1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 赤ちゃんの皮膚の病気 乳児湿疹・乳児脂漏性湿疹の症状とケア【医師監修】

赤ちゃんの皮膚の病気 乳児湿疹・乳児脂漏性湿疹の症状とケア【医師監修】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

赤ちゃんの肌はとてもデリケート。汗や汚れ、気温・湿度の変化、衣類やおむつとの摩擦など、ちょっとしたことでトラブルを起こしてしまいます。また皮膚は、熱や感染症などのサインを出してくれます。何か異常があったら、早めに受診しましょう。


赤ちゃんの乳児湿疹(にゅうじしっしん)・乳児脂漏性湿疹(にゅうじしろうせいしっしん)って?

生後1ヶ月~生後3ヶ月ごろの多くの赤ちゃんに見られるベタベタ、ブツブツした湿疹。

乳児湿疹・乳児脂漏性湿疹の主な症状

・顔や頭に赤い湿疹ができる

乳児湿疹・乳児脂漏性湿疹になりやすい月齢・年齢

生後1ヶ月~

乳児湿疹・乳児脂漏性湿疹になりやすい季節

通年(春・夏・秋・冬)

関連:赤ちゃんの3大皮膚トラブル[乳児湿疹・アトピー性皮膚炎・皮膚カンジダ]対処法を小児科医が解説

赤ちゃんの乳児湿疹・乳児脂漏性湿疹 皮脂分泌が活発になる1ヶ月ごろから発症する肌トラブル

乳児湿疹は、赤ちゃんの顔や体に出る赤い湿疹の総称。
皮脂分泌が活発な1ヶ月ごろから多く見られ、ほとんどは生後3ヶ月くらいで自然に治まります。食べこぼしやよだれ、汗などが原因で症状が悪化します。

中でも多いのが乳児脂漏性湿疹で、髪の毛の生え際やまゆ毛などに、黄色いふけやベタベタした脂っぽいかさぶたのようなものができます。これをほうっておくと嫌なにおいがしたり、かさぶたがぶ厚く取れにくくなってしまうことがあります。

また、あご、額を中心に膿を持った赤いブツブツができることも。これは新生児にきびと呼ばれるもので、かゆみはありません。
わきのしたやおへそのまわり、股の内側などのこすれる部位に湿疹が見られることもあります。

乳児湿疹・乳児脂漏性湿疹ができやすい部位

皮脂分泌が活発な頰や額、髪の毛の生え際などに多く見られます。

乳児脂漏性湿疹は湿りけを帯びた黄色っぽいかさぶた状のものができます。

赤ちゃんの乳児湿疹・乳児脂漏性湿疹 治療&ホームケア

汗や汚れをこまめにふき、入浴時にやさしく洗って。

皮膚を清潔に保つため、汗や汚れをこまめにふき、入浴時は刺激の弱い石けんをよく泡だてて、手でやさしく洗いましょう。
口のまわりをふき取るときはゴシゴシこすらず、皮膚に傷をつけないように、ぬるま湯でやさしく絞ったガーゼで肌を押すように汚れをふいてあげます。

頭皮のふけのようなものは、入浴時にていねいに洗い流すだけできれいになります。
かさぶた状のものは、入浴時にベビーオイルやオリーブオイルをたっぷり浸したコットンをあてて30分ほどふやかし、そのあと、石けんできれいに洗います。

入浴してもかさぶたが取れない場合は、白色ワセリンや「亜鉛華軟膏」をリント布(薬を塗って患部にはる医療用の布)に厚めにのばして患部にはり、1日そのままにしておきます。
かさぶたが浮き上がってきたら、ベビーオイルを浸したコットンでやさしくふけば無理なくはがれます。そのあとは石けんでよく洗い流しましょう。

湿疹は清潔にしておけば3~4週間で自然に治るケースが多いのですが、長引くようなら受診しましょう。

代表的な薬

・非ステロイド系抗炎症薬入り塗り薬(アズノール軟膏、スタデルム軟膏)
・皮膚保護薬(亜鉛華軟膏など)
・重症な場合、ステロイド薬入り塗り薬(ロコイド軟膏など)

関連:赤ちゃんに発疹が出た! その原因と対処法は?

監修/写真提供: 馬場直子 先生
神奈川県立こども医療センター皮膚科 部長

●イラスト/ヌガトモコ

■赤ちゃん 皮膚の病気
乳児湿疹(にゅうじしっしん)・乳児脂漏性湿疹(にゅうじしろうせいしっしん)
あせも
おむつかぶれ
皮膚カンジダ症(ひふかんじだしょう)
とびひ・伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)
水いぼ・伝染性軟属腫(でんせんせいなんぞくしゅ)
単純ヘルペス
じんましん
薬疹(やくしん)
アトピー性皮膚炎
接触皮膚炎
あざ

赤ちゃんがかかりやすい病気・症状別・予防接種・お薬ガイド

▼参照:『最新!赤ちゃんの病気新百科』

※表記している、月齢・年齢、季節、症状の様子などはあくまで一般的な目安です。
※この情報は、2019年4月のものです。

■おすすめ記事
<PR>3歳の“自分のことは自分で!”を伸ばす方法

赤ちゃん・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事