤くなり、目頭を軽く押すと涙点から膿が出ることもあります。
腫れがひどくなると、まぶたが開けられないくらい激しい症状になり、発熱することもあります。これらの症状が出たときは早めに眼科を受診してください。

赤ちゃんの急性涙嚢炎 治療&ホームケア

涙囊に水や抗菌薬を通して洗浄し、鼻涙管の通りをよくする治療を行い、抗菌薬の点眼薬や眼軟膏を併用すると症状がよくなることがあります。
炎症がひどいときは抗菌薬を服用し、眼科医の指導によって目頭を押すマッサージをすることもあります。
これらの治療で改善しない場合は、ブジーという細い針金で鼻涙管を通す処置をしたり、ときには切開して中にたまった膿を出す治療を行うこともあります。
ホームケアでは、ぬるま湯で絞った清潔なガーゼなどで、膿や目やにをふいてあげます。

関連:かかりやすいから要注意!赤ちゃんの目と鼻の病気、受診の目安とおうちケア


監修:横田俊一郎 先生
横田小児科医院 院長
東京大学医学部付属病院小児科に入局、社会保険中央総合病院(東京都新宿区)
小児科部長などを経て、1993年より神奈川県小田原市で開業。外来診療を中心に、ありふれた病気、健康増進のための医学、子育て支援をテーマに勉強を続けています。

■赤ちゃん 眼の病気
結膜炎
先天性鼻涙管閉塞症
急性涙嚢炎
斜視
さかさまつげ・睫毛内反症
麦粒腫・ものもらい
霰粒腫
屈折異常
弱視

■ママ・パパが気になる!赤ちゃん 眼の症状
偽内斜視

赤ちゃんがかかりやすい病気・症状別・予防接種・お薬ガイド

▼参照:『最新!赤ちゃんの病気新百科』

※表記している、月齢・年齢、季節、症状の様子などはあくまで一般的な目安です。
※この情報は、2019年4月のものです。

■おすすめ記事
そのおもちゃ、大丈夫? 知っておきたい安全・安心なおもちゃの選び方

赤ちゃん・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事