1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 尿路感染症(にょうろかんせんしょう) 赤ちゃんがかかりやすい 泌尿器・性器の病気

尿路感染症(にょうろかんせんしょう) 赤ちゃんがかかりやすい 泌尿器・性器の病気

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
裏庭の庭の植栽に咲く美しいピンク コスモス
Sundaemorning/gettyimages


赤ちゃんの病気【尿路感染症(にょうろかんせんしょう)】って?

おしっこの通り道のどこかに細菌が感染する病気。高熱が続いたら入院して治療が必要。

尿路感染症の主な症状

・においのきついおしっこ
・膿尿
・血尿
・発熱

尿路感染症になりやすい月齢・年齢

新生児期~3歳

尿路感染症になりやすい季節

通年(春・夏・秋・冬)

関連:他人事とは言えない…赤ちゃんの泌尿器・腸の病気[尿路感染症・鼠径ヘルニア]小児科医が解説

赤ちゃんの尿路感染症 こんな病気

尿路に細菌が感染し、強い炎症を起こします

尿路とは、腎臓、尿管、膀胱、尿道までの、尿がつくられておしっことして出るまでの通り道で、そのどこかが細菌に感染し、炎症を起こす病気です。体の抵抗力が弱っているときに、尿路につきやすいタイプの細菌が体内に入ると細菌が増殖し、強い炎症(腫れ)を引き起こします。便秘や包茎などが原因でなることもあります。炎症を起こした部位によって膀胱炎、腎盂腎炎などの病名がつけられますが、乳幼児期では区別できない場合が多いです。

風邪症状がないのに38度以上の熱が出た場合はこの病気の可能性がありますが、尿を検査しないと診断できません。風邪と誤って抗菌薬を飲むと、症状は一次的に改善するので、病気を見逃すこともあります。また、尿路感染症の半数以上に、膀胱尿管逆流症など尿路に生まれつきの問題があります。

尿路感染症になるしくみ

関連:「ひよこクラブ」人気連載!小児救命救急センター24時【尿路感染症(にょうろかんせんしょう)】

赤ちゃんの尿路感染症 治療&ホームケア

高熱が続いたら入院し、抗菌薬を投与します

高熱が続く場合は入院が必要になります。輸液で水分を補充して尿の量を増やしながら、抗菌薬を静脈から投与したり、服用したりして治療します。感染防止のために、2週間程度の投与が目安となります。

家庭では水分を十分与えるとともに、おむつをこまめに取り替え、常に清潔を心がけましょう。

代表的な薬

・抗菌薬(バクタ、ケフラールなど。※バクタは新生児期には使用しない)

関連:赤ちゃんが尿路感染症にかかったらどうする? 原因と治療法


監修:横田俊一郎 先生
横田小児科医院 院長
東京大学医学部付属病院小児科に入局、社会保険中央総合病院(東京都新宿区)
小児科部長などを経て、1993年より神奈川県小田原市で開業。外来診療を中心に、ありふれた病気、健康増進のための医学、子育て支援をテーマに勉強を続けています。

■赤ちゃん 泌尿器・性器の病気
尿路感染症(にょうろかんせんしょう)
水腎症(すいじんしょう)
膀胱尿管逆流症(ぼうこうにょうかんぎゃくりゅうしょう)

■男の子の病気
包茎(ほうけい)
亀頭包皮炎(きとうほうひえん)
尿道下裂(にょうどうかれつ)
停留精巣(ていりゅうせいそう)・停留睾丸(ていりゅうこうがん)

■気になる!男の子の症状
恥垢(ちこう)
傍尿道口嚢胞(ぼうにょうどうこうのうほう)
埋没陰茎(まいぼついんけい)
コラム・男の子のおちんちんいついて教えて!

■女の子の病気
陰嚢水腫(いんのうすいしゅ)・精巣水瘤(せいそうすいりゅう)
外陰炎(がいいんえん)・膣炎(ちつえん)
陰唇癒合(いんしんゆごう)

赤ちゃんがかかりやすい病気・症状別・予防接種・お薬ガイド

▼参照:『最新!赤ちゃんの病気新百科』

※表記している、月齢・年齢、季節、症状の様子などはあくまで一般的な目安です。
※この情報は、2019年4月のものです。

■おすすめ記事
<PR>0歳〜1歳の絵本選び そのコツを、専門家に聞いてみた

赤ちゃん・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事