1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. 1000人に1人難聴になるケースも!赤ちゃんのおたふくかぜ・流行性耳下腺炎の症状とケア【医師監修】

1000人に1人難聴になるケースも!赤ちゃんのおたふくかぜ・流行性耳下腺炎の症状とケア【医師監修】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
母サンズ首の気分をご実感いただけます。
Image Source/gettyimages

ウイルスや細菌が赤ちゃんの体に入り込み、発熱、せき、鼻水、発疹などを引き起こす感染症。おたふくかぜ・流行性耳下腺炎は、おたふくのように、顔のまわりが腫れるのが特徴です。生後0ヶ月~3歳ごろまでの赤ちゃんが、かかりやすい病気の症状やホームケアをまとめました。


赤ちゃんのおたふくかぜ・流行性耳下腺炎(りゅうこうせいじかせんえん)って?

おたふくのように、顔のまわりが腫れるのが特徴。
1000人に1人の割合で難聴になるケースも。

おたふくかぜ・流行性耳下腺炎の主な症状

・発熱
・頰の腫れ

おたふくかぜ・流行性耳下腺炎になりやすい月齢・年齢

生後6ヶ月~

おたふくかぜ・流行性耳下腺炎になりやすい季節

春〜夏

関連:[予防接種]2回の接種で免疫UP!おたふくかぜワクチンでわが子を守る

赤ちゃんのおたふくかぜ・流行性耳下腺炎 こんな病気


ムンプスウイルスの飛沫感染によってうつる病気。耳の下の耳下腺、あごの下の顎下腺、舌下腺という唾液腺が炎症を起こし、腫れや痛みを伴います。
耳下腺の腫れは両側だったり、片側だけだったりします。同時に腫れることもあれば、初めに片側が腫れて2~3日してから反対側が腫れることもあります。

また、あごの下の顎下腺だけが腫れることもあります。ほとんど腫れが見られない場合も少なくありません。熱は38度前後か、まったく出ない場合もあります。

腫れは4~7日でひきますが、まれに腫れから3~10日後に頭痛や嘔吐などの症状が出る髄膜炎難聴、睾丸が腫れて痛む睾丸炎などの合併症を起こすこともあります。
発病後7日くらいはうつる可能性があるので注意が必要です。

唾液腺が炎症を起こし、腫れて痛みます

おたふくかぜで腫れる部位

関連:おたふくかぜで耳が聞こえなくなることも!予防はワクチン接種だけ!

赤ちゃんのおたふくかぜ・流行性耳下腺炎 治療&ホームケア

有効な薬はなく、高熱や耳下腺の痛みには解熱鎮痛薬を使用します。合併症を起こした場合は、入院することもありますが、基本的には経過観察のみ。安静にして、自然に治るのを待ちます。唾液が出ると痛むので、飲食は酸っぱいものは避け、あまりかまなくてもいいものを与えましょう。
耳下腺や顎下腺が腫れた場合は、ぬれタオルで冷やすと痛みが和らぎます。温めたほうが気持ちがよさそうなら温湿布などをしてあげましょう。
感染すると、1000人に1人の割合で片耳が難聴になるケースもあるので、1歳を過ぎたら予防接種を受けましょう。

代表的な薬

・解熱鎮痛薬(アンヒバ、アルピニー、カロナールなど)

関連:赤ちゃんの病気を防ぐ!重症化を逃れる!予防接種がある感染症15


監修:横田俊一郎 先生
横田小児科医院 院長
東京大学医学部付属病院小児科に入局、社会保険中央総合病院(東京都新宿区)
小児科部長などを経て、1993年より神奈川県小田原市で開業。外来診療を中心に、ありふれた病気、健康増進のための医学、子育て支援をテーマに勉強を続けています。

●イラスト/ヌガトモコ

■赤ちゃん 感染症
突発性発疹(とっぱつせいほっしん)
インフルエンザ
はしか・麻疹
水ぼうそう・水痘(すいとう)
おたふくかぜ・流行性耳下腺炎(りゅうこうせいじかせんえん)
風疹(ふうしん)
りんご病・伝染性紅斑(でんせんせいこうはん)
RSウイルス感染症
ヘルパンギーナ
手足口病(てあしくちびょう)
アデノウイルス感染症・咽頭結膜熱(いんとうけつまくねつ)・プール熱
溶連菌感染症(ようれんきんかんせんしょう)

赤ちゃんがかかりやすい病気・症状別・予防接種・お薬ガイド

▼参照:『最新!赤ちゃんの病気新百科』

※表記している、月齢・年齢、季節、症状の様子などはあくまで一般的な目安です。
※この情報は、2019年4月のものです。

■おすすめ記事
おすすめの赤ちゃんとの遊び方

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る

赤ちゃんの子育て・育児の人気記事ランキング

関連記事