1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 赤ちゃんの感染症 RSウイルス感染症の症状とケア【医師監修】

赤ちゃんの感染症 RSウイルス感染症の症状とケア【医師監修】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ウイルスや細菌が赤ちゃんの体に入り込み、発熱、せき、鼻水、発疹などを引き起こす感染症。赤ちゃんのRSウィルス感染症は、高RSウイルスによる呼吸器の感染症。風邪症候群の代表的なウイルスです。生後0ヶ月~3歳ごろまでの赤ちゃんが、かかりやすい病気の症状やホームケアをまとめました。


赤ちゃんのRSウイルス感染症って?

冬に流行する感染症ですが、最近は冬以外の感染も増えています。2歳までにほとんどの赤ちゃんが感染します。

RSウイルス感染症の主な症状

・発熱
・鼻水
・せき

RSウイルス感染症になりやすい月齢・年齢

新生児期~

RSウイルス感染症になりやすい季節

関連:RSウイルスは夏にも流行?! 赤ちゃんがかかりやすい4大感染症を医師が解説

赤ちゃんのRSウイルス感染症 こんな病気

RSウイルスによる呼吸器の感染症。風邪症候群の代表的なウイルスです。
下気道(気管~肺)にウイルスが侵入し、肺炎や細気管支炎を発症し、ひどいせき、喘鳴(「ゼーゼー」と苦しそうな呼吸)、多呼吸などの症状が現れることがあります。
2~5日の潜伏期間のあと、発熱、鼻水、せきなどを発症。通常は1~2週間で快方に向かいますが、2歳以下の乳幼児では重症化しやすく、多くの場合で入院が必要になります。
1年中みられますが、夏に流行が起こっています。

関連:救急医療の現場から~新しい感染症[hMPV気管支肺炎]とは?

赤ちゃんのRSウイルス感染症 治療&ホームケア

特効薬はないので、多くの場合は症状を抑える対症療法が主体となります。発熱には解熱鎮痛薬が処方されます。細菌性肺炎や中耳炎の合併症が疑われる場合には、抗菌薬も使用します。
家では、水分補給・睡眠・栄養補給・保温・安静を心がけて経過観察をします。水分がとれない、呼吸困難が見られる場合には、入院が必要になることもあるので、すぐに受診をしましょう。赤ちゃんは重症になりやすく、風邪と診断されても、機嫌が悪い、食欲がない、熱が高い、せきがひどいときは再度受診をしましょう。

代表的な薬

・解熱鎮痛薬(アンヒバ、アルピニー、カロナールなど)

関連:RSウイルスが1年中流行!昨年の5倍の患者数で入院経験者も!


監修:横田俊一郎 先生
横田小児科医院 院長
東京大学医学部付属病院小児科に入局、社会保険中央総合病院(東京都新宿区)
小児科部長などを経て、1993年より神奈川県小田原市で開業。外来診療を中心に、ありふれた病気、健康増進のための医学、子育て支援をテーマに勉強を続けています。

●イラスト/ヌガトモコ

■赤ちゃん 感染症
突発性発疹(とっぱつせいほっしん)
インフルエンザ
はしか・麻疹
水ぼうそう・水痘(すいとう)
おたふくかぜ・流行性耳下腺炎(りゅうこうせいじかせんえん)
風疹(ふうしん)
りんご病・伝染性紅斑(でんせんせいこうはん)
RSウイルス感染症
ヘルパンギーナ
手足口病(てあしくちびょう)
アデノウイルス感染症・咽頭結膜熱(いんとうけつまくねつ)・プール熱
溶連菌感染症(ようれんきんかんせんしょう)

赤ちゃんがかかりやすい病気・症状別・予防接種・お薬ガイド

▼参照:『最新!赤ちゃんの病気新百科』

※表記している、月齢・年齢、季節、症状の様子などはあくまで一般的な目安です。
※この情報は、2019年4月のものです。

■おすすめ記事
おすすめの赤ちゃんとの遊び方

赤ちゃん・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事