1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 赤ちゃんの感染症 インフルエンザの症状とケア【医師監修】

赤ちゃんの感染症 インフルエンザの症状とケア【医師監修】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



ウイルスや細菌が赤ちゃんの体に入り込み、発熱、せき、鼻水、発疹などを引き起こす感染症。
「インフルエンザ」は感染力が強く、肺炎や脳症などの重い合併症を引き起こすこともある、あなどれない病気。生後0ヶ月~3歳ごろまでの赤ちゃんが、かかりやすい病気の症状やホームケアをまとめました。

インフルエンザの主な症状

・発熱
・鼻水
・せき
・のどの痛み
・関節痛
・倦怠感

インフルエンザになりやすい月齢・年齢

生後6ヶ月~

インフルエンザになりやすい季節

冬~春

関連:インフルエンザにかからないために。赤ちゃんと人込みに行くときの予防対策

インフルエンザ こんな病気

インフルエンザウイルスの感染が原因で起こる病気。感染のスピードが速く、感染者のくしゃみやせきで飛び散ったウイルスが、鼻やのど、気管支などに入り込んで炎症を起こします。

インフルエンザウイルスにはいくつか種類があり、流行する型が毎年同じとは限りません。ウイルスによって特徴的な症状は異なりますが、寒けを伴う高熱が見られる場合が多いのが特徴。39~40度の高熱が数日から1週間近く続き、せき、鼻水、のどの痛みなどの呼吸器系の症状や頭痛のほか、吐きけ、下痢、腹痛などの消化器系の症状を起こします。

風邪症候群に似ていますが、低月齢の赤ちゃんは急性細気管支炎を起こすことがあります。
乳幼児は症状が長引くと急性気管支炎や肺炎、中耳炎などの合併症になることも。けいれんや意識障害があるときは、後遺症が残るインフルエンザ脳症の心配もあります。

インフルエンザの治療ケア

インフルエンザが流行しているときに、鼻水、せき、発熱などの症状が見られたら、インフルエンザの感染が疑われます。機嫌がよく食欲があれば翌日の受診でOKですが、けいれん、意識障害が見られるときは至急の受診が必要です。

インフルエンザの感染は、鼻水を綿棒でぬぐって検査する方法などで診断されます。熱があれば解熱鎮痛薬、せきが出ているならせき止め薬を使って対症療法を行います。抗ウイルス薬が処方されることもあります。

家では処方された薬を飲ませて、保温・保湿を心がけ、水分補給をこまめに行います。食欲がなければ無理に与える必要はありません。
けいれんを起こしたり、ぐったりして反応が鈍いとき、3~4日たっても熱が下がらない、ほかの症状がひどくなったときなどは再度受診しましょう。

対症療法

その病気の根本的な原因を取り除く治療法や特効薬がなかったり使えない場合は、そのとき出ている症状を抑える治療を行いますが、これを「対症療法」といいます。
赤ちゃんの体の負担を少なくして、体の抵抗力や免疫の働きで病気に打ち勝つ手助けをします。

関連:「インフルエンザはなぜ毎年?」赤ちゃんの予防接種“ココが気になる”Q&A

インフルエンザの代表的な薬

・解熱鎮痛薬(アンヒバ、アルピニー、カロナールなど)
・抗ウイルス薬(タミフル)

赤ちゃんのインフルエンザQ&A

赤ちゃんのインフルエンザについて、気になることをQ&Aにまとめました。

【Q】赤ちゃんがインフルエンザにかかるとどうなるの?

【A】肺炎や脳症の重い合併症でまれに死亡することも。

大人でもつらいインフルエンザ。体力もなく、抵抗力の弱い赤ちゃんがかかると、諸症状のほかに嘔吐や下痢、さらには気管支炎や肺炎、インフルエンザ脳症などの合併症を引き起こし、重症化する可能性が高くなります。
とくにインフルエンザ脳症は脳へのダメージが大きく、重い後遺症が出たり、命にかかわってくる危険性があります。

【Q】インフルエンザの症状の特徴と見極めは?

【A】急な発熱、せきなどの呼吸器症状なら可能性大。

わかりやすい症状として、38度以上の急な発熱とともに、せき、のどの腫れ、くしゃみなどが出ます。赤ちゃんの場合は、おっぱいやミルクの飲みが悪くなり、嘔吐や下痢などの胃腸症状も。
生後0~3ヶ月の赤ちゃんは、熱が出る前に具合が悪くなることもあるので、気になる症状があるようなら、早めに受診しましょう。

【Q】どうなったら受診をすればいい?

【A】熱だけならあわてないで。けいれんや意識障害があれば救急車を。

発熱だけならばあわてて受診することはありません。早すぎても診断できません。インフルエンザの主な特徴である38~40度以上の高熱やせきなどの呼吸器症状が1日以上あれば早めに受診を。
ぐったりして様子がおかしい、ひきつけた、意識がないなどは、インフルエンザ脳症の恐れがあるので救急車を呼びましょう。容態が急変することもあるのでサインを見逃さないで。

【Q】赤ちゃんが飲んでもいいインフルエンザの薬はあるの?

【A】1歳未満の赤ちゃん、持病のある子は医師と相談を。

1歳未満でも、タミフルなどの抗インフルエンザ薬は医師の判断で処方されます。そのほか、解熱剤で発熱のつらさを和らげたり、鼻水やせきを鎮める薬が処方されることもあります。
1歳以上であれば抗インフルエンザ薬を飲ませます。発症後48時間以内に服用することで重症化を防げます。持病がある場合は、かかりつけの医師に相談してください。

【Q】予防接種の副反応が心配。受けなくてもいいの?

【A】発症・重症化を防ぐために、できる限り受けましょう。

流行前に予防接種をしておくと、体の中に免疫がつくられ、インフルエンザにかかりにくくなります。感染しても重症化を防ぐ効果も期待できます。かかりつけの医師に相談した上で、とくに集団生活をしている子どもはできる限り受けたほうがいいでしょう。
副反応として、軽い発熱、接種部位の腫れが出ることがありますが、1~2日で自然に回復します。

【Q】赤ちゃんがかからないための家族ができる予防法は?


【A】ウイルスを持ちこまない習慣を身につけましょう。

保育園児や2歳までの子どもがいる場合は家族で予防接種を受けましょう。そして、ウイルスを家の中に持ちこまないための外出時のマスク、帰宅時の手洗い、感染のリスクの高い人ごみに連れていかない、室内の温度・湿度や換気環境を整える、などの予防策をとりましょう。
ウイルスが付着した手で顔や口を触ると感染するので、赤ちゃんの手や顔をぬらしたガーゼでよくふく習慣を。

関連:生後6ヶ月 前後の赤ちゃんのインフルエンザ。その治療法や予防法とは?

監修:横田俊一郎 先生

横田小児科医院 院長
東京大学医学部付属病院小児科に入局、社会保険中央総合病院(東京都新宿区)
小児科部長などを経て、1993年より神奈川県小田原市で開業。外来診療を中心に、ありふれた病気、健康増進のための医学、子育て支援をテーマに勉強を続けています。

●イラスト/ヌガトモコ

■赤ちゃん 感染症
突発性発疹(とっぱつせいほっしん)
インフルエンザ
はしか・麻疹
水ぼうそう・水痘(すいとう)
おたふくかぜ・流行性耳下腺炎(りゅうこうせいじかせんえん)
風疹(ふうしん)
りんご病・伝染性紅斑(でんせんせいこうはん)
RSウイルス感染症
ヘルパンギーナ
手足口病(てあしくちびょう)
アデノウイルス感染症・咽頭結膜熱(いんとうけつまくねつ)・プール熱
溶連菌感染症(ようれんきんかんせんしょう)

赤ちゃんがかかりやすい病気・症状別・予防接種・お薬ガイド

▼参照:『最新!赤ちゃんの病気新百科』

※表記している、月齢・年齢、季節、症状の様子などはあくまで一般的な目安です。
※この情報は、2019年4月のものです。

■おすすめ記事
<PR>赤ちゃん返りがなくなる!? 大人気の人形“はなちゃん”って知ってる?

赤ちゃん・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事