1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 男の子の赤ちゃんの泌尿器・性器の病気 亀頭包皮炎の症状とケア【医師監修】

男の子の赤ちゃんの泌尿器・性器の病気 亀頭包皮炎の症状とケア【医師監修】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
かわいい赤ちゃん肉、おむつます。
eskymaks/gettyimages

泌尿器と生殖器は、ともに細菌などに感染しやすい部位。どこかに炎症が起こると、泌尿器全体や生殖器にまで影響を及ぼしやすくなるのが特徴です。また、生殖器の病気は生まれつきのものがほとんどです。経過を観察し、医師と相談して治療を進めましょう。


赤ちゃんの亀頭包皮炎(きとうほうひえん)って?

おちんちんを清潔に保つことが肝心。でも無理に皮をむいて洗う必要はありません。

亀頭包皮炎の主な症状

・陰茎の先が腫れる
・膿が出る

亀頭包皮炎になりやすい月齢・年齢

1歳~

亀頭包皮炎になりやすい季節

通年(春・夏・秋・冬)

関連:“赤ちゃんの性器に異変!?” 受診の目安と考えられる病気とは?

赤ちゃんの亀頭包皮炎 陰茎の先などが腫れ、痛みやかゆみが出ます

亀頭と包皮の先端に細菌が増殖し、炎症を起こす病気です。赤ちゃんの陰茎(おちんちん)はおしっこやうんちで汚れやすく、外気に触れにくいことから、細菌が増殖しやすい状態になっています。そのため、亀頭や包皮の清潔が保たれていないと、表面や恥垢が細菌に感染して炎症を起こすのです。

陰茎の先などが赤く腫れ、痛がったりかゆがったりします。排尿時がとくに痛み、おむつに膿や血がつくこともあります。

関連:わが子の性器に悩むママ必見!男の子赤ちゃんの性器の病気を小児科医が解説

赤ちゃんの亀頭包皮炎 治療&ホームケア

入浴時に患部を洗うことでケアできますが、腫れが強いときは、抗菌薬入り塗り薬や飲み薬を使用します。
普段からこまめにおむつ替えをし、性器を清潔に保つように心がけましょう。
なお、症状のない幼児の恥垢(亀頭と包皮の間にたまったあか)に細菌はついていないので、あかを取ろうと無理にむく必要はありません。

関連:恥垢(ちこう) ママ・パパが気になる!赤ちゃん 男の子の性器のこんな症状

代表的な薬

・抗菌薬入り塗り薬(ゲンタシン軟膏など)
・抗菌薬(ケフラールなど)

関連:男の子赤ちゃんの性器、「むく派」「むかない派」のメリット、デメリット解説


監修:横田俊一郎 先生
横田小児科医院 院長
東京大学医学部付属病院小児科に入局、社会保険中央総合病院(東京都新宿区)
小児科部長などを経て、1993年より神奈川県小田原市で開業。外来診療を中心に、ありふれた病気、健康増進のための医学、子育て支援をテーマに勉強を続けています。

■赤ちゃん 泌尿器・性器の病気
尿路感染症(にょうろかんせんしょう)
水腎症(すいじんしょう)
膀胱尿管逆流症(ぼうこうにょうかんぎゃくりゅうしょう)

■男の子の病気
包茎(ほうけい)
亀頭包皮炎(きとうほうひえん)
尿道下裂(にょうどうかれつ)
停留精巣(ていりゅうせいそう)・停留睾丸(ていりゅうこうがん)

■気になる!男の子の症状
恥垢(ちこう)
傍尿道口嚢胞(ぼうにょうどうこうのうほう)
埋没陰茎(まいぼついんけい)
コラム・男の子のおちんちんいついて教えて!

■女の子の病気
陰嚢水腫(いんのうすいしゅ)・精巣水瘤(せいそうすいりゅう)
外陰炎(がいいんえん)・膣炎(ちつえん)
陰唇癒合(いんしんゆごう)

赤ちゃんがかかりやすい病気・症状別・予防接種・お薬ガイド

▼参照:『最新!赤ちゃんの病気新百科』

※表記している、月齢・年齢、季節、症状の様子などはあくまで一般的な目安です。
※この情報は、2019年4月のものです。

■おすすめ記事
<PR>3歳の“自分のことは自分で!”を伸ばす方法

赤ちゃん・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事