1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 赤ちゃんの耳・鼻の病気 アレルギー性鼻炎 の症状とケア【医師監修】

赤ちゃんの耳・鼻の病気 アレルギー性鼻炎 の症状とケア【医師監修】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
oneblink-cj/gettyimages

乳幼児は耳や鼻の構造や免疫などの機能が未発達なため、外からの影響を受けやすく、感染を繰り返したり、症状が長引いたりすることがあります。また、耳、鼻、のどはつながっているので、どこが病気になっても総合的に考えなくてはなりません。


赤ちゃんの病気 アレルギー性鼻炎 って?

アレルゲンを鼻から吸い込むことが原因。こまめな掃除や換気を心がけましょう。

アレルギー性鼻炎の主な症状

・くしゃみ
・鼻水
・鼻詰まり

アレルギー性鼻炎になりやすい月齢・年齢

2歳~

アレルギー性鼻炎になりやすい季節

通年(春・夏・秋・冬)

関連:かかりやすいから要注意!赤ちゃんの目と鼻の病気、受診の目安とおうちケア

赤ちゃんのアレルギー性鼻炎 なんらかのアレルギー反応で鼻水、鼻詰まりが起こります

アレルゲン(アレルギー症状を起こす物質)を鼻から吸い込むことで起きる鼻炎。くしゃみや水っぽい鼻水が出るほか、粘膜が腫れて鼻詰まりになります。鼻が詰まると、おっぱいやミルクを飲みづらくなったり、熟睡できず不機嫌になることもあります。乳幼児のアレルギー性鼻炎の原因は主にハウスダストとダニですが、花粉が原因でなる子もいます。

関連:赤ちゃんをぜんそくやアトピー性皮膚炎などのアレルギーから守る!ダニ対策

赤ちゃんのアレルギー性鼻炎 治療&ホームケア

アレルゲンが特定できる場合は遠ざけ、赤ちゃんのいる部屋の掃除や換気をこまめにします。対症療法としてはアレルギーを抑える薬などを使用します。市販の点鼻薬は大人用のもので、乳幼児には負担が大きいことがあるので使用を避けましょう。

代表的な薬

・抗ヒスタミン薬(ポララミン、アレルギン、ぺリアクチンなど)
・抗アレルギー薬(ザジテン、アレギサール、リザベンなど)
・抗アレルギー薬入り点鼻薬(インタール、ノスランなど)

関連:赤ちゃんのアレルギー症状ってどんなもの? どう対処したらいい?


監修:横田俊一郎 先生
横田小児科医院 院長
東京大学医学部付属病院小児科に入局、社会保険中央総合病院(東京都新宿区)
小児科部長などを経て、1993年より神奈川県小田原市で開業。外来診療を中心に、ありふれた病気、健康増進のための医学、子育て支援をテーマに勉強を続けています。

■赤ちゃん 耳・鼻の病気
中耳炎(ちゅうじえん)
外耳道炎(がいじどうえん)
耳垢栓塞(じこうせんそく)
副鼻腔炎(ふくびくうえん)
アレルギー性鼻炎
難聴(なんちょう)・聴覚障害(ちょうかくしょうがい)

赤ちゃんがかかりやすい病気・症状別・予防接種・お薬ガイド

▼参照:『最新!赤ちゃんの病気新百科』

※表記している、月齢・年齢、季節、症状の様子などはあくまで一般的な目安です。
※この情報は、2019年4月のものです。

■おすすめ記事
<PR>0歳〜1歳の絵本選び そのコツを、専門家に聞いてみた

赤ちゃん・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事