1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 赤ちゃん のど・気管支・肺の病気 扁桃炎の症状とケア【医師監修】

赤ちゃん のど・気管支・肺の病気 扁桃炎の症状とケア【医師監修】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


細菌やウイルスなどの病原体が侵入しやすい部位が、のど・気管支。赤ちゃんは軌道や肺の機能が未熟な上、粘膜がとても敏感で、抵抗力が弱いため、症状が悪化したり長引いたりしやすいもの。
せきやくしゃみがひどくなる前に、小児科を受診しましょう。


赤ちゃんの病気【扁桃炎(へんとうえん)】って?

扁桃腺が反応することで結果として体を守ります。薬や治療は、基本的には風邪症候群と同じ。

扁桃炎の主な症状

・発熱
・頭痛
・嘔吐

扁桃炎になりやすい月齢・年齢

生後6ヶ月~

扁桃炎になりやすい季節

通年(春・夏・秋・冬)

関連:悪化しやすいので要注意!赤ちゃんの“呼吸器”と“のど”6つの病気を小児科医が解説

赤ちゃんの扁桃炎 扁桃腺が炎症を起こし高熱が続くこともあります

扁桃腺にウイルスや細菌が感染し、炎症を起こした状態です。口の奥という体の入り口にあたる部位の扁桃腺は最も防御機能が発達している器官で、子どもはとくに敏感に反応します。扁桃腺が腫れることでウイルスや細菌の侵入経路を狭くし、体の中まで入るのを阻止しているのです。
発熱、頭痛、吐きけなどの症状が現れ、40度以上の高熱が続いたり、首のリンパ節が腫れることもあります。また、扁桃腺の腫れがひどくなると、のどが痛くて飲み物や食べ物が飲み込めなくなることもあります。


赤ちゃんの扁桃炎 治療&ホームケア

ウイルスが原因なら解熱鎮痛薬を、細菌が原因なら抗菌薬を使いますが、扁桃炎の原因は溶連菌を除けば、ほとんどがウイルスです。使用する薬は基本的には風邪症候群と同じです。
ホームケアでは湯冷ましや麦茶などの水分を十分に与え、脱水症状を起こさないように注意します。のどの痛みがひどいときは、ゼリーやスープなどのどごしがいいものを少しずつ与えるとよいでしょう。

代表的な薬

・解熱鎮痛薬(アルピニー、アンヒバなど)
・抗菌薬(パセトシン、クラリスなど)


監修:横田俊一郎 先生
横田小児科医院 院長
東京大学医学部付属病院小児科に入局、社会保険中央総合病院(東京都新宿区)
小児科部長などを経て、1993年より神奈川県小田原市で開業。外来診療を中心に、ありふれた病気、健康増進のための医学、子育て支援をテーマに勉強を続けています。

●イラスト/ヌガトモコ

■赤ちゃん のど・気管支・肺の病気
風邪症候群
扁桃炎
アデノイド肥大
クループ症候群
百日ぜき
気管支炎
細気管支炎
気管支ぜんそく
肺炎

■ママ・パパが気になる!赤ちゃん のど・気管支・肺の症状
後鼻漏によるせき
誤嚥によるせき

赤ちゃんがかかりやすい病気・症状別・予防接種・お薬ガイド

▼参照:『最新!赤ちゃんの病気新百科』

※表記している、月齢・年齢、季節、症状の様子などはあくまで一般的な目安です。
※この情報は、2019年4月のものです。

■おすすめ記事
“すき間時間”を上手に使って育児を楽しく! ワーキングママのテクニックを公開

赤ちゃん・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事