1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 赤ちゃんの皮膚の病気 アトピー性皮膚炎の症状とケア【医師監修】

赤ちゃんの皮膚の病気 アトピー性皮膚炎の症状とケア【医師監修】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

赤ちゃんの肌はとてもデリケート。汗や汚れ、気温・湿度の変化、衣類やおむつとの摩擦など、ちょっとしたことでトラブルを起こしてしまいます。また皮膚は、熱や感染症などのサインを出してくれます。何か異常があったら、早めに受診しましょう。


赤ちゃんのアトピー性皮膚炎って?

赤ちゃんに多い代表的な皮膚疾患の一つ。
長引くことが多いので、根気よく治療を続けることが大切。

アトピー性皮膚炎の主な症状

・かゆみ
・湿疹

アトピー性皮膚炎になりやすい月齢・年齢

生後3ヶ月~

アトピー性皮膚炎になりやすい季節

通年(春・夏・秋・冬)

関連:赤ちゃんの3大皮膚トラブル[乳児湿疹・アトピー性皮膚炎・皮膚カンジダ]対処法を小児科医が解説

赤ちゃんのアトピー性皮膚炎は赤く湿ったかゆみの強い湿疹が慢性的に現れます

両親やきょうだいにアレルギー体質の人がいる、皮膚が敏感でいろいろな物質に反応しやすい、皮膚が乾燥しやすくバリア機能が低下しているなどの素因があるとなりやすい肌トラブル。
これらにアレルギーを引き起こす物質、汗や物理的刺激、などが加わると発症します。

アレルギーを起こす原因(アレルゲン)は、ハウスダスト、ダニ、動物の毛、皮膚表面にいるカビ(カンジダ菌など)などで、食べ物は、鶏卵、牛乳、小麦、魚などさまざまです。
かゆみの強い湿疹で、慢性的に繰り返すのが特徴。乳児では症状が2ヶ月以上続くかどうかが診断の手がかりになります。

生後3ヶ月ごろから、おでこや頰、あご、耳たぶのつけ根など、顔や頭を中心に赤い湿疹が発症することが多く、やがて背中やおなか、手足、股、わきのしたなど全身に広がっていきます。湿疹は体のほぼ左右対称の位置に出て、症状が重くなるとジュクジュクしたり、かき傷やかさぶたができたりします。

1歳を過ぎると湿疹部分が赤黒くなり、全身が乾燥してカサカサになることが多いようです。皮膚が厚くなり、触るとザラザラした感じにもなります。
できやすい部位も首のまわり、ひじやひざの内側などに移っていきます。
そのほか、耳たぶの下が切れたり、耳の後ろがジュクジュクしたりもします。

アトピー性皮膚炎ができやすい部位


赤ちゃんの場合は、顔にひどい湿疹が見られるのが特徴です。
頭、顔から始まり、胸、おなかなど全身に広がっていきます。

0歳代


最初は頭部や顔に発疹が見られ、だんだん全身に広がっていきます。

1歳以降


首のまわり、ひじやひざの内側に赤黒いカサカサが見られるように。

関連:秋生まれの子はアトピー・アレルギーになりやすいの?予防策を小児皮膚科医に聞きました

赤ちゃんのアトピー性皮膚炎 治療&ホームケア

原因となるアレルゲンを除去し、刺激のない生活環境を整えましょう。

治療の基本はスキンケアと生活環境を整えることです。
アレルゲンと考えられる物質を避け、汗などで肌が刺激されないようにケアしてあげましょう。
入浴はぬるま湯を使い、石けんの泡でやさしく洗います。入浴後は、処方された薬を十分に塗りましょう。

塗り薬は、湿疹の部位や症状に応じて使い分けます。基本的にステロイド薬入り塗り薬を使います。
症状がひどいところだけに塗るのではなく、ひどくならないうちに使用して症状を落ち着かせ、少しずつ弱い薬に切り替えていくのが上手な使い方です。自己判断で薬をやめて悪化させてしまうケースもあるので、医師の指示に従いましょう。

アトピー性皮膚炎には、症状、治療法、経過に個人差があります。
治療をしていてもすぐに効果が現れないこともありますが、根気よく治療と日常のケアを続けることが大切です。

強いかゆみのため、体や顔を布団などにこすりつけたり、手で引っかいたりして傷ができ、症状が悪化してしまうことがあります。
つめは短く切っておきましょう。

代表的な薬

・非ステロイド系抗炎症薬入り塗り薬(アズノール軟膏など)
・ステロイド薬入り塗り薬(ロコイド軟膏など)
・皮膚保護薬(亜鉛華軟膏など)
・保湿薬(ヒルドイドソフトクリームなど)

アトピー性皮膚炎の入浴&スキンケアのポイント

アトピー性皮膚炎になってしまった時の入浴方法とスキンケアのポイントを説明します。

お湯はぬるめに

熱いお湯は、乾燥やかゆみを促します。入浴やシャワーはぬるま湯を使って。

手でやさしく洗う

石けんを泡だてて、ガーゼやタオルは使わずに、手でやさしく洗います。

石けんはしっかり洗い流す

石けん成分が残っていると、肌への刺激となります。石けんはよく洗い流して。

やさしくふく

ゴシゴシこすらず、タオルを肌に押し当てるようにして、やさしくふきます。

処方された薬を塗る

患部が乾燥してしまわないうちに、処方された薬や保湿薬を十分に塗りましょう。

関連:【動画】生まれてすぐからできる! アトピー・アレルギーにさせない生活

監修/写真提供: 馬場直子 先生
神奈川県立こども医療センター皮膚科 部長

●イラスト/ヌガトモコ

■赤ちゃん 皮膚の病気
乳児湿疹(にゅうじしっしん)・乳児脂漏性湿疹(にゅうじしろうせいしっしん)
あせも
おむつかぶれ
皮膚カンジダ症(ひふかんじだしょう)
とびひ・伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)
水いぼ・伝染性軟属腫(でんせんせいなんぞくしゅ)
単純ヘルペス
じんましん
薬疹(やくしん)
アトピー性皮膚炎
接触皮膚炎
あざ

赤ちゃんがかかりやすい病気・症状別・予防接種・お薬ガイド

▼参照:『最新!赤ちゃんの病気新百科』

※表記している、月齢・年齢、季節、症状の様子などはあくまで一般的な目安です。
※この情報は、2019年4月のものです。

■おすすめ記事
<PR>赤ちゃん返りがなくなる!? 大人気の人形“はなちゃん”って知ってる?

赤ちゃん・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事