1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. RSウイルスなどの感染で6ヶ月以下は重症化に注意 赤ちゃんの細気管支炎(さいきかんしえん)の症状とケア【医師監修】

RSウイルスなどの感染で6ヶ月以下は重症化に注意 赤ちゃんの細気管支炎(さいきかんしえん)の症状とケア【医師監修】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
comzeal/gettyimages

細菌やウイルスなどの病原体が侵入しやすい部位が、のど・気管支。赤ちゃんは軌道や肺の機能が未熟な上、粘膜がとても敏感で、抵抗力が弱いため、症状が悪化したり長引いたりしやすいもの。せきやくしゃみがひどくなる前に、小児科を受診しましょう。


赤ちゃんの細気管支炎(さいきかんしえん)って?

細気管支がRSウイルスなどに感染して炎症を起こします。6ヶ月以下だと入院治療になるケースも。

細気管支炎の主な症状

・発熱
・せき
・鼻水

細気管支炎になりやすい月齢・年齢

新生児期~

細気管支炎になりやすい季節

秋~春

関連:悪化しやすいので要注意!赤ちゃんの“呼吸器”と“のど”6つの病気を小児科医が解説

赤ちゃんの細気管支炎 乳児期は呼吸困難を起こすことがあります

気管支の奥で枝分かれしているごく細い気管支(細気管支)が、RSウイルスやライノウイルスなどに感染して炎症を起こします。主に1歳以下の赤ちゃんがかかり、透明な鼻水のあとにせきが始まります。長引くと数週間程度続くこともあります。乳児期には熱が出ないことも多く、突然呼吸困難を起こし「ゼーゼー」、「ヒューヒュー」という速い呼吸になったりします。

赤ちゃんの細気管支炎 治療&ホームケア

6ヶ月以下だと入院して治療することも多く、重症になると酸素吸入や人工呼吸器を使用して気道を確保します。呼吸困難は急激に悪化することがあるため、赤ちゃんの様子をしっかりと観察することが重要です。
家では鼻水をこまめに吸い出すと楽になることもありますが、赤ちゃんが嫌がる場合は無理をしないで、小児科を受診しましょう。たんを出しやすくするために、水分を少量ずつ何回かに分けて与えることも大切です。


監修:横田俊一郎 先生
横田小児科医院 院長
東京大学医学部付属病院小児科に入局、社会保険中央総合病院(東京都新宿区)
小児科部長などを経て、1993年より神奈川県小田原市で開業。外来診療を中心に、ありふれた病気、健康増進のための医学、子育て支援をテーマに勉強を続けています。

■赤ちゃん のど・気管支・肺の病気
風邪症候群
扁桃炎
アデノイド肥大
クループ症候群
百日ぜき
気管支炎
細気管支炎
気管支ぜんそく
肺炎

■ママ・パパが気になる!赤ちゃん のど・気管支・肺の症状
後鼻漏によるせき
誤嚥によるせき

赤ちゃんがかかりやすい病気・症状別・予防接種・お薬ガイド

▼参照:『最新!赤ちゃんの病気新百科』

※表記している、月齢・年齢、季節、症状の様子などはあくまで一般的な目安です。
※この情報は、2019年4月のものです。

■おすすめ記事
<PR>“すき間時間”を上手に使って育児を楽しく! ワーキングママのテクニックを公開

赤ちゃん・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事